2011年9月 9日 (金)

なつかしい本が出てきた(1)

ダンシャリしていたら

なつかしい本が出てきた

Img_2274
月刊誌「映画評論」だ

1972年(昭和47年)10月号

と、いうことは今から39年も前だよ

目次をみると
特集・大チャップリンの肖像
ロマン・ポランスキー研究
特集・恐怖映画の逆宇宙
シナリオ「怪談・牡丹灯籠」

特に恐怖映画の逆宇宙、では
「眠れる水の誘惑」を 堀切直人氏が執筆している

いま少し読み返してみたが、
いやいや、難しいな

今となっては難解な話はとてもついていけない
けど、
中川信夫監督の映画「四谷怪談」「牡丹灯籠」は
恐怖のあまりトイレも行けないし、旅館にも泊まれない

襖、畳、しみついた天井、古びた仏壇、
狭いボットン便所、カビ臭い押入れ
よどんだ沼、薄暗い街灯の夜道、神社の裏、墓地…

じめっとした皮膚感、奇妙な静けさ、
日本の風土に特有な生活の場の吹きだまりが
恐怖の根源になっている

だから怖い

吸血鬼や狼男なんかの恐怖映画とは
比較にならない

幼児期の心細さというのか、全身が凍って震える
あの恐怖感は思い出すのも拒絶する

毎年お盆のころに限って、
こうした幽霊モノがテレビでも放映される

絶対に観ない

ワシは、ひときわ怖がりやかもしれんな

あの当時はちょうど私も就職した頃で
社会人になるのが少し怖かった

都会の群衆のなかで
ビクビクしていたような
覚えがあるな

休日には映画をよく観た

銀幕のなかでは、
強くてたくましい

ヒーローにもなれるし
悲劇の主人公にもなれる

暗闇は安らぎの場で
駆け込み寺でもあった

ポップコーンのにおいと迫力ある音響

豪華な座席にもたれて鑑賞する
今のシネコンと違って

雑多な匂いとすすけたような椅子で
食い入るようにみていた

でも、あの頃
映画に活気があったような気がする

映画が表現の場として存在感が強かった

映画に寄せる熱い情熱もみなぎっていた
深読みもして論争も盛んだった

あれは生きることへの情熱の裏返しだったのか

万博に始まる70年代は、団塊の世代が
社会に羽ばたき始めた頃だ

あれから40年、今や団塊がリタイアして
年金族になった

ちょうど72年の頃は、黄金期だったのだろうか

「映画評論」は1975年に廃刊になった


2009年9月12日 (土)

こんなものが出てきたぞ「アエラ・創刊号」

廃品回収に出そうと古い本や雑誌を整理処分していたらこんな雑誌が出てきた

005_sp0000
1988年(昭和63年)5月24日、「アエラ」創刊号です
1冊300円でした

今年で20年になる。
雑誌の廃刊が続く中ではよく頑張っている

懐かしいので、ちょっと読み返してみた

表紙はノーベル賞受賞の利根川進さん
撮影は坂田栄一郎さん

この表紙を集めた写真集「LOVE CALL」が創刊20周年記念出版された

ちなみにこの「アエラ」という名は
Asahi Shimbun  Extra Report  Analysis
朝日新聞報道・分析特別版ということで
ラテン語では「時代」の意味だと
創刊号の編集長(富岡隆夫)が書いている

記事は
「よど号」事件少年犯人の密入国
ソ連軍アフガニスタンの敗北
税制改革「笑顔の恫喝」
など
なんかピンとこない
大昔の歴史的な時代になっているんだ

そのころ私が楽しみにし、最初に読んだのが
「現代の肖像」だった

創刊号では「政界の暴れん坊を支えたハマコーの妻」が登場した

冒頭に
「現代はどんな時代なのだろう。
様々な人物に光をあてて、浮かび上がってくる肖像を通して
現代の意味を探る。
読み切りの人物ノンフィクション。
気鋭のライターと本社記者による競作シリーズである。」

そのころは、ずいぶん買っていたなあ
しかし所詮週刊誌だからたまり過ぎたら捨てる
でも「現代の肖像」だけビリビリ破いてファイルしていた

これだけはまだ捨てられず持っているんだ
たとえば
田原総一郎「金に興味はない。金を作っている人間に興味がある」
李 麗仙「紅テントがなくても、私は私」
植木 等「紅白を独占した初老のスーダラ男」

なぜ、今この人が注目を浴びるのだろう
それが今という時代にふさわしいからだろう

まあ、とれとれの鮮魚みたいに光っていたのだろうなあ

激動の昭和という時代の終わりに創刊されたアエラ
そして平成になって
バブルの時代、9.11、サブプライムなどなど
世界はどこ向いて走っているのかわからなくなってしまった

いつのまにかアエラから遠ざかってしまった
最近アエラは本屋の立ち読みか図書館で借りるくらいだ

最近の記事

たとえば2009年5月4日号
「40代vs20代の婚活闘争」
「草彅 剛容疑者・淋しき泥酔」

2009年7月6日号
「時間地価で割安駅探す」
「草食カレと結婚したい」

とにかく、新コピーの氾濫で、なんでも現象、ブーム
しかし本当にそうなの?という疑問符がつく記事

Aさん、Bさんのインタビューやらアンケート調査とかでいかにも
もっともらしく装っているけど
東京という大都会の偏った部分でしか見ていないのではないか

あまりに最先端のハヤリ言葉の遊びとしか思われないのだ

まあ週刊誌はとにかく売らなきゃならないので
やたらに新しいコピーやらトレンドを売り込んでいる

最近「月刊ジュニアエラ」という小中学生向けの月刊誌も創刊された

行け行けどんどんだ

でも、私としては、けっきょく着いていけないね

なぜだろう

「アエラ」という名づけ親の眞木 準さんはコピーライターだったが
当初、読みにくい、わかりにくいという声が多かったらしい
彼は、読みにくいほど忘れないので差別化できるんです」と納得させたとか

そして「最近はブログなどの流行で言葉が軽んじられ、
イージーなキャッチが氾濫している」と心配していた

その眞木さんが6月に亡くなった




2007年8月24日 (金)

フリーマガジン研究(1)求人情報誌

いわゆるフリーマガジン・フリーペーパーなるものが
氾濫している
086
JR、名鉄、地下鉄などの駅、
アピタ、ユニーなどスーパーや薬局、本屋
ローソン、ミニストップなどコンビニの店頭に
専用のラックが備えられ置かれている

その種類は、年々多くなり
かなり目立つようになってきた

私もたまには興味本位で手にとってみる
とくに「ホットペッパー」など
飲み屋やレストランの飲食系が中心だった

でも、種類や数からいうといわゆる「求人案内」情報系が圧倒的だ

手に入った情報誌について見てみよう
13_006
「TOWNWORK・タウンワーク」
大垣駅にあったもので「岐阜・西濃版」
毎週月曜日発行 もちろん0円だ
あの大手リクルートが発行している

140ページで「特集未経験OKの仕事」「メリットいっぱいの仕事」
などの企画モノや地域別の求人情報などギッシリ掲載
どの情報誌にも「読み方」が説明がある
正社員、アルバイト、パート、派遣スタッフ、契約社員、業務委託員
確かに、わからんよな、違いが。

各誌とも、それぞれ特徴を出さんとして工夫している
「お手軽100円クッキング」『お仕事大図鑑』

「アパレルスタッフ」ってどんなお仕事?
お客さまの服選びをサポートします‥‥なんてことがコラム風に

求人欄を見ると、岐阜・大垣の「郵便配達スタッフ」や
中部電力での電話受付だったり
旅館の朝食係、医療事務、警備員、カフェスタッフ、レジ係など多種多彩だ

9_009
DOMO ドーモ」名古屋版
名古屋の地下鉄駅で手に入れた
毎週月曜日発行 アルバイトタイムスという会社が発行
194ページで特集は「写真つきの販売・サービスのシゴト」
JR高島屋への派遣販売員、ユニクロ、ミキハウスの販売スタッフ
名古屋パルコ、コメ兵なんかもある

息抜きとして「オモシロ雑学」「知っ得・体のツボのいい話」など
まあ、そこそこ楽しめる記事だ

7_001
週刊ゲットサポート」名古屋版
これも名古屋の地下鉄駅でゲット
「あつまるくん求人案内」姉妹誌、とある
これは、九州地域でがんばってる求人情報誌
1冊100円で販売されているが
この無料版で平成14年に名古屋にも進出した

毎週木曜日発行 雇用促進事業会が出している
60ページ程度

特徴は「今週のTV番組ガイド」と履歴書の用紙が付いていること
キァイーンがイメージキャラクターだ
なぜか「お一人一冊ご自由にお持ちください」と書いてある
007
JOb aidem」名古屋周辺・西三河版
毎週月曜日発行  アイデムが発行
最近リニューアルして、テレビでも宣伝中
紙質がよく、カラー印刷が目立つ
新聞折り込みもあるようだ

「しごと豆知識」映画や新刊書の紹介のある「インフォメーション」
など楽しめる
12_007
DOCAN」ドカンと読む、名古屋地下鉄駅で見つけた
毎週月曜日発行 三原社という名古屋の会社が発行
1992年創刊だからけっこう昔からやってますな
名古屋と尾張地区限定の求人情報誌 80ページ

『節約のススメ』「ことわざ比較」のどのミニ知識あり

その他にも、「anエリア」なんてのもある
いったい何種類の情報誌があるのか

それに
採用人員についてはほとんど記載がないが
この各情報誌に載ってる求人の需要が全部満たされたら
いったい何人雇用されることになるのだろうかな、
そんなに人手が不足しているのだろうか
なんてことを考えてしまう

毎週毎週これの繰り返しであるから、やっぱり人が足りないのだろう
パート、アルバイトを渡り歩いたり
転職転職の連続という人もいるのだろう

フリーマガジンの求人情報誌なんてものは
数年前はそれほど目に付かない存在だったと思う

学生のアルバイトや主婦のパートタイマーが主流で
新聞の折込広告や大学の掲示板を通じて募集していた

大きな変化は会社やお店の雇用形態が変わったことだろう
業績向上のため、リストラ、人件費削減、退職後の採用手控え
契約社員、派遣社員などへの切り替え、専門職化など

終身雇用制度も見直し、アメリカ的な株主優先意識で短期利益追求ばかり
で会社の従業員を平気で見捨てる経営方針に転換

会社でじっくり人を育てるような余裕もなく即戦力ばかり期待する

人材は不足しているのに、若者はニートとフリーターが増える一方だ
不安定な雇用関係の中では、若者は展望も未来も読めない

経済社会があまりに利益優先でゆとりもなく何のために働くのか
そういうゆううつな気分になるんじゃないのか

求人情報フリーマガジンの氾濫は、そんなことを表わしているような気がするのです

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ