2013年3月24日 (日)

デパートの屋上

久し振りにデパートの屋上に上がってみた

名鉄百貨店名古屋本店であります
自動運転のエレベーターで「R」を押した

「上にまいります」の
アナウンスもなく
かつての華やかななりし頃の
デパートガールは今はいない
殺風景な箱と化す

屋上階のドアが開いてみると
ここは倉庫の入り口か

どうやら歓迎されていない

キョロキョロしながら
外に出ると庭園が申し訳程度に
一応ありました
Img_4553

職人さんが花木を植えかえたり
散水したり手を入れてるが
全体的にショボイ印象だ

カネをかけていないことは明白

辺りを見回すと人もまばら

お婆さん連れ、
冴えない営業マン
昼寝のオジサン

ヒマそうな人ばかりだ

かつて、僕らの若いころ
昭和の時代は賑わっていた

遊園地があった
アイスクリームやお菓子を食べながら
ミニ列車などの乗り物が動いていた

デパートでお買いものして
食堂でお昼を食べ
屋上で子供が遊ぶ

楽しい休日の定番だった

夏にはビアガーデンがあった
生ビール、焼き鳥が美味かった

あの頃、デパートは夢を売っていた
何でも売っていた

けど、私のデパートのイメージは
あの、マネキン人形でありました

ホント怖かったね
近寄りがたかった

あの哀しそうな目!

それでも、両親に連れられての
デパートめぐりは楽しかった
ワクワクもした
Img_4541

いつからデパートが凋落したのだろう
今や、地方のデパートは消滅寸前
すでの多くが撤退したり廃業したり
スーパー系や量販店に代わったり

デフレと不景気で高級品は売れない
物価が下落してモノの価値が分からなくなってきた

嗜好が変わったのか

一方で高級ブランド品の人気も根強い
しかし、デパートではあまり買わなくなったのだ

デパートで一番賑わっているのは地下のグルメ街だ
行列をつくっている
ここばかりは好景気だ

一億総グルメでどっち向いても
何でも食いたい餓鬼ばかり

しかし、上階にいくほど人もまばらで
かつての紳士服などメンズコーナーなんか
閑散として歩くのも気が引ける

時代とともにデパートの存在価値も変わった
屋上など見向きもされなくなった

Img_4546

商売繁盛の「お稲荷さん」だけが
いまなお健在だった

2013年1月26日 (土)

カオダス(西美濃1)

観光地に行くと出くわす

そこにまつわるキャラクターなどの
看板をつくって、顔の部分が
くり抜かれてあるモノ

それをデジカメでパシャっと撮る

記念写真の一種ですかね

そう、アレ、のことです

正式名称はないのですが
顔をはめるので「カオハメ」とか
穴から顔を出すので「カオダシ」とか
「首入れ」とか
要するに勝手につけりゃいいんですが

以前に「顔出し看板大全」なんて本があった

で、そこでは「カオダス」と名付けていたので
それを使おう

まずは地元・西美濃地方から
採集したもの

谷汲・華厳寺

Img_2398
西国三十三か所の観音霊場のラスト
谷汲踊は背中に大きな羽のような飾りをつけて
太鼓をたたきながら舞う

なかなか見事なものです

これ、駐車場の横、トイレの隣にあります

あんまりここで写真撮ってる人いないな
やはり、参拝が目当ての年配が多いので
フザけた(ような)写真は嫌われるのかな

Img_2409

これも谷汲山なのですが
「いのりちゃん」っていう巡礼姿をした
少女のキャラクターです

最近、登場したもので
お店の横にたくさんおります

ただカオダスは、これひとつだけ?でした

駐車場の横にある観光案内所に置いてあります

おっさんが顔をだすと
どんな雰囲気になるか
想像したくありません

大垣市・奥の細道むすびの地記念館

Img_34061
御存じ大垣は松尾芭蕉の奥の細道の
旅の最終地、いわゆる結びの地ですね

昨年4月にこの記念館がオープン
今年の2月には20万人に達するとか

えらい人気です

名誉館長に俳人の黛まどかさんが就任

昨年12月には天皇皇后さまもご訪問されました

入り口にあるのがこの「カオダス」

右はもちろん芭蕉さん
左のロボコンみたいなのは誰かな?

同行した曽良かな
たらい舟に乗ってるから船頭?

大垣市のマスコットキャラクターの
「おがっきい」じゃないだろうな

ちょっと不明
また聞いておきます

西濃地方の観光地はあちこち出かけてますが
この「カオダス」があまり見かけないねぇ

私がまだ発見してないのもあるけど
どうだろう

何となく土地柄が生真面目すぎるんじゃないの

もっと遊び心、っていうのか
おふざけがあってもいいような気がする

その点、滋賀県はカオダスの宝庫だね

「カオダス」って本も
滋賀県「顔出し看板」発掘再生新規開発委員会
なんて組織が発行したんだからね

凄いよ

やはりご当地キャラの元祖「ひこにゃん」を
生んだ土地柄ですね

みんなで集まってワッとやる
そういう元気な地域にしないと活性化の掛け声だけで
終わちゃうよ

また、「カオダス」探しに行ってきま~す







2012年6月 5日 (火)

ズームアップ長浜

久し振りの長浜散歩

黒壁ガラス館から曳山博物館の
メイン通りは
今日も賑わっている

行く度に少しづつ変化し発展している
古い民家を改造しておしゃれなお店に早変わり

でも、いつもそういうお店は眺めるだけ
店先を素通りして
いつものお店に入る

ガラス工芸店、フィギュアおもちゃ店、石窯パン、
普通の八百屋、土産物店あたり

あくまでご近所を散歩している気分だ

そこで、今日は
私の目に映った長浜の印象を
ズームアップして
みました

Img_1729

いきなり驚かせてスミマセン

Img_1728
ガオー
エッ、またですか 

でも、こんなのがごく普通に目につくんです

ちょっと、歩いて


Img_1734_2

ふくろうは幸福を呼ぶ鳥だとか

「オイラにもそのフク少し分けてください」

また、歩いて

こんなお家が目についた

Img_1748

赤い腰巻着けて何とも色っぽいじゃないですか

赤が似合うのも長浜だろうか

歩いて

Img_1741

こんなさりげない和傘のディスプレイも粋ですな

またまた、歩いて

Img_1732

とあるお店で遭遇

真っ赤な達磨サンも大願成就を待つ

Img_17371
街角にある雑貨店の看板が呼びとめる

赤の和ローソクと郵便ポストとのコラボだ!

歩いて

Img_1738
洋装店の中
マネキンレディ、ちょっと古風だが
知的で清楚な方らしい

ついつい覗きこんでしまう



Img_1736
アンティークギァラリー前のジャズ演奏人形

ブンボンブンブン
テュララー
歌に合わせて動くから、
聞き入ってしまう

歩いて、上を見上げて

Img_1745

アーケードの柱に
「カ・ブ・ト」だ
いろんな昆虫がとまっておるぞよ

おっと危ない、
足元注意!

Img_17441
四角のマンホール

ヒョウタンは太閤さんのシンボル

キョロキョロ 目が疲れたら

目線を水平移動して

あ、やっぱり

いつもの長浜の風景だ

Img_1735

これが一番落ち着くかなぁ

いろんな歩き方ができ
それぞれの楽しみ方がある

長浜、好きな街だな

2011年11月17日 (木)

のんびり長浜散歩

久し振りに「長浜散歩」です

とは言っても確か今年7月始めだったから
4か月ぶりくらいになるかな

岐阜県の西濃地方からだと
高速に乗らなくても大丈夫だ

まるで自分の庭を散歩するごとく
のんびり気ままに歩いてみる

ぶらぶら歩きが好きですねえ

Img_1420

今日は、ちょっと
デジカメで切り取った
私の長浜イメージで見てね

Img_1433

お花ぎつねさん

Img_1418_2

赤壁じゃなく黒壁


Img_1430


お線香のけむりが立つ?


Img_1412

どこまでもクリスタルな心

Img_1422

ざわつく視線、キュートなマナザシ

Img_1424

ついに開かれた扉の秘密

Img_1427

止まらないジャズ演奏

Img_1432

眺めるだけの愛

Img_1428

いつ来ても連想する仏の世界

巨大ローソクの広告オブジェ

Img_1421


変わらない現実、危うい命

全部が透けて見えてしまう本当の怖さ

Img_1431

流される、流される

ふんばって、ふんばって

Img_1429

ちょいと落ち着く 和風総本家

Img_1440

見上げれば自慢の手すり

さりげない演出?

Img_1434

猫のしっぽだ

じゃあ、カエルの手はどこ?

Img_1436

ちび太の羨望、スカイツリー

Img_1423

最後はやっぱりこれ!

のっぺいうどん、

ひゃー、温まるなあ

で〆



2011年10月 8日 (土)

謎の人・伊藤萬蔵を探せ(4)

愛知県の犬山市に行った

Img_0137
犬山城がよく見える

Img_0139
ここは犬山成田山

正式には大本山成田山名古屋別院大聖寺
というらしい

山を切り崩して建てたお寺だから
階段が多い

汗をかきながら階段を上る

石段の両側の手すりには
寄進者の名が彫り込まれている

大手企業から個人までズラリ

これだけの大規模なものは
あまり見たことない

ちょっと見飽きて少し離れた一角に
目をやると
木々の下に発見!

なんとなつかしい名前だ

Img_0138

しばらく立ち止まって
じっくり確かめてみる

Img_0138_2

やはり間違いない

「奉納
名古屋市西区塩町
伊藤 萬蔵」
とある

ここのところ
少し忘れかけていた
私の秘かな楽しみ

「謎の人・伊藤萬蔵
を探せ!」

久々の再会であります

名古屋の西区は浅間神社から
七尾天神・笠寺観音

岐阜は谷汲山、奈良の興福寺など
何十という寺社でみてきた

偶然に見つける場合もあるし
きっとあるはず、と探す場合もある

発見した時の喜びは
何とも言えませんな

あった!
やったあ!

それだけのことだが
何か楽しい

これだけの石造物を寄進した人・伊藤萬蔵
とはいったいどういう人だったのか

相当財力があったのは確かだが
今の時代だったら
そんなことするだろうか

信仰心か、名声か、
その心は分らない

奇人か変人か

しかし、その信念を貫く意思は
あの強くてたくましい深い彫りに
現れている

元気なマンゾウ爺さんに逢うと
嬉しくなっちゃうなあ

また次の発見が楽しみである


 

2011年2月 3日 (木)

またまた長浜散歩

この頃、ちょっと身も心も鬱屈していた

今日は久し振りの晴れで、なんか気分良し

そうだ、長浜に行こう!

てなわけで、即断即決だ

こういう点ではリタイア身分は気楽である

ツレアイさんも「行きたい行きたい!」、で二人旅となりました

旅といっても、長浜はご近所の感覚だ

大垣から長浜までJRで740円で、名古屋と同料金なのです

しかも、大垣ー米原は35~40分、米原ー長浜10分と
約1時間あれば行けるからね

今日は、道路状況を案じて電車旅にしました

米原駅で北陸線に乗り換えですが、
やはりネックは大垣ー米原間の本数で1時間に2本
この乗り換えをうまく合わせないと
米原駅で寒い中待つことになる

JR東海さん、なんとか本数増やしてよ!

Img_0688

関ヶ原あたりに来ると、田んぼ、民家、山が雪景色に変わる

今須トンネル付近が昔から積雪量は最大で難所である

毎度のことだが、柏原あたりから見る伊吹山はすごい迫力だ
特に雪を被った姿は雄々しい姿だ
Img_0695

最近、米原駅も長浜駅も建て替えられキレイで便利になった

Img_0703
駅前にはほとんど雪は除雪されている

晴れているけど、さすが空気はひんやりしている

電車から降りた人は長浜城をめざす
今、NHKの2011年大河ドラマ「江~姫たちの戦国」
が放映中で、それにちなんで「江・浅井三姉妹博覧会」
開催中なんですね

そんな混むところは止めて、あくまで私はもっぱらお散歩です

Img_0704
ということは、まず黒壁かいわいです

Img_0706
北国街道には屋根から落ちた雪がまだ残ってます
軒下をうっかり歩くといきなり雪がドッと落ちてくるかも

Img_0730
1号館の前から散歩は始まります

今日は北国街道沿いに北に向かい、ガラス工芸
やら太閤ひょうたんやらウィンドウショッピング
右折して祝町通りをブラブラ、でも今日は休業が多い

そば八も休み、親玉まんじゅう店も休み、アレレ

大通寺の山門には雪が残り鳩が餌を求めてウロウロ

人っ子ひとりいないので、さらに東へ向かう

もう黒壁かいわいはすっかり外れて歩くのは在住の人

Img_0711
おお、目の先に伊吹山の雄姿が見えるぞ!

長浜の人はいつもこんなに身近に伊吹を見ている
かつて秀吉や光成さらにお市や浅井三姉妹も
見ていたのだろう

Img_0716
長浜八幡宮にやって来ましたヨ

だいぶん、雪が残ってます

Img_0714
お賽銭を入れて、参拝します

お願い事はひとつもしませんでした

ただ、静かに礼をしてパンパン柏手を打って
それでおしまいです

神さまにお願い事ばかりしていてもね~

やはり、ここ一番という時までとっておきましょう

Img_0718
再び、黒壁かいわいに戻ってまいりました

大手門通りです

金屋公園あたりにある八百屋さんがちょっと楽しみ
今日は、当たり前田のクラッカー、干し芋、ポンセン
を買いました

昔懐かしい駄菓子ですね

米川のそばにある石窯パンも1個買いましたぞ
ここのパン1個630円也です

でも何もつけなくても噛みしめるといい味します
荷物になりますが買っちゃいました
Img_0722
続いて、寿司屋の店先にストップ
そうだよ、今日は節分だ

今はやりの恵方巻、この店のは、いたってシンプル
昔からの中身、卵焼き、干瓢などで海鮮なんとかじゃない

もうけ主義の店はトロ、イカ、カニなんかを入れ込んで
みせかけ豪華さをネタに1300円だ、1500円だという

けど、このお店はいつもの?巻きずしで500円なんだ
そういうことで1本買っちゃった

Img_0723

海洋堂フィギュアにちょこっと入って見る

Img_0496
いつも見るだけだが、その道のファンなら絶対喜ぶぞ

オルゴールや長浜土産、ドラ、キティなどもあるぞ
Img_0498

大手門通りには石細工、せんねん灸、小物グッズ
地元の野菜や自然食品を扱うお店、蜂蜜屋など
ちょっとのぞきたくなるお店がたくさんある

新しい店が進出して街全体がますます充実してくる
だんだん賑やかになっております

ただ、残念なのは全国の観光地がまるで金太郎飴の
ように同じ顔ばかりになる恐れがあり
個性が喪失していくのではないかと恐れる

それに、平日は人が極端に少ない

観光バスが到着すると一時的に黒壁1号館から
曳山博物館あたりまでがしばし賑わう

が、時間がきたら引き潮のように人が消える
これじゃ、商売も難しい

土日ばかりで勝負するしかないから
平日は休むところもでてくる

さて、昼もだいぶん過ぎている

お昼は定番んの茂美志屋に入ってのっぺいうどんだ

Img_0726_2
寒い冬はこれが一番だ

極デカのシイタケやトロミをつけた汁、アツアツを
いただくと体ホカホカだ

土日ならこの時間でも行列ができる、が今日は
待ち時間なし

店の中は訪れた著名人の色紙でいっぱいだ
特に寅さんこと渥美清が有名で長浜ロケの時
山田洋次監督などスタッフの写真が飾ってある

こうして今日の長浜散歩は終わり、長浜駅に向かう

Img_0702

北陸線の電車からみる伊吹山が実に幻想的だった

岐阜県側で見る伊吹山と滋賀県の琵琶湖周辺での
それとは明らかに違う

近江から見る伊吹山の姿は圧倒的に我々を
威圧し、神々しい

長浜散歩はこの伊吹山の圧倒的な存在感を畏怖しながら
始まりそして終わるのでありました


2010年12月21日 (火)

そうだよな!

偶然通りかかった
あるお寺の掲示板
Img_12461
いや~意味深いお言葉でありますなぁ

海老蔵も、まさしも、法子も
「いつかは世間も忘れてくれる」

管も、小沢も、鳩山も
「どん底からいつかは這い上がる」

名古屋の河村も、境港の水木も、小説大賞のヒロも
「浮かれ気分も最高潮、そのうち落ち込む」

遼も、イチローも、白鵬も
「解ってるけどやっぱ、波はある」

そう!だからいいんだよ

悪い時にも、絶好調の時にも
この言葉を噛みしめるんだ

2010年8月 9日 (月)

何でもノーなの?

先日、中濃の関市にある有名なお寺に行った

Img_0112

門をくぐって入るといきなりこの看板だ

ナニナニ?

カメラ。ビデオ撮影は禁止!
タバコはダメ! 
自転車の乗り入れはお断り!
犬の散歩はダメ!
通り抜けはダメ!
鳩に餌やらないで!

ノー、ノー、ノーだ

これだけダメを押されると
参拝する気も萎えてしまう

確かにそれぞれもっともな理由はあろう
文化財を守りたい気持ちも理解できる

でも、
でも、カメラ撮影禁止というのは
少々厳しすぎないか!

「ここは観光の寺ではなく
信仰のためにある施設です」
と言いたいのでしょうね

そういう厳格そうなお寺の態度の割には
本堂にいた留守番役?が
Gパンで
足投げ出していたのはそぐわない

文化や伝統は
地域全体で守り育てていくのが
筋じゃないのかな

何か地元民と敵対し
上から目線のような看板が気になった

地元の人はどう思っているんでしょうかね

2010年4月23日 (金)

常滑迷宮散歩(2)

Img_1263
常滑は奇妙なオブジェ、というか
意味不明な物が多い

これなんか、そう
パイプにレンガが4つ繋いである
何だ?
不法駐車防止用?
分らん!
聞いてみたら、な~んだ、というようなことかもね
考えたら頭痛くなるわ
Img_1296
次はこれ
整然としたブロック塀
よく見ると、まんなか辺りに削ったような跡がある
車がぶつかった傷じゃないよね
彫刻?
何かマリア様のような人物にも見えるが?
分らん!
Img_1323
石垣に管が出ている
でも、レンガで封印されている
何か差しさわりがあったのか
悪いことでもしでかしたか
よく見るとニンマリした顔に見えなくもない
これも、全く分らん!
Img_1317
廃屋になった勝手口のようだが
べニアの戸が剥がれて上だけ残った
漁師の街だけにタコの一夜干しにも見える
セントレア空港で廃業してしまった
元漁師の悲哀が伝わって来そうだ

Img_1306

懐かしい匂いがする風景だ
昭和はこんなガラス戸が似合う時代だった
風が吹くとガタガタ音を立てて、
何となく切ない気持になった

映画「20世紀少年」のロケが
常滑であったんだって

そういう雰囲気あるな

Img_1289
これも何か不思議な世界でしょう?
月光が差し込んで…
何かよくないことが起こるような予感

こんな空想をかきたてるような?

これは、ある陶器製作の工場の入口にあった
瓶の中を写したものです

常滑散歩は実に面白いですなあ!

2010年4月22日 (木)

常滑迷宮散歩(1)

常滑の街に行った
やきもの散歩道を歩いた

Img_1265
いきなり巨大まねき猫だよ!
右の小さな2匹の猫ちゃん
恐れをなしてか
ピクリともしない

な~んだ、これも作品か!

Img_1334
常滑は、坂が多い
それも狭い道がまるで迷宮のように
入りくんで、上がったり下がったり

行き止まりがあったり
家の中に入っていったり
驚く場所に戻ってしまったりする

案内板はあるがあてにならない
頭の方位計がクルクル回転して
方向感覚を狂わせる

Img_1282
土管や陶器の坂には
子供が座り込んで謎の地図づくり?
いや、写生か?

Img_1287
登り窯の裏は薄暗い不気味なレンガ構造物
いっきに走り抜けた!

Img_1259
コンクリート壁をも圧倒してしまう
木々のたくましい生命感に脅威する
何か蛇か幼子の姿のようにもみえるが?

Img_1283
ともかく、貫禄ある老木が
我々の生きざまをゆったりと
見ておるようだ

Img_1322
こちらでは
電柱との一騎打ちか
まるで真央か、キムヨナか
負けじ、
と、大きく手を拡げ
緑の衣装でドレスアップだ
Img_1311
ともかく常滑の街の至る所で、
老建物が木々に絡まれている
抵抗する元気もなく
文句も言えず
恭順か、共存の形なのか?

不思議な街、常滑なのである

Img_1268
猫も多い
ここにもさりげなくいるし

Img_1292
ここじゃ、堂々とニッコリ笑って
「ヨッ、いらっしゃい!」

Img_1330
おっと、本物の猫まで大手、いや尻尾をふって
堂々の行進だ!
ぜんぜん逃げない

常滑は面白い街でもあります

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ