« ネズミの逆襲 | トップページ | 大津谷公園の桜が満開 »

2013年3月24日 (日)

デパートの屋上

久し振りにデパートの屋上に上がってみた

名鉄百貨店名古屋本店であります
自動運転のエレベーターで「R」を押した

「上にまいります」の
アナウンスもなく
かつての華やかななりし頃の
デパートガールは今はいない
殺風景な箱と化す

屋上階のドアが開いてみると
ここは倉庫の入り口か

どうやら歓迎されていない

キョロキョロしながら
外に出ると庭園が申し訳程度に
一応ありました
Img_4553

職人さんが花木を植えかえたり
散水したり手を入れてるが
全体的にショボイ印象だ

カネをかけていないことは明白

辺りを見回すと人もまばら

お婆さん連れ、
冴えない営業マン
昼寝のオジサン

ヒマそうな人ばかりだ

かつて、僕らの若いころ
昭和の時代は賑わっていた

遊園地があった
アイスクリームやお菓子を食べながら
ミニ列車などの乗り物が動いていた

デパートでお買いものして
食堂でお昼を食べ
屋上で子供が遊ぶ

楽しい休日の定番だった

夏にはビアガーデンがあった
生ビール、焼き鳥が美味かった

あの頃、デパートは夢を売っていた
何でも売っていた

けど、私のデパートのイメージは
あの、マネキン人形でありました

ホント怖かったね
近寄りがたかった

あの哀しそうな目!

それでも、両親に連れられての
デパートめぐりは楽しかった
ワクワクもした
Img_4541

いつからデパートが凋落したのだろう
今や、地方のデパートは消滅寸前
すでの多くが撤退したり廃業したり
スーパー系や量販店に代わったり

デフレと不景気で高級品は売れない
物価が下落してモノの価値が分からなくなってきた

嗜好が変わったのか

一方で高級ブランド品の人気も根強い
しかし、デパートではあまり買わなくなったのだ

デパートで一番賑わっているのは地下のグルメ街だ
行列をつくっている
ここばかりは好景気だ

一億総グルメでどっち向いても
何でも食いたい餓鬼ばかり

しかし、上階にいくほど人もまばらで
かつての紳士服などメンズコーナーなんか
閑散として歩くのも気が引ける

時代とともにデパートの存在価値も変わった
屋上など見向きもされなくなった

Img_4546

商売繁盛の「お稲荷さん」だけが
いまなお健在だった

« ネズミの逆襲 | トップページ | 大津谷公園の桜が満開 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/50928858

この記事へのトラックバック一覧です: デパートの屋上:

« ネズミの逆襲 | トップページ | 大津谷公園の桜が満開 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ