2015年11月27日 (金)

亀田の「「つまみ種」研究

亀田製菓の「つまみ種」が好きである
コーヒーのおつまみにちょうどいい

Img_5488_2

個袋が6つ入りでそれぞれ10種類のあられなどが入っている
全体的に小粒でかわいらしい
味も軽く上品でそれぞれ個性的な形をしている

Img_5489_3

個袋の中には
いか天、海老せん、ピー揚げ、香ばし焼きえび
黒豆あられ、のり巻、醤油あられ、うまくち豆
海鮮豆、こざかなの10種が入っている

今まで無意識で適当につまんでいたが
最近になって
「アレッ?」
「前と違うぞ」
変だな、と思うことがあった

数が袋ごとに少しづつ違っているようなのだ
海老せんが通常2枚、それが4枚もあったり
こざかなが2本だったり5本だったりする

あるとき、香ばし焼きえびが5枚もドンと入っていて驚いた
「何じゃ、こりゃ どうなってるの」

そこで暇にまかせて袋の中身を調査することにした

全部をまず並べてみた

(その1)
Img_5491_2

いか天1 
海老せん3
ピー揚げ10
香ばし焼きえび1
黒豆あられ1
のり巻1
醤油あられ1
うまくち豆2
海鮮豆2
こざかな5

(その2)
Img_5493_2
いか天1 
海老せん2
ピー揚げ9
香ばし焼きえび2
黒豆あられ1
のり巻1
醤油あられ1
うまくち豆3
海鮮豆2
こざかな2

こうなると一目瞭然だ
まったくバラバラの数だ

他の袋もちょっとずつ違う
ただし、平均的にはいか天、醤油あられなど1個づつ
豆は2個づつ、こざかなは2本、ピー揚げは7~10枚程度

まったくないものは見当たらない
一応10種類とうたってあるからね

で、小袋へはどうやって詰めているのか、興味深い
自動化されたライン?それともパートのおばちゃんの手作業かな

私はいか天、のり巻担当、私は豆とこざかな専門とか
目をしょぼつかせて入れていくうちに睡魔が…
「しまった、エイヤッ!」

こんなことも想像できなくもない

で、大袋には
「個包装ごとの製品割合に多少ばらつきがあります」
との断り書きがある

重さ的には6袋で130gは確保されているのだろうが
バラつきがありすぎる気もするが、
そう厳密に考えなくてもいいのだ

そういう「ゆるさ」も面白いさ

それから
小袋から全部出して並べて食べるという習慣がついてしまった

寿司にも食べる順番にこだわりがある人もいるように
「つまみ種」の食べ順もこだわりがあるかも

私の場合、まず香ばし焼きえびから始まる
それから一品もの、黒豆あられなどを食べ、適宜数の多いピー揚げ
を時々つまむ、仕上げは、うまくち豆、海鮮豆だ

時々、変化球もあるけどね

こんな「つまみ種」調査・研究まがいを馬鹿馬鹿しいと思うかもしれないけど
今和次郎の「考現学入門」(ちくま文庫)をみるとそっくりなんですね

もちろんもっと詳しく調べてますが
「ある食堂の欠け茶碗」調べ、「洋服の破れる箇所調べ」など
ナニこれ!というのが出てきます

まあ、なんでも興味をもってみると面白いってことです

「発想」と「好奇心」が何よりも年寄りには活力となるのです

「つまみ種」を食べながらこのブログ書きました(笑)

2012年1月27日 (金)

ジャンプだ!

冬のスポーツはこれだ!
そう
ジャンプ
Img_29981_2
手をまっすぐ伸ばして
こんなポーズで、ハイ!

飛んだ!

いつも
こんなことを連想してしまうです

ム…

Img_2999

男性用整髪料の容器でした

いかにも
それっぽいじゃありませんか

2012年1月25日 (水)

東京の雪

昨日、東京に雪が降った

そのことをテレビのニュースは何度も報道していた
数センチの積雪で人が滑った、転んだの騒動だ

北海道や東北、北陸など雪国の人は
このニュースをどう観ていると思う?

ホント笑えるよね

犬が人を噛みついてもニュースにならないけど
人が犬に噛みついたら大ニュースになると
よく言われるけど

この雪騒ぎは何だね!

要するに、東京偏重の報道ってことだ

特にテレビは酷いな!

朝のワイドショー、昼のニュースショー
夕方、そして深夜のニュースが
皆同じ映像を使いまわしている

ニュースになるかどうかの判断は
東京がすべて基準だ

それは当たり前かもしれんが
全国にそいつを押しつけるのはどうかと思うね

Img_1514
(昨年12月の西濃の雪景色)

地方分権って言わなくても
こういうマスコミの姿勢を見ればよくわかる

だから、橋下の大阪都構想やら
河村の中京都構想
尾張名古屋共和国
だなんていう話が
ハッタリばかりじゃない
真剣味を帯びてくる

トウキョウ目線では
地方は収奪されっぱなしだ

いっそのこと
政治特区をつくって
国防、外交以外は
全部任せてみたらどう?

「東京の雪」ニュースは
ホント今の日本の現実そのものです

2011年11月30日 (水)

昭和39年の新聞があった

物置小屋を片づけ・整理(いわゆる断捨離)していた
古い箪笥の中に敷いてあった新聞

Img_2782

昭和39年(1964年)の10月の中日新聞だ

当時は「中部日本新聞」と長い名前だ

Img_2783
昭和39年といえば、東京オリンピックが開かれた年だ

国内でも聖火リレーがあり
岐阜県から木曽川を越え愛知県に入った、とか

政治では、あの池田勇人内閣から佐藤栄作内閣に移った年

オリンピックに合わせ、東海道新幹線が営業開始された

日本経済がどんどん成長していくころだったんだな

とにかく活気があったし、夢があった、そういう時代


テレビ欄の番組をみると
Img_2762
桂三枝の『ヤングオーオー』、
コント55号の『55号決定版』
小池清司会の『アップダウンクイズ』、
遠山の金さん
と、それぞれがなつかしいな

Img_2765
「シトシトピっちゃん…」の『子連れ狼』

旅番組の走りだった
「知らない街を~ 」の『遠くへ行きたい』

この頃、テレビが好きだった
何でも真面目に取り組んでいたし

観る側も素直で単純に笑えた
今のように芸人の楽屋ネタで笑わせるような
ことはなかったと思う

旅やグルメ番組でも、何でも大げさに
これは美味い、素晴らしい、絶品です、とろける味だ、
なんて
タレントの下手なお芝居はなかった

仕事探しの案内欄もよく時代を反映している

Img_2769
まず男子、女子と別々になっている

「三輪運転手急募通住可…」

三輪運転手なんて、今の人にはわからんだろうな

文字どおり四輪でなく三輪なのです
前輪がひとつのトラックのことで、オート三輪なんて
いってましたね

住み込み可というのも今はまずないでしょうね

「修理工見習」という形も今は見られませんね

Img_2767
今度は女子の部です
女店員、お手伝いさん、座敷女中、教諭見習
高級洋裁師、喫茶女店員、学校婦人事務員…

どうやら職が偏ってますね
まだ女性の職場は限定されていたんでしょう

素人歓迎、という言葉も死語に近いかも

Img_2771
これが凄いんです
新聞全面で展開しています

それだけ、人出が足りなかったんでしょうね
景気がよかった
国内で人も企業も回っていたんですよキット

今のように企業が海外進出ばかりして
小さくなったパイを細分化して
パートや派遣社員、季節労働など
非正規ばかりが増えて長続きしない

おまけに外国人労働者でどこも一杯だ

昭和の時代ではインターネットもケータイもないし
求人募集のタウン誌もありませんでしたから

とにかく新聞が信頼されていたんでしょう

Img_2772
これもまたなつかしい広告です

「明星」です
舟木一夫が若い!
Img_2780
こちらは映画です

Img_2781
「間違いだらけの性生活に
謝国権が新たな回答を与える!

刺激ゼロ、内容は女性向き」だって!

これが笑える

いくら女性向きでも、「刺激ゼロ」ではねえ

若尾文子が主演で江波杏子、高橋昌也も出演する
まともな映画なんです

さすが大映です

広告を見てドキリ!
今は新聞が極端に差別化されて
中京スポーツあたりにしか載らんだろうけど

Img_2778
ダイハツの四輪中古車の広告

一級整備工場の保証書付完成車!だって
ことばがいちいち面白いなあ

文字も小さく紙面が黄変して見にくいけど
とにかく47年前の新聞は見ていて楽しい

こういう時代を生きてきたんだ、と思うと
遠い昔が愛おしくなるぜ

「こんな時代があったねと~」
シミジミ歌いたくなりますね

「ダンシャリ」のご褒美もまんざらではないわい!

2010年5月21日 (金)

りんごの丸かじり

昨日、名古屋に出かけた

久し振りだった

名古屋市博物館へ行った
帰りの名古屋駅のホームでのできごと

電車を待ってホームで並んでいると
同じ列の人が
何と
りんごをかじっているではないか

丸いリンゴを左手に持って
ガブリ、と噛みついていた

うぁ!

こんなの久し振りに見たよ

かぶりついていた人は、外国人
よく分らんけど多分南米系だな

30代前半の女性だった

とにかく、驚いたよ
カルチャーショック、て言うか
へぇ、今どきでもあるんだ

なんか、なつかしい、というか

私も昔、若い頃、かじったことあるよ
でも、身を食べても皮は残しました

このガイジンさん、皮も普通に食べてるし
ごく自然な動きだったから
きっといつでもこのスタイルで丸かじりしているんだ

そういう文化なんだ

かつて日本でも丸かじりしていたよな
ごく普通に

でも、今しないでしょう!

りんごをかじると歯ぐきから血が出ませんか?
こんなCM大昔にありましたよね
Img_1657

それにリンゴは消毒を一杯やるから
丸かじりはよくない、ってイメージがあって
丸かじり文化が廃れてきたんだろうかね

だいたい、リンゴ自体食べなくなった
皮をむくのが面倒だ、
あるいは固いのは嫌い
というのが大きな理由かな

だから、ジュースやジャム、ヨーグルトに混ぜたりして
食べているのが大方の家庭だ

でも、わが家は、リンゴが大好きだ
サンフジ、シナノスイーツ、なんか美味いね
とくに新鮮なものは密が入っていて
しゃきっとした噛み応えがたまらんぜ!

りんごと言えば青森なんだけど
近場の長野県のりんごもいいよ

松川辺りにはリンゴ園が一杯ある
もぎたてを食べるのが一番うまい

りんごっていうと赤いイメージだけど
青いリンゴもあるよね

子供の頃、福島県の親戚に行って
出されたのが青いリンゴだった

とても酸っぱかった
しかし、シャキッ、として美味かった

忘れられない味になった

最近、何でも甘ければ良いという味覚は
本当は、ガキの舌に過ぎんのだ

渋みや苦みの良さがわかって、始めてオトナ!

スゴク酸っぱいリンゴは、美味い

いま、季節柄、リンゴは保存してあったものだろう
だから不味い

秋が待ち遠しい

リンゴの丸かじり姿を見てのつぶやき、でした

2010年1月21日 (木)

ケータイ・フケータイ!?

今朝の喫茶店のことだった

50代位の会社員が席に着くなり
ケータイ電話を取り出し話を始める
Img_0490

「おお。おれだ!ケータイ忘れちゃたでよう、おお
これか?これは会社のヤツだ。おお
どこにあるか分からんで、いっぺん鳴らしてくれ」

どうやら奥さんに電話しているようだ

少し間があって、
「ブーブーブー」の音がするじゃないか

ハアン?

「あ、あったわ、もー、ええわ おお
じゃ切るわ」

なんとおっさんの背広のポケットから
お探しのケータイが出てきました

隣の私、笑いをこらえるのに勢一杯でしたね

でも人のこと笑ってる場合ですか!

私も、つい最近のこと
食事中、箸が一本しかないことに気づき
「あれ?はし、どこやったかな」

探してましたら、自分の手に1本持ってました
アレ?

そうだ、里芋の煮っころがしを箸1本で刺して
取って食べたこと
すっかり忘れて
食卓に1本置いてあるのをみて
錯覚したんですね

まるで漫才のネタそのものですわ

情けなや!

でもチョットだけ気持ちカル~なりました

2009年12月 3日 (木)

ちょっぴりくやしいこと(1)

どうでもいいことなんだけど
毎日のくらしの中で
ちょっぴりくやしいな、と思うことありませんか?

私の場合、胸に手を当てて思い出してみますと
ありますあります、ちょっぴり悔しいことが!

その1 コンビニお握りの封を開くときに
     海苔がちょっぴり破れて残ってしまったときriceball

Img_6874

     最近のコンビニお握りはどれもが衛生的で
     ラップで完全包装してある

           パリパリの海苔が味わえるようにと
     2重包装してあるんだ
   
     で、開け方も1,2、3と番号まで書いてあるので
     本当に親切なんだ

     にもかかわらずだ、3のところで破れてしまう
     その悔しさといったら例えようがない

     残った海苔をいまわしくいつまでも眺めていたりする
     この女々しさ、といったらないよね

          

その2 缶入りのつぶつぶ入りコーンポタージュを飲んだとき
     最後の2~3個の粒がどうしても出てこないとき

     
寒い時に自販機にある温かい缶入りポタージュスープ
     こいつはお勧めだぜ!
      Img_6875

     私も駅のホームでの電車待ちの時なんか、こいつを飲む
     冷えた手が暖かくなるし、グイっとやると体が芯から温まる

     その中にツブツブのコーンが入っており、その感触を楽しむ
     最高だぜ

     でもねぇ、スープが少なくなると、どうしても粒が底にへばりつく
     振ってみたりするんだけど、出てこんのだよ

     逆さ向けたりして必死に落とそうと努力するんだけどダメ!
     この悔しさ!ホント!残念ですねぇ~

   以上、どうでもいいけど、ちょっとくやしいことその(1)でした

   こんなことで、あなたも思い当たる些細なことな~いですか?



     

2009年3月 8日 (日)

あなたはどっち?

040
ある観光地の有料駐車場の看板です
右は300円、左は400円

さあ、あなたならどうする?

この場合、どうやら300円に入れたいようである
100円も安いよ!
おトクですよ!
どうぞ、お入りください!

と、まあこんなとこですかね

お!何でも安いほうがいいさ、と単純にそう思う人
こんな時は、300円に何か欠陥があるに違いないぞ!
と、深読みして悩む人もあります

そうして最後は自分で決めるんですよね

300円は、少し遠かった
400円は、近いしトイレもちゃんとあった

そんなもんですよ
でも、結果論です、そんなこと!

で、なにが言いたいのって?

いやあ、人生ってすべてこれの繰り返しのようだな、
そう思えたんです

小さなことから、大きなことまで

ささいな晩御飯のことから
重大な結婚相手のことまで

右にする?それとも左にする?
この連続です

損得で判断して決めるとは一概に言えない
何となく左を選ぶことだってある
その日の気分や天気によって決めてる場合もあるじゃないか

そう!
あのとき、ああすればよかった、とか
なんで右を選んでしまったのだろう、とか
悔やむこともある
しかし、やり直しはきかない

‥‥

ささいな駐車場の看板をみて
こんなことをぼんやり考えていました

     (ご開帳で賑わう谷汲山でした)

2008年12月28日 (日)

満点大笑いだ!

今年は、ろくなことがなかったな
政治も経済も社会も総倒れだ!

テレビはお馬鹿ブームっていうけど
そうは大笑いできないネタばかり
マンネリだね!

つい先日
中日新聞のローカル版にこんな記事が出ていた

002

普通、下着ドロってのは、若い娘のを盗むんだろう

なにコレ、62歳の女性の下着を74歳が盗んだって
しかも、ご丁寧にも1枚千円相当の下着と書いてある
ワハハ!

結構お高いんじゃない?
ワコール?

本当はもっと安かったりして
見栄張って千円もするって警察に言ったかもね
ワザワザ記事にするなんて田舎記者もきっと
大笑いして書いたんだろうな
ワハハ!

捕まえたのは61歳の夫というのも笑える
「コラ!母ちゃんの下着を盗るな!」
想像するだけでも可笑しい!
ワハハ!

それにしても74歳のおじいさん
下着盗んでどうするつもりだったのかな?

近頃、久しぶりに新聞読んで大笑いした

2008年12月10日 (水)

歯が浮く言葉が‥‥

ギスギスした世の中を過ごすにはどうすればいいの
グローバル化がますます進み
世界の動きも無視できない

かといって、いちいち腹をたてたり、驚いたりしていては身が持たない
マスコミは事件を面白おかしく報道する
特にテレビは、ワイドショー化して視聴率狙いで
やりたい放題
腹の座った意見や主張はごもっともな言葉ばかり
でも、耳に入っても残ることはない

麻生さんがなんと言っても歯が浮いたようで、
内容も重みがなく
理路整然とした思想がない

あるショッピングセンターでの光景
001_2

この少年は、どんな思いでこれを見ているのだろう

003

これは子供にじゃなく

政治家や企業経営者、裁判官、官僚にぜひ書いてもらいたい

かの民俗学者・宮本常一がこんなことをいっている

「いま大きな訂正を要求せられておるのは急速な変化であって
日本人自身が内部的・人格的に破綻をきたしておるのではないか。」


2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ