2010年11月30日 (火)

秋の城台山公園と揖斐川の街並みウォーキング

久々に歩いた

揖斐川町が主催の
「秋の城台山公園と揖斐川の街並みウォーキング」
に参加した

11月27日(土)は、まあまあの天気である

揖斐川町役場に行くと、
家族連れ、
オバサングループ
おっさんグループ
もちろんお一人サマもいる

最近のウォーキングは
健康志向やら、歴史好きやら、
ダべリング族やらで占められる

皆さん歩き慣れしているのだ

したがって、服装を含め装備は完璧で
サア、歩くぞ!、という元気派がほとんどだ

しかし、中には我々のように
久々に歩く人もチラホラ見かける

ちょっと自信なさそうだ

テントが張られた参加受付で
コース地図、揖斐川観光地図や
参加賞の「ペットボトルケース」をもらって
いざ、出発!

約7キロのコースで距離的には短いが
山道もあるから、どうかな?

Img_0929

最初しばらくはゾロゾロと集団になって進む

つい2週間前の11月14日、
揖斐川マラソンのスタート地点となった
中央公民館辺りを歩く

揖斐川マラソンはもはや全国からエントリーされる
超有名なイベントに育ち
当日はどこも満員になるから
近寄りがたい

特にボランティアの温かいもてなしが素晴らしいと
いわれ、町民あげて応援している

一万人がスタートした中央公民館は
人の熱気で凄かったんだろうな

今日は特別ひっそりしてます

歩き始めは、
どのグループもワイワイ会話が聞こえてくる

私のツレアイは
日頃の運動不足のせいもあって
足取りがもはや重そうだ

大丈夫か!

20分もするとだんだん集団がばらけてくる

Img_0931

最初のポイント、揖斐川町歴史民俗資料館に着く
参加者は、本日無料の特典があるけど
見ている余裕はない

この資料館は見応えがあります
特に揖斐川がかつて舟運で栄えた頃の歴史や
祭りや民俗を紹介しています

また、別の機会に紹介したいと思います

Img_0941

資料館の周辺はお茶畑が広がっている
いわゆる揖斐茶の産地である
緑が映える茶畑を通り、いよいよ山道に入る

揖斐川町の市街地の北にある城台山は
標高220メートルの小さなお山である

谷汲さん参詣の折りに走る県道の車窓から
いつも眺めているだけのごく普通の山だった

だが、今日始めて踏み入れるのだ

どんな山か興味シンシンだ

Img_0945

いきなり、急坂が待っていた

枯れ葉が敷き詰めた道を、ヨイショ!と言いながら
登るんだが、なかなかきついヨ

Img_0944

この山道は城台山公園の
「文学の里」「歴史の里」として
整備されている

Img_0965
 
この山道沿いには、こういう碑が20ほど設置されている
ただねえ、この句をゆっくり読んでいるゆとりがないんだな

ただ登るのに必死!
いや~、運動不足がこたえるぜ

元気なオバサン集団や、ファミリーが
スイスイと追い越して行く

「どうぞ、お先に~」

Img_0974

せっかく整備されたこの階段
実に歩きにくい

歩幅と段差がちぐはぐだからダメなんだ

かえって疲れてしまう
Img_0969

東屋があり、お茶を飲んだり、菓子食べたり
ちょっと小休止する

Img_0960

紅葉は今が見ごろだ

こういう景色をみると疲れが少し吹っ飛ぶ

Img_0957_2

有名観光地の洗練された紅葉とは違う
いわば自然の広葉樹の景色もいいもんだ

落ち葉がどっさり落ちていて
歩くとカサカサ音がする

Img_0947

右へ左へ坂道を登る
想像していた以上にきついぞ!

それにしてもだいぶん、上ってきたようだ

Img_0966

こんな案内板が出ていたので、
さらに登ってみると…

Img_0978

頂上付近に揖斐城跡の碑が建つ
さみしい風景である
何もないし展望も効かない

一人ではちょっとここまでは来られないよね

熊さんがでるかもしれないし…

この城台山は
藤橋、徳山、坂内など揖斐の山間部への
ちょうど入り口にあたる位置にあり
かつては戦略上かなり重要だったのだろうな

Img_0976
さらにこんな碑が建っていた
あの槍ヶ岳を開いたことで知られる「播隆上人」は
この城台山一心寺の開祖である

もともとはこの付近に寺があったらしい
Img_0982
やがて下り坂になり、
ようやく展望が広がる場所があった

Img_0986

路傍に、つわぶきの花が咲いていた

Img_0997

やれやれ、やっとのことで山から降りてきたぞ

随分、里というか、下に降りてきました
Img_0992

現在はここに一心寺があります



Img_0996

ここの紅葉もきれいでした

Img_1005

城台山を降りたところが、三輪神社です

奈良県にある大神神社からの分霊といわれる

それも続日本紀に「大野郡大神郷」の地名が
記述されているとのことだから相当古い

Img_1006

神社前には揖斐川町の街並みが続いている

古い造りの建物が混在している狭い通りだ

車がスピードを上げて通り過ぎていくから

歩くのはちょっと危ない

Img_1012
今回のウォークでは
いろいろ特典やらサービスがあった

資料館の入館無料
三輪神社の絵馬願掛け
豚汁、甘酒の無料サービス
染物体験
揖斐茶サービス

など

揖斐川マラソンの心がここにもあった

Img_1011
さらに揖斐祭りの神輿やヤマ倉が特別に開かれて
展示されていました

揖斐祭りは、毎年5月にあります
この上で子供歌舞伎が演じられるんです

練習が大変そうですが、伝統を維持していくのは
ほんとに難しいことです

Img_1030
やっとのことで、ゴールできた

ツレアイさんは、もうほとんどぶっ倒れ状態だった

やっぱり運動不足と山があったのでよけいに
足腰にきたんでしょうね

もう2度と行かん!と
申しておりますが

日頃からなるべく鍛えないとダメですね

そういう私もひさびさの歩きで腰がちょっと(笑)

かつては30キロも40キロも歩いたのにネ

次は頑張るぞ!

2009年10月18日 (日)

美濃路(垂井~大垣)を歩いた

さわやかウォーキングに参加した
何年ぶりだろう

最近とみに加齢ということを痛切に意識するようになった
五感から五臓六腑、体のあらゆる部分、そして頭
ひしひしと老化の波がやってきた

これまでのツケが一気に来たようだ
足腰もそのひとつ
左腰が痛い、しびれる
運動不足なのだ

そこで久し振りに
JR東海の「さわやかウォ-キング」だ
今日は幸い場所も近場でグー
天気も良い

8時31分大垣発に乗る
どこ見てもほとんどが元気そうな中高年で満席状態だ
みんなやること無いんかいな、と思うほどだ

5.6分で垂井駅到着

さあ、歩くぞ~
まずは垂井の町を歩く
垂井の泉だ
Img_6570

そして本龍寺
Img_6573

この辺りは、よく訪れているので見学はパスする
中山道・垂井宿だけでも1日過ごせる
Img_6571

この矢印がいたるところに張り付けてある
これを目印にすれば地図はいらない
ただし、今日一日に限られるが…
Img_6575

相川の橋を渡る
晴れわたる空が目映い
Img_6576
ここに毎年鯉のぼりがずらりと並ぶ様は壮観だ
Img_6577
中山道と美濃路との追分である
美濃路は中山道と東海道とをつなぐ街道として
大名や朝鮮通信使に利用された
ここから大垣、羽島、尾西、枇杷島を通って
名古屋の熱田の宮の宿まで結んでいる
Img_6580

松並木が珍しく残っている
多くは切られるか松くい虫で全滅しているところが多い
貴重な風景だ


東海道線を渡り
のどかな田園風景を見ながら歩く
東海道線の電車がカタカタを走っていく
遠くに金生山など見える
いかにも西美濃らしい
Img_6590
田んぼには大豆が作ってある
軽トラが農作業にはよくマッチする
秋とはいえ今日は汗ばむような日差しで風が心地よい
Img_6588
こうした田舎道を歩くのも悪くない

新興住宅が立ち並ぶ狭い道だが
矢印があるから迷うことはない

八幡神社でちょっと休憩
この辺りから、かつての美濃路が分からなくなる
農地や道路が廃止されたり新設されたためだ

国道21号線の地下道をくぐって南に出る
Img_6599
平林荘跡だ
飯沼慾斎が晩年過ごした別荘だ
江戸後期に草木の植物図鑑を作った人だ
屋敷内に数千種の草木を育て、今でいう植物園を作り
研究したという
大垣はこういう賢人を多く輩出している
Img_6606
大谷川を渡る
この川はかつて河川が決壊し付近の住宅が浸水
訴訟騒ぎになったところだ

しばらくは旧国道21号線沿いを歩く
静里小学校側の北に一本入った静かな道が旧美濃路だ
Img_6614_4

久徳一里塚がある
南だけが残っている
養老街道との交差点を渡ると再び旧街道の面影が残る道になる
Img_6618
杭瀬川の橋のたもとにあるのが塩田の常夜灯だ
高さが4.3mもある
さすがでかいなあ

旧国道に再び戻って真っ直ぐ東に進む
養老鉄道の踏切を渡るともう船町だ
芭蕉と木因のわかれの場面の像に到着しました
Img_6628

おなじみ「奥の細道結びの地到着」である

今日のために特別に休憩所が設けられていた
Img_6632

「芭蕉葉の風」という大垣の水と
「奥の細道紀行320年記念バッジ」をもらった
ありがとう
Img_6633

なかなかかわいらしいデザインの記念バッジだ
Img_6647

柿羊羹、味噌せんべい、金蝶まんじゅうなど大垣の銘菓や
お弁当などが販売されていた
Img_6630
栗おこわを買って昼食だ
秋の味覚、栗が美味いよ

あちこちに俳句がある
まさに大垣は俳句の街ですねぇ
Img_6638
水門川沿いの遊歩道には芭蕉の奥の細道の代表的な句碑が立っている
地元なので今回はそれもパスします
Img_6643
大垣駅へは12時40分到着
約13キロのウォーキングでした
心地よい疲れで今夜はバタンキューでしょう

2007年5月19日 (土)

中仙道・与川道を歩く

さわやかな5月の風をうけて
2_2
             
  (中央線・野尻駅)

5月12日はGWの翌週とあって、さすがに電車はガラガラ状態だ
おなじみの歩き仲間と、久しぶりのウォーキングに参加

5月はなんと言っても新緑だ
といえば、行く先は自然豊かな信州・木曽路

信望厚いリーダー・Tさんの企画で
中仙道・与川道を歩くことになった

参加は女性3名を含め総勢10名だ


与川道とは

Photo_91 
「木曽路はすべて山の中である」
有名な島崎藤村の「夜明け前」の書き出し

木曽路11宿のうち、野尻から三留野までは
木曽川沿いに険阻な川縁を通っていたが・・・

たび重なる「蛇抜け」と呼ばれる土砂崩れで
通行止めが重なり
危険な道を避けるようにして
「与川道」という峠越えの側道ルートが開かれたということだ

木曽川の左岸側に注ぐ与川という川を中心にした与川村

その与川村が、明治7年には、三留野、柿其と合併し
3つの頭文字をとって(よ・み・かき)とし「読書」の字をあてた

明治36年、読書村が吾妻、田立と合併し現在の南木曽町となった

こうして、与川村という地名が消えたが、
ウォーキングでは、自然豊かな歴史の道として
「与川道」の名が残されているのだ

木曽川沿いのルートより5~6キロは遠くなるが
足止めされることなく
先を急ぐ旅人にとって重宝されたことだろう

4

このような知識なしでも、
歴史の道・与川道のウォーキングは
充分楽しめる

というのも、春は山菜、とくに「わらび採り」などの楽しみもあるから

3jpg
                (中仙道・野尻宿)
さて、私たちグループは
午前11時ごろ、野尻駅をスタート

ほんのわずかだが野尻の町並みを歩く

そこから国道19号線を渡ると
一気に上り坂だ

5
「のぞきど森林公園」に通ずる曲がりくねった坂道を進む

時折、名古屋、尾張小牧ナンバーのマイカーに出くわす
「車だよぉ~」とグループの一人が注意喚起の声を出す

どうやら、山菜取りのようだ

35jpg
標識がでている
右の細道を進むのが、かつての与川道だ


7jpg
大きな案内板が設置され、
この与川道のことが説明されている

37
それによると、この辺りが「根ノ上峠」らしい

地図によれば、このままクネクネと山道をたどれば
三留野(みどの)、つまり南木曽にいくことができる

36
きれいな花が咲いている

(山野草木の知識がなく詳細に書けないのがつらい)

34jpg
こうした路傍に咲く花が心を和らげてくれる
山路を歩く楽しみでもある

8
石仏道標があった
宝暦11年のものとか

旅先で亡くなる人は多く
地元の人が供養のため建てたのだろうか

それこそ、江戸時代は
ウォーキングのような気分で
旅はできなかったはず

もっともっと覚悟が必要であったし
どこに行くにも自分で歩くしか方法がなかった

旅の途中で不運にも命を落とす人も多かった
路傍に見る、石仏などに手を合わせたのだ


11jpg
こんな水の風景に出会うと、ホッとするね

14jpg
一人では、少し心細いこんな道も
グループで歩くと、とても心強い

らんかん橋付近で昼食

16jpg
水の流れる音が聞こえてくる
「与川」である

15
橋のたもとには案内板があり
「らんかん橋」という名がついている

ここで昼食だ

お握りなどをほうばる
単純だが最高に美味い

38jpg 

再び、歩き始める
展望の開けたところに出てきた

「須合平」という名がついている
信州には○○平、という名が有名だ
たとえば佐久平、松本平など

山と山の間にある野のことを言う
17jpg_1

ところどころの道端に、わらびが自生している
「あ、あった」
見つけると嬉しそうに走り寄り茎の真ん中から「ポキン」と折る
ひとつ見つけると、その辺りに「あるある」

19
民家が数戸建っている

付近の田には水が張られ田起こしが終わり
田植えの準備の真っ最中だ

18jpg
軽トラックや小型の耕運機など置いてある
山の中での生活には欠かすことができない

というより、足としてのマイカーがあるから
何とかここでも生活できるのだろう
20
「阿弥陀堂」である
南無阿弥陀仏の名号石碑、庚申塔などがある

旅人の気分になり、昔を思わせる

21
回りくねった山道は、楽しい

こんな橋を渡り、爽やかな風を受けて歩くのは
最高に気分がいい

24jpg
民家の前の道を通り
木の橋を通る
こういう場所は、うっかり目を離すと
道に迷いやすいから大変だ

グループでも先頭と最後尾と離れると迷子になるぞ

22jpg

鯉のぼりも季節を感じて、信州好き!っていう気分だ

39

歩く道端でわらびを採っていると
「コラー」というような声が遠くから聞こえて
それに気がついたメンバーが
「お~い、そこはダメなんだってよ!降りた、おりた」との声

特に「採取禁止」の看板が立ててあったわけでないですが
わらびを採るという行為よりも
他人の田や畑のあぜに勝手に踏み荒らすことは
まかりならん!ということでしょうか

つい夢中になり、すこし道より中に入り込んでしまったというわけです

確かに、町では境界をわずか侵入するだけで大ゲンカの世のなかだ

田舎だから、山の中だから
自然に生えたものは誰が採っても自由だと勘違いしがちだが
そこに住んでる人は気分がよいわけではない

境界線がはっきりかいてあるわけではないですが・・・

特に、最近、山奥まで勝手に入り、自然を踏み荒らす人が多い
山野草を大量に盗掘したり、
なんせ電線までぬすまれる時代です

限度を知らない、といいますか

自然の恵みを少しだけおすそ分けいただくという
謙虚さが必要だと思います

我々もほんの少しだけという思いではありましたが・・・

とにかく
「農家のおじさん、ゴメンナサイ!」

23_1 
しかし、こののち気がつくと意外にこうした看板が目に付きました

もう、思い余って、こういう手書きの看板を出したのですよ
キット、
腹に据えかねたのです

25jpg
さらに拍車をかけるような
強烈な警告がありました!

軒先を通る旅人たち
26
民家の庭先のようなところも
れっきとした中仙道・与川道だ
「失礼します」ていうような気分で通る

27
ワンちゃんも吠える
決して怪しい者ではございません、ハイ!

「ワ~ン、ワンワン」がこだまして、隣の犬に伝わり
また、「ワン」と遠くでもないている

28jpg
かつての森林鉄道の廃線跡が少し残っている



29
大きく視界が広がり町並みが見下ろせる
かつての三留野宿だ
そしてゴール地点の南木曽駅はもうすぐ
31jpg
               (JR中央線・南木曽駅)

午後3時45分頃、10名無事ゴール
約18キロのウォーキングでした


32jpg
           (自分で採ったわらび)

春の山菜・わらびは、まさに豊かな自然の贈り物だ

33

わらびのおしたし、煮物は、お酒のつまみには最高でした

                  (おわり)

2006年11月 5日 (日)

竹中半兵衛のふるさとを歩く

関ヶ原からスタートする
2_008 

久しぶりに歩き仲間に誘われてのウオーキングに参加。
関ヶ原から、垂井の竹中半兵衛屋敷跡を通って
池田温泉までのコース。
JR関ヶ原駅を9時にスタート。
総勢15名の参加。
あとでの笑い話。
2名が関ヶ原駅で下車し忘れてしまった。
あわてて、上り電車で戻って、休憩なしで追いつこうとしたらしい。

そして、執念で「伊富岐神社」に無事到着し、再会。
その顛末を聞いて一同大いに笑い、そして驚き!
そしてめでたく17名になった。
006
関ヶ原は古戦場
ご存知「天下分け目の関ヶ原」といわれ史跡が一杯。
どこを歩いても東軍、西軍の陣地跡やらに出くわす。
約400年前にあった戦だが
ただ歴史の中の1大事件ではない。
その後の日本、幕末から明治維新、
そして今現在でも徳川、豊臣の行き方が政治、外交、などの
精神的な面では引きずっている、ように思う。

クマが出るぞ!
_013_2
実は、今回のウオ-キング、心配していたことがあった。
クマのことである。

関ヶ原でもクマがよく現れている。
そして、とうとう4日の新聞では、瑞穂市呂久の
揖斐川河川敷でも子グマが発見された。
山から相当離れた場所だ。
「信じられない!」だ。
どうやってきたのか。
川を流れてドンブラコ。まさか!
河川敷の草むら伝いにゴソゴソと移動したのだろう。

そして、丸山狼煙場へのコース入り口にあったのがこの看板だ。
やっぱ、いるんだ!
うわさは、急に信憑性を帯びた。
用意周到の鈴をつけた人は私を含め4人?ほど。
リーン、リーンという音が響く。
_014
ススキの中を警戒して歩く行列。
が、これだけおればまず大丈夫と思ってみる。
結局、丸山狼煙場は、民家の多い東側から登った。
_027_1
伊富岐神社に着く。
式内社である。
古代豪族の伊福氏の祖神を祭ってあるとかいわれるが
本当のところはよく知らない。
伊富岐は、現在の伊吹ということから
製鉄と密接な関連を持った士族だったと思われるが。
南宮神社、金生山なども武器製造と関わりがあったようだ。

_025_1
この看板が神社の横にあった。

再び、クマの恐怖がよみがえった。
これから、先に山道に入るのだ。
心して行け!

リーダーは頼もしいぞい!
_073

用意周到なリーダーは、
大きなラジカセも持参だ!
そして、早速
背中から音楽が流れだす。
な、何だ!この歌は?
「い~きてぇ ゆくのが つらい日は~」
川中みゆきの「ふたり酒」だ。
リーダー好みの歌らしい。
ま、いいか。
_031_1
とりあえず、最初の危険地帯はクリア。
森の中でクマさんに出会うことはなかった。
ほっ!

竹中氏陣屋跡に寄る!

_037
垂井町岩手地区。
竹中半兵衛屋敷跡は石積みの門などが残されている。
なかなか重厚な門である。
さすが軍師といわれるだけある。
NHK大河ドラマ「功名が辻」でも
一豊と千代を結びつける重要な役割を担っていた。

_041
禅幢寺に向かう途中、すばらしい石垣に出会う。
ほれぼれして、写真に撮った。
戦国・江戸時代の城壁は安土城から始まる。
特に崩れない石垣が名城たる基本。
近江・坂本の穴太衆(あのう)が全国に技術を伝えた。
自然体の野面積みだが、ほとんど崩れない技法。
しかも美しい。

_063
秋らしいコスモスが咲く。
今年は温かい。
紅葉はまだゆっくり。
気持ちよいさわやかな風を受けて歩く。

_023
途中の集落では、庭先に作られたみかんをいただく。
おばあさんが「どうぞ、どうぞ」といってくれる。
花梨、渋柿やいろいろな花が咲いている。
このあたりの農家は、裕福なのか
のんびりとした時間が流れているようだ。
いつも時間に追われる都会生活とは
ずいぶん違っている。
しかし、まねはできないだろうな。
体に染み付いてしまっているからね。

_047_2
山裾の農村に沿うように歩く。
刈り入れが終わった田んぼには穂先から
芽が出て青々とした世界が広がる。
世間話をしながら、歩を進める。
さわやかな風景は、なごみますな。
_054
藤の木の下で昼食だ。
青空のなか
お握りなど好みの食べ物をいただいて。
缶ビールもうまい。
揺られてあわあわのビール。
近くの商店で仕入れたもので、200円は破格値だ。

クマとドラえもんのコラボだ!
_055
クマ看板の横にドラえもんがいた。
立派な石づくりのドラえもん。
クマが噛み付いてもびくともしないぞ。
それにしてもこのあたりは、猫が多い。

猫Aの場合
_033
この猫、近づいても逃げない。
手を出しても逃げない。
背中なでると喜んでいる。
ねずみをとるつもりもなし。
かといって嫌われてもいない。
幸せな猫である。

猫Bの場合
_065
一方、この猫はこの姿でじーと私を見ている。
特に警戒しているわけでもない。
カメラをむけたら、よそを向いてしまったので
「お~い」って声かけたら
こっち向いてくれた。
そこで
「パチリ」とシャッターを切った。
気品のある猫だった。


_066
いよいよ、今回最大の難所
梅谷越えだ。
鈴と川中みゆきが再びセットされて
ラストスタート!
梅谷越えは、かなり昔からあった道らしい。

大和武尊(ヤマトタケル)が
伊吹山に住む賊を征伐するために
池田町白鳥からこの峠を越えていったという
伝説もある(揖斐郡教育会発行の「道」)

また、関西方面から谷汲山華厳寺へ参詣する
巡礼街道の枝道でもあった。(同「道」から)

そういう関係から垂井町と池田町は親戚関係も多いらしい。


_072
だが、「梅谷越え」は
杉木立が道の両側に迫り
真昼でも薄暗い。
一人ではとても気持ち悪くて歩けない。
道幅も狭く、車の通行も少ない。

_075
標高210メートルの峠には、馬頭観音が祭られている。
馬を引いて上り下りしたのだろう。

峠を下りた先が池田温泉である。
日帰り温泉として人気がある。
下呂温泉に似た泉質で肌がスベスベになる。
地元はもちろん、名古屋、尾張小牧、滋賀、三重など
東海、関西地方の車もよく来ている。

午後2時ゴール。
約20キロのウオーキングでした。
クマにも会わず全員元気で完歩できたのが何よりでした。
(終)

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ