« 路上の枯山水 | トップページ | 玉ねぎを売るLCワールド本巣 »

2016年8月29日 (月)

ヤナゲン・食品館がついに閉店

あ~あ
ついにやっちまったか

大垣駅前の老舗デパート
「ヤナゲン」のB館の食品館がとうとう閉店になった

8月21日に出かけたら照明は消され張り紙がされ
人の姿も消えていた

Img_7007
もっとも資本はすでに滋賀県の平和堂に取り込まれていた
「ヤナゲン」の名は残しながら細々と営業していた

B館は2階以上はすでに閉鎖され1階の食品館は継続され
A館もなんとか営業されていたが土日でも客は少なかった

Img_6998
どこの地方都市の駅前通りもシャッター街化して
昼間でも人がいない活気なさである
大垣も例外ではない
Img_7009
特にヤナゲン周辺は人がいない
駅前交差点は地下道で歩道はなかったが
今ではスクランブル交差点方式で歩行者・自転車も
通行可能になったが
 
渡る時間が短すぎて
老人や足の不自由な人には過酷すぎる

岐阜駅前のように
駅からスムーズに商店街に行けるような立体通路が

あるといいのだがそんな話も出てないし
Img_6999
大垣市が駅前再開発で高層マンションを建設中で
ようやく賑わいを見せる兆しかな、と感じた矢先

このヤナゲン食品館の閉鎖である

「もう少し待てなかったのか」と思うけど
そこは資本の論理だ

不採算店はズバズバ切っていくのだ

地方の個別の事情など聴く耳はない

跡地には高層マンションを建てるらしい

確かに地方都市でも交通便利な駅前に
高層マンションの需要は多い

駅前商店街の経営者の高齢化と衰退で
空き家が多くなりそっくり跡地が住宅に変わる

もはや地方都市の駅前商店街は存続が難しい時代だ

東京首都圏にあらゆるものが一極集中し

東京カネモチ地方ビンボウ!

東京ピッカピカ地方ボロボロ!なんだ

八百屋も
魚屋も
惣菜屋も
書店も
地方ではまず成り立たない

Img_7005
このヤナゲンA館は1階に果物屋など一部移転し、
通常通り営業を続けていくようだが
先行きはきわめて不透明だ
私も時々食品館を利用していた
「ちょこっと買い」にはとても便利だった

吉田ハムの「飛騨牛の串」なんか美味かった
総じて高齢者が多かったな
今後、この人達はどこへ行くのだろうか
大垣駅北口のアクアウォークのアピタや
ラ・ムーあたりか

バローかトミダヤも遠いから
自転車はキツイだろう

買い物難民が多発!

昔のような活気ある商店街は無理にしても
もう少し違った賑わいや楽しみがある駅前ができないだろうか

ランキングに参加中
↓をクリックしていただくと励みになります


にほんブログ村

« 路上の枯山水 | トップページ | 玉ねぎを売るLCワールド本巣 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/67230559

この記事へのトラックバック一覧です: ヤナゲン・食品館がついに閉店:

« 路上の枯山水 | トップページ | 玉ねぎを売るLCワールド本巣 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ