« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月27日 (水)

お千代保稲荷参道は縁日の懐かしさ

日本三大稲荷のひとつ
お千代保稲荷

ホントにそうかなあ(笑)

お稲荷さんといえば
まず京都の伏見稲荷です

ふたつめは東海地方の人は
たいてい豊川稲荷です

あとの3つめがバラバラなんです

まあ、岐阜県、特に西濃地方では
圧倒的にお千代保稲荷を入れます

そういう権威づけしたところで
どうってことないけど

そのお千代保稲荷に久しぶりに行って来ました

Img_021622

神社それ自体の規模は小さいです

油揚げを買ってお供え、
商売繁盛を祈願してオワリます

私なんかはお賽銭入れてパンパンしておわり
願いごとはしません
世界平和を祈ったりもしません
黙って頭下げるだけ

10分かかりません

でも参道は平日でも賑わっておりますね
いつ行っても善男善女?がゾロゾロ
Img_0204

この参道をぶらつくために多くの庶民が訪れます

年寄りが大半です

アベノミクスの恩恵など微塵も受けない
年金生活者のオンパレード

普段着で軽自動車に乗っての老夫婦や
ご近所のお茶仲間のおばちゃんグループ

ま、若い人もいますけど平均年齢は高め

たま~に若い女性を連れた金縁メガネの
成金タイプ風の紳士?もおられます

一攫千金でウハウハの人もお礼参り?

聞いた話では
月末の夜から翌朝は大賑わいらしいです
あらゆる商売関係の人が真剣に?お参りされるとか

でもそんなの一切関係なし

ほとんどの人は買い物ツアーみたいなものです

どの店もごくごく庶民的なものばかり並べてあります

年金生活者にヤサシイものばかり

とにかく昔なつかしい食べ物や雑貨など
あるある

まるでお祭りの縁日みたい

菓子屋さん
Img_0205
ごちゃごちゃした並べ方に圧倒されますね

漬け物屋さん
Img_0219
スーパーのようにしゃれたパックは関係ない
一本単位でいいよ

植木屋さん
Img_0210
自宅の庭に植えたくなる?

果物屋さん
Img_0206
どの店も段ボールに手書きの商品書き


麩の専門店さん
Img_0218
歯のない年寄りご愛用です
麩なら何でもあります

おばちゃん専門衣料雑貨店
Img_0207
よう分からん取り合わせがズラリ
見るだけで楽しい

おもちゃ屋さん
Img_0231
かつて流行ったフラフープもあったり

八百屋さん
Img_0208
トマト、ふき、タケノコ産地は不明ですが
こだわらなければOK

上を見上げれば
Img_0201
でっかいナマズ、ナマズ料理を皇室の方も
召し上がったそうです

海のない県、岐阜は川魚専門店も多い


海老とナマズ
Img_0228
大阪の道頓堀の看板に負けないぞ

さてさて、腹が減ったら串カツだ
Img_0226

串カツといえば「玉や」さん
老舗中の老舗だ

立ち食いが楽しい
ソースか味噌をつけて食べる

串の本数で精算するしくみだ

土産もいいけど、
揚げたてをフオフオ食うのが一番うまい
Img_0224

お千代保稲荷に来たら
串カツ食わない手はないよ


参拝者はほとんどマイカーなので
何でも買っていく

植木でもOK
くさい漬物でもOK
タケノコ、ふきなんか電車ではとてもNGだけど
ここでは平気平気

スーパーにも並べてないような商品が
ここでは何でもアリ

デパートの高級食材とは無縁です

いつ行っても祭りの縁日のような賑わい
ドキドキ感あり、冷やかしOK
立ち食いOK

全体の雰囲気がこうだからいつも庶民が集まる

GWはたぶん無茶混みするだろうけど
一度行ってみたらどうですか!

ランキングに参加中
↓良ければクリックお願いします


にほんブログ村

2016年4月 4日 (月)

桜に酔った 満ぷくウォーキング

JR東海のさわやかウォーキングに参加しました

今回は西濃のおひざ元、大垣市の北にある神戸町から
大垣駅まで桜満開の中を歩くという魅力的なコースだ

養老鉄道広神戸駅をスタートして広い通りを南に歩く
Img_0057_3

1キロほど行くと輪中堤が東西に連なっている
Img_0108_2

緩やかな坂を上がる

桜並木が遠目にも美しい

Img_0071_2

この輪中堤は大垣市の市街地を洪水から守るために
何百年も前から築かれたもので最北端に位置する

桜はいつ頃植えられたのだろうか
今では憩いの場として
散歩やジョギングする人も多いとか
Img_0082

桜のトンネルをゆっくり歩く

菜の花に桜がよく似合う

まさに春爛漫である
なぜか桜は気分を高揚させる

ブログもついつい饒舌になるね

Img_0114

土手から見下ろす緑に桜色が映える

Img_0072_2

神戸町のゆるキャラ「ばら菜」ちゃんがいた

Img_0075_2_4

臨時の屋台も出てまさに「さくら祭り」だ

Img_0076_2

建設中の東海環状道路がこの輪中堤を横切る

名神高速JCから大垣西ICを通りこの先揖斐川を越え
「神戸・大野IC」へ、さらに岐阜市の北部
さらに美濃・関の東海北陸道に繋がる予定だ
Img_0077

どこを見ても満開の桜が目に飛び込む
Img_0106

こんな華やかな景色はこの時期だけ見られる

それが毎年の楽しみでもあるけどね
Img_0079

ワオ!桜のトンネルがずーと続く

Img_0112

シニア世代が多い中、家族連れもけっこういますね
Img_01132

天気は曇りで今夜には雨らしい、の予報
風もなく今日は絶好の花見びより

曽根城公園ではビンゴゲーム大会?のイベント
大賑わいでした
Img_0096

左の川は揖斐川の支流・平野井川で
この堤防が今でも守る現役だ
Img_0089

水防倉庫はいざというときの資材が蓄えられている

明治時代でも曽根地区で破堤し洪水が起きたのだ

まだ記憶に新しい昭和時代、長良川「安八洪水」でも
輪中堤が実際役立ったのだ

Img_0102_3

まだこの先輪中堤の桜は長く続いているが
今回のコースは岐阜経済大学で降りて
大垣駅までまっすぐ南へ進む

ここにも用水路上に桜並木が延々と続く

ここも満開である
Img_0122

約2時間ほどで大垣駅到着ゴール
8.4キロの短いコースでしたが
数年ぶりのウォーキングで少し疲れました

ついでに大垣城の桜も見てきました
Img_0147_2

ここも桜見物客で大賑わいでした

Img_01352

駅前通りで「元気ハツラツ市」も開催中で
アニメのデコ車やコスプレの若者が大勢いた

普段はシャッター街も今日ばかりは賑やかで
活気があり生き返ったようでした

イヤー、桜に酔った酔った酔いしれた
満足、マンゾクのウォーキングでした

ランキングに参加中
よろしければ↓をクリックお願いします


にほんブログ村

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ