2016年5月30日 (月)

麦秋の候

GWからずっと農作業で大忙しだった
やっと一息ついたと思ったら5月も終わりだ

周囲の風景もすっかり変わった

いわゆる七十二候の『麦秋』の季節になった

麦が収穫期を迎えることで「麦の秋」という

「麦の秋至る」
すなわち「むぎのとき いたる」

私の住む地域周辺も黄金色の麦畑が広がる

Img_0294_2

改めて眺めると意外にも麦畑が多い

近寄ってみる

ゆらゆら風に揺られ、夕陽に輝いて美しい

Img_0290

麦畑からちょっと離れて周囲をみると
一転した風景が広がる

田植えが終わった水田

青々とした若い苗が元気に伸びている

Img_6658_2

まさに季節の移り変わりを感じる風景だ

家の菜園では

Img_5444

GWに植えたナスも順調に伸びているようだ

トマト、キュウリ、オクラ、トウモロコシ、マクワウリなどの
夏野菜の世話をして毎日が暮れる

現役時代では考えもつかなかった日常のくらし

汗をかき、冷たいドリンクなど飲んで水分補給する

朝、取れたてのキュウリの塩ふりが食卓に上る

思わず「お!ウマイな…」

貴重な初採りの一本だ

まだ小さくて曲がっているけど
ドンマイドンマイ

スーパーで買ってくるのとは味が違う

野の香り、味が濃い、と思う
(ちょっとほめ過ぎ?)

自分で汗をかいて作る「ご褒美」かな

今日も、雨が上がったので畑に出勤しよう!

ランキングに参加中です


にほんブログ村

2016年3月22日 (火)

春本番、畑仕事もスタートだが!

東大寺二月堂のお水取り、
田県神社の豊年祭り

そして春分の日が過ぎて
はや桜の開花宣言が出されて
いよいよ春本番だ

Img_5285

久しぶりに畑に出てみると
まだまだ北風は寒い

Img_5299

それでも土手に土筆が少し芽を出し
雑草があちこち出現した

大根、カブ、ホウレンソウ、コマツナなど冬物の残骸を処分
雑草も取って耕運機で起こす

ホンダの「こまめ」も年2回くらい活躍するのだ
5年ほど前から世話になっているんだ

Img_5291

それ以前は手で起こしていたが年々腰痛やらで
全身の筋肉がバンバンになってもう限界!

この「こまめ」君は折りたためるので車に乗せて運ぶ
近頃はこの乗せ降ろしがきつくなってきた

ポンポン!と勢いよく土が掘り出され回転して混ざっていく
行ったり来たり7~8回往復すると立派な畝になる

あとは苦土石灰をいれたり牛ふんなど堆肥を入れれば
準備はOK

夏野菜の植え付けは例年5月の連休ころだ
それまではちょっとお休み

といっても玉ねぎ、ソラマメ、さやえんどう、イチゴの育成管理
ジャガイモ、里芋の植え付けなどやることはけっこうあるんだナ

Img_5266

まあ、家庭菜園にしてはいろいろと手がけているほうかな
何せ周囲が農家さんばかりだから感化されやすいんだ

傍から見ていると簡単そうだがいざやってみると失敗が多い
それが悔しいからまた次の年挑戦する

でも、だんだん体力が落ちてきて畑仕事もキツイときがあるよ
で、そんな時は止めればいいのさ

体を動かしておると心地よい汗をかく
それに外に出てお日様にあたり風を受け
土をいじっていると時間があっという間に過ぎる

いろいろ作業に集中すると
変なこと考えなくてもいい

いや考える余裕などないのだ

大空の下で
雲や風が流れ動き
蝶や虫、鳥などを相手にしていると

永遠にこのまま続くようにも思える

こうして自分が自然の中にいることを実感する

ちょっぴり嬉しい、とも思う

でも
でも
でもデスネ

今の時期、いいことばかりじゃないんだ

Img_6513

そう、私「花粉症」なんです

花粉情報によると
今日も「花粉クン」の顔クチャクチャだ

目はかゆいし
くしゃみは出るし
鼻が詰まってタイヘンだ!

スギ花粉アレルギーなので
5月のGWまでは全くダメ

それでも
畑作業が一番忙しい頃なので
やらなきゃいけないし
苦労します

そう思いながら
明日もまた畑に行って来ますsun



よろしければ↓をクリックお願いします


にほんブログ村

2016年1月20日 (水)

雪に思う

雪が降った

雪が積もった

この冬では初めてだ

10センチくらいかな

Img_6180_2

このあたりでは昔から、
池田山に三回雪が降ると里にも降る
という言い伝えがある

でも、この頃はこのルールも無視していきなりやって来る

今朝はベタ雪だったので昼にはだいぶん溶けた


雪をみるとなぜかテンションがあがる

いくつになっても変わらない

マホウの白

30センチくらい積もれば世界がさらに大きく変わる

真っ白な屏風にやわらかい曲線で描かれた水墨画の世界

カドカドした全ての対象がすっかり消えて

ほんわかとした形に変わる

あらゆるものをそっと包み込んでくれるような

このふわっとしたやさしい丸みが好きだ

寒いけど

凛とした静寂に覆われこころが洗われるような

そういう景色を眺めるのが好きだ

Img_6185
                      (雪に咲く椿の花が見事だね)
それにしても

一昨日は東京の雪で、例のごとくマスコミは大騒ぎ

滑った、転んだ、止まった、遅れた、どうしようと

何だかリポーターもはしゃいでいるようで可笑しい気がする

ニュースがワイドショー化してどこまで本気で伝えたいのかわからない

どのチャンネルもワンパターンで押しつけがましい

雪も、ベッキーも、SMAPもみんな一緒じゃないか

とぶつつきながら、

今夜は温かい寄せ鍋で心を温めたのだ

ランキング参加中
よろしければ↓をクリックお願いします


にほんブログ村

2016年1月 9日 (土)

今日は広告がどっさり

今日は広告が多かった

もちろん、新聞の折り込み広告のことだ

たぶん成人の日を含めて三連休だからだろう

調べてみると全部で35枚あった

Img_6003

どういった業種が多いのか

気になったのでひとつずつ見ていく

こういう結果になった

自動車 7
住宅  7
食品スーパー 3
ケータイ 2
パチンコ 2
家電 2

その他に
家具、紳士服、ファッション、メガネ、太陽光発電
銀行、ドラッグストア、中古品買取、葬儀社、調剤薬局

最近は、新聞を購読する家が減少しているらしい
特に若い世帯では極端だ

新聞の魅力がないのか
朝、読んでる時間がないせいか
それともネットで十分ということなのでしょうか

でもね、シニア世代にとって新聞は楽しみ

朝、のんびりお茶でも飲みながら
新聞を広げる

これが習慣化してる

だから休刊日なんかはちょっとさみしい
物足りない感じ

毎朝、配達される朝刊には
折り込み広告が必ず1枚は入っている

新聞の前に広告を見るのもちょっとした楽しみ

食品スーパーの広告

わが家の場合
「みかんが安い」「白菜がお値打ち」「お肉が特価」と
いちいち広告は気にしない

スーパーの広告は何といっても季節感がある

今ごろだと、七草がゆ、成人の日のお祝いに続き
早々と
節分、恵方巻、豆まき、バレンタインデーなどが
次々品揃えされて登場してくる

先へ先へと季節を感じさせる文字が踊り
消費者意識を高めようとの作戦

今年のような暖冬だとメリハリがないし
ダラーとしてしまう毎日

広告が、忘れていた季節感がよみがえらせてくれる
そういう良さもあるのですね

Img_6006

新車や住宅・マンションの広告

最新の車にちょっと乗ってみたい
しゃれた住宅に住めたらいいだろうな

宝くじでも当たらなきゃ無理

そう分かっていても
広告見ながらそう思ったり

いくつになっても、まだまだ欲だけはある

サプリの広告

テレビ・新聞でもまさに健康志向ブーム
10年前なんかほとんどなかった

どこまで信用できるのか

葬儀場の広告

かつてはタブーだった
縁起でもない

でも、今は考えちゃうし無視はできない

こうしてみると「折り込み広告」も
高齢化、少子化、健康志向、二極化など
今の社会の状況を如実に反映しているんだ

そういうことがよく分かる


ランキングに参加中
よろしければ↓をクリックをお願いします


にほんブログ村

2016年1月 3日 (日)

今年もよろしく

新年 おめでとうございます

Img_5827

2016年は静かに明けました

西濃地方は空も晴れ、風もそれほど吹かない
とても穏やかな元日でした

朝7時、地元の氏神さまの白山神社で互例会に参加
みんなで氏神さまとお伊勢さんに向かって参拝

その後たき火を囲んで、お神酒、するめがふるまわれ
その足でお墓、秋葉さん、薬師さんにもお参りしました

最近は朝の行事もだんだん参加者が減る傾向です

大晦日は紅白を見て、どうしても夜遅くまで起きているせいなのか
地元より大きな神社に行くのかわかりませんが
とにかく若い人はほとんどいません

老人ばかりの行事になっていきます

有名な神社仏閣ばかり人が集まり
いわゆる氏神さまがすたれる一方です

高齢化、過疎化が拍車をかけているような気がします

さてうちに戻り、神棚と仏壇にもごあいさつ
やっと8時にお雑煮です

角餅に正月菜、さといもが入ったカツオと醤油のすまし汁が
この地方のお雑煮です

元旦から3日まで毎朝食べます
今日は2つ食べました
ツレアイはたった1つ

小食です

食事が終わると新聞を読みます

以前はとても分厚いものでした
さらに広告もどんと入りそれが楽しみでした

新聞店やコンビニに行って朝日、岐阜、日経なども買って
読んだこともありました

それが様変わりしました

新聞もぐっと薄くなり広告も半分くらいに減って中身も
つまらなくなりました

いや、読み手側の意識、興味が薄れたのでしょうか
正月の新聞はとにかく「夢が一杯」ありました

活字文化が廃れていくのでしょうか

今はテレビの番組欄だけを残し、あとはほとんど流し読みだけ

11時ころには年賀状が配達されます

現役の時代は100枚以上ありました
今は半分になりました

ほとんどがパソコン作成でとても美しい仕上がりです
失敗作は見かけませんね
手書きや絵手紙風もあります

本人の短いコメントが手書きで添え書きしてあると
とても嬉しいもので、顔が浮かんできます

午前中にはお寺にも行きます

うちは浄土真宗高田派で住職さんにごあいさつ
その年の予定があるか確認します

例えば父親の27回忌がありますよ、とか
そこで予約しておくのです

まあ、お寺さんとしても年間スケジュールをこの日に
立てるわけで、大切な日なんでしょうね

というわけで元旦の午前中はとても忙しいのです

さて、今年はブログを始めて11年目になります

まあよく続いたものと自分でも感心してます (パチパチ)

もっとも、途中何度かやめようと思いました
でも、また再開してやっと今年6月で満10年です

路上観察や街歩き、西濃地方のいろいろな風景
さらに野菜作り、自分の心象風景など思いつくままに
書いていきたいと思ってます

たまには、このブログに遊びに来てください

今年もよろしく!


ランキングに参加中です
↓よろしければクリックお願いします


にほんブログ村

2015年12月19日 (土)

ゆず湯に入った

柚子(ゆず)をもらった

部屋中いい香りが漂ってくる

Img_5720

冬至まで待てない
ゆず湯だ

さっそくゆず1個を洗う
半分に切る
お茶パックに入れる
沸かした風呂にポイと浮かばせた

風呂はもうゆずの香りで一杯だ
湯船につかりながらゆずを手に取り軽く絞ってみる
フワァ~とさらに香りが広がる

手はすべすべでつるつるだ
顔を両手で洗うと
「ゆず男」に変身した

とても気持ちよくゆったりとして
心もリラックスできる

いや~大満足です

風呂から上がるとツレアイが
「わぁ~体中からいいにおいがしてくるね
わたしもさっそく入ろ!」

冬至にゆず湯に入ると風邪を引かない
とか言われるが
冷え切った体を温めるだけじゃなく
何となく心までゆったりできる癒し効果が
実感できる

まだ数回は楽しめるぞ!

2015年12月13日 (日)

庭木をバッサリ

庭木を剪定した
毎年、梯子に登って恐る恐る剪定をしていた

Img_5119_2

けど、やっぱり怖い
それに危険だ

歳をとると益々こういう作業が困難になる

そこで思い切ってズバリ上の部分を切ることにした
電気のチェンソーを持ち上げて一枝づつ切り落としていく
ゴロンと枝の塊が落ちる。

Img_5604

そしてこんな形になった
一応残す形はイメージしたのだが
ちょっとみっともない
でもしょうがないんです
どシロウトではこれが精一杯なんです

いっそ伐採も考えたんだけど祖父の植えた5本のひとつなのでねェ
3本は車庫を作るとき伐採したので2本残ってる
一歩手前で踏ん張った感じだけど
いつかは切られる運命である

このあたりの田舎では少なからずどの家にも庭がある
松、槇、梅、紅葉など好みの庭木がきれいに手入れされている

たいてい庭師が年2回ほど入っている
この年末もずいぶん見かけた

でも、どこも庭木が以前と比べると寂しくなった
原因は高齢化だ

日常の手入れが難しくなって手を焼いている家が多いのだ
高木をバッサリ切ってしまった家もある
生垣を根こそぎ取り去ってしまったりしてね

特に今年は顕著だ
理由はわからない
ご近所でも3軒がバッサリやった

もう面倒みきれん、ということだ
老後の楽しみから負の遺産に変化したのだ
息子たちから何とか処分してくれ、と言われれば仕方がない
庭を楽しむ時代は過ぎたのだ

あと少しすると田舎の風景も一変するかもしれない

2015年12月 7日 (月)

皇帝ダリア

ここしばらく妙に気になっていた

ご近所を歩いても、
車でドライブして通る道の庭でも
不思議な花が咲いているのがどうも気になって
自分でもおかしいくらいだった
Img_5533_2

そう!
この花のことだ

背丈は3メートルはある
花は大きいピンク色でぎっしり咲いている

茎は根元をみると竹のようだ

去年あたりまでは、こんな花は見かけたことはなかった

ちょうど、ご近所の奥さんがいたので聞いてみた

「ああ、あれはね、たしか皇帝ダリアって言うんだって!」
「皇帝ダリア?へ~そうなんですか」

Img_5534


うちに帰って調べてみると
確かに「皇帝ダリア」とある
別名・木立ダリア(ツリーダリア)ともいうようだ

ダリアの一種とは思いもよらなんだ

確かにこの寒い青空に見事に映えて堂々たるものだ

だからその偉容は皇帝のように他を寄せ付けない

風に揺れながら咲き誇る優越感を隠しもせず
大したもんだよな、
パチパチパチ(拍手)

それにしても今年流行りの花なんかナ?

毎日通る道でも
たまに不思議な光景に出会うこともある

でも、謎がとけて今日は何だかチョッピリ嬉しいやら楽しいやら
モヤモヤも晴れてスッキリした気分なのであります

2015年12月 3日 (木)

男大根

まさに、男大根です

Img_5522_2

真ん中にもヒゲがあるのがちょっとエロい

こういう作品は全然珍しくもないですよね
もっと、珍奇なものが紹介されていますから

特に大根は多いです
根がまっすぐ下に伸びるので石とかにぶつかると
どうしても変形してしまいます

だから、こういう大根は失敗作であり
プロなら笑われてしまいます

でも、しょせん私はシロウト
こんな作品を取り上げてニタニタ笑っております

お店には決して並ばないシロモノですが
味はうまいですよ

特にこの「おでん大根」は煮物に最適で
柔らかくて中まで味がしみて
まさに絶品

スーパーの美人大根より見かけは悪いが
中身はほれぼれするような男大根なのです

今日は寒いので「おでん」にするか

2015年11月24日 (火)

VHSビデオテープの処分

部屋の模様替えをした
大量のビデオテープが段ボール箱から出てきた

VHSテープで200本以上ある
20本くらいは家族旅行の記録があった
あと9割がた、テレビ録画したものだ

表紙のタイトルからするとテレビアニメや歌番組、テレビドラマ
映画などだ

「ドラえもん」「名探偵コナン」「魔女の宅急便」
「NHK紅白歌合戦」「フォークソング特集」
「緋牡丹博徒」「男はつらいよ」「赤いハンカチ」
「北の国から」などなど

Img_5442_2_2


不明なものもあった
何とか動くVHSデッキで内容を確かめてみる

いづれもテレビで放映された映画の録画が多かった

2000年前後に録画されたものがほとんどだった
当時のCMが時代を反映して面白いし懐かしい

ソニーバイオ、エビスビール、マツダのデミオ、IP電話、横撮りケータイ
武富士、アコムなど

15年以上昔だもんな
ずいぶん世の中変わったな

スマホ、ハイブリットカー、など登場してから
生活も一変し、年寄りはオロオロだ

ギスギスして慌ただしくて何か落ち着かない世の中になったな

さて、この貴重で厄介なテープ諸君をどうするか
もう二度と見ないだろう
膨大な時間を浪費してまで付き合うこともないし
第一、今やろうとしていることができなくなる

ま、残念だが処分することにする
幸い12月には地元自治体が不燃物として処分してくれるはずだ

でも、「何で今ごろ?」と笑われるか、それとも興味をもたれるか
念のため、アダルトビデオはありませんよ(笑)

近マリさんの「片づけの魔法」では
「片づけ」をしたことで過去に片をつけた、ことになる

で、人生がときめく、と!

いやいや、そんな単純なことではないよ

生い先が短くなった「身辺整理」はちょっと落ち込む
ときめかないよ

多分、次は書籍、写真、あたりでしょうか
寂しかないですかね
こういう作業をコツコツやるのは
片付けたら人生がドラマチックに変化していくんでしょうか

人生の店じまいなどできませんよ

でも、部屋がすっきりするのは良いことです

まあ、ボチボチやるか、慌てず騒がずに

より以前の記事一覧

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ