« もう秋か | トップページ | 無用橋 »

2015年8月30日 (日)

救急手当された古木

Img_4547

アレレ、見るからに痛々しいじゃないですか
頭っていうか顔っていうかバッサリ切られてしまった

恥ずかしいのか顔を覆ってしまってある
しかも、新聞紙ですよ

もしかして救急手当のつもりでしょうか
もう少しカッコよくできなかったものですかね

可哀想です
かつては堂々とした雄姿が見られたはずなのに

今じゃ見る影なくこんな姿になって
お気の毒です

いっそのこと、根こそぎ一刀両断にしてやれば
こんな老体さらさずに済んだのになあ

生き物には潮時ってものがありますぜ

(岐阜県本巣町で採取)

« もう秋か | トップページ | 無用橋 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 救急手当された古木:

« もう秋か | トップページ | 無用橋 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ