« さよなら酒 | トップページ | もう、パソコン駄目かも »

2013年8月21日 (水)

醒ヶ井の梅花藻

今年の夏はとにかく暑い!

度を越している
焼けつく
家の中はサウナ状態

二階など毎日37度だ
窓を開けても熱風がひどい

毎日バテバテで何もやる気がしない
仕事の人は外に出ただけで汗だく

日中はほとんど外出せず
クーラーかけてひっそり暮らす日々だ

で、久し振りにドライブ!

最近、ごぶさたの滋賀県!
でも、岐阜県にごく近い
米原市の醒ヶ井にゴー

目的はバイカモ!

そう、あの梅花藻です

JR東海道線、醒ヶ井駅からでも
歩いてすぐあります

マイカーは駅前の「醒ヶ井水の駅」の
無料駐車場に置いて歩く

国道21号線のひとつ南を通る街道
中山道、醒ヶ井宿
暑い日中で、地元の人は誰もいません
ひっそりしてます
Img_2872
宿場のド真ん中を流れる地蔵川
Img_2885
石橋を渡って進みます
Img_2869
観光客もチラホラ
このくそ暑いのに元気ですね
Img_2868
歩いているのは、中高年のリタイヤ組
それもなかよし夫婦が多い
大型カメラなんか首にかけて
芸術写真でもと張り切るんですよね
Img_2875
川の中に生えている水草の一団
これが…
Img_2867
そう、梅花藻です
とっても小さな白い花です
水中でも咲いてるので水中花ですね
Img_2883
地元でも大切に守っています
それにこの川は生活の一部なんです
Img_2862
例えば、この小さな水車
クルクル気持ちよく回ってます

観光用かもしれませんが
実は里芋の皮むきに使うんです

私の地域でも昔はよく見かけました
これが気持ち良いほど
キレイに皮がむけちゃいます
Img_2884
で、こんな看板もあります
左が醒井タケルくん
右がおむすび忠太

ヤマトタケル
番場の忠太郎、の二人です

Img_2878
加茂神社の横にある
ヤマトタケルの像

居醒の清水で顔を洗って
正気を取り戻したという
古代の伊吹山伝説
Img_2881_2
この岩からこんこんと水が湧き出ています
澄み切った山の地下水で水量豊かです
Img_2882_2
ちょっと水に手を突っ込んでみました
ヒヤー、チメタイ!

すごく気持ちイイ!
顔、首をなでると冷気サワヤカだ

ラムネやスイカが冷やしてありましたが
冷蔵庫で冷やしたのとは違うんだ

自然のほどほどの冷たさ
これがいい

水は生き物万物の源だ
西濃地方では最近雨がほとんど降ってない

木々や野菜が萎びてきている
でも、渇水までには至っていない

揖斐川も大丈夫そうだ

でも、水はやっぱり大切だよな
この頃、野菜に水かけが日課になってる

人間もちょっと枯れ気味だ

で、今日はほんの少し潤った気分だった

« さよなら酒 | トップページ | もう、パソコン駄目かも »

コメント

面白くて楽しいブログですね。
最近読者になりました。
宜しくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/52972204

この記事へのトラックバック一覧です: 醒ヶ井の梅花藻:

« さよなら酒 | トップページ | もう、パソコン駄目かも »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ