« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月28日 (木)

神々しい山々

暖かな日差しで、
春到来間近し、を思わせる一日だった

揖斐川の西あたりから北を見ると
雪を被った山々が浮かび
稜線が気持ちいいほどくっきりと見られた
Img_4485

こんな光景は年に何度見られることだろうか

濃尾平野の北西端には木曽三川のひとつ
揖斐川が流れている

その上流には有名な古刹や伝説の池がある

美濃の正倉院、ともいわれる両界山横蔵寺であり
西国33か所観音霊場の満願寺の谷汲山華厳寺である

いずれも天台宗の寺院であるが、
山岳密教の影響を受け
歴史的にも価値があり
今でもどこか神秘性を帯びた寺院である

信長の焼き打ちに全滅した叡山に
この横蔵寺の本尊薬師如来が遷座されたのである

この如来は最澄自らが掘り上げた2体のうちのひとつで
天台の本山・延暦寺にいわば強制的に取り上げられた
ものだろう

そんな歴史があるのにだれも知らない
Img_44921

谷汲山も名鉄線が廃止となり、観光バス、マイカーでの
巡礼客ばかりになったが、昔は歩くしかなかった

大垣の赤坂から中山道を分岐し、北に向かう巡礼街道
には今でも、乳くれ地蔵、接待所など史跡が残る

行き倒れて無縁仏となった人々が、北の山々を見て
涙を流したのだろうか

こうした寺に五木寛之、や梅原猛らが訪ねている

今日、かつての勢力も失い、山奥の古刹として
生き延びているが、ここにも地方の哀しみがある

一方、伝説の池もある

越前との国境、三国岳ちかくの稜線上にある
伝説の池は、恐ろしいほどの静寂ななかにあって
人を寄せ付けない神秘性がある

いわゆる夜叉姫伝説のある「夜叉ケ池」である

揖斐川の流れる下流の神戸町安次には夜叉堂がある
安八大夫安次の子孫である石原伝兵衛が毎年7月に
夜叉が池に登り龍神さまにお参りしている

こうして澄み渡った空のむこうの遠くに見える稜線から
寺院や池の位置を特定するのは難しい

でも、西美濃から見る越美の山々は何とも神々しい

とくに今日はそう感じた







2013年2月26日 (火)

春のきざし

Img_4432
                   〈揖斐川)
今日は、穏やかな日でした
陽が少しずつ春らしくなってきた

しかし、風はまだまだ冷たい

秋田、青森など日本海側では記録的な豪雪だ
5メートルなんてとても想像できない

いかに雪に慣れているとはいえ、
これだけ積もると大変だろうな

予算不足で除雪経費が削減されて
ますます厳しい生活を強いられる

西濃でも雪がよく降る
が、全く桁が違う

北陸、日本海側の雪が山を越えて
西濃地方に飛んでくるのだ

おまけのようなものだ
Img_4440
                  〈池田山)
それにしても
豪雪や大雨はやっかいなものだ


毎年、必ずこうした災害がやってくる

地震も
津波も
寒波も
熱波も
雪崩といった
ものも含め天災はいつでもやってくる

南北に細長く海に囲まれた日本の国の
言わば宿命なのだろう

この激しい自然現象が
一方では、美しい四季と豊かな実りをもたらす

春夏秋冬の色合いは、生きていることの喜びも
与えてくれるのである

こうした自然への脅威と感謝は、さまざまな神を生んだ

山にも、
木や森にも、
岩にも、
水にも、
土にも、
風にも
太陽や月、海などにも
それぞれ神が宿った

森羅万象に神が宿る、
まさに八百万の神で満ち満ちた風土が
日本なのである

古代、知識もハイテク機器も何もなかった時代
西に沈んだ太陽が、再び東から昇ってくることに
驚きと感謝の念が湧きおこったのはごく自然なことだろう

今日でも、元旦や登山の折り、朝日が昇ってくると
手を合わせ、あるいは「バンザイ!」と叫ぶ

神々しい

陽がそそぎ、水が流れ、大地が潤う

自然の営みこそ、まさにわれわれ人を始め、
あらゆる生命体を生かしてくれる根源なんだ

それがどうだろう

今やこのアタリマエのことを忘れかけている

テレビのニュース、旅番組や
ケータイサイトをチェックしなくても
ほら、足元をみれば
耳をすませば
手をあてれば
かすかな風の匂いや
小さな雑草ひとつにも
春の息吹が感じられる、
と思いませんか

われわれがし知らなくても
木や草花のほうが季節を確実に感じ取っている

田や畑に出かけると
ホント、そう思います

あ、そうそう
またまた雑草に悩まされる季節
花粉症に苦しむ季節
野菜作りの準備に忙しくなる季節
春祭りがやってくるし
眠っていた虫や蛙が動き出す季節

活動開始だ!

冬の間、寒さと運動不足で鈍っていた体が
何となく重い

自分もまだ冬眠状態だった、のか

今日はそんなことを感じた日でした

2013年2月15日 (金)

ストレスなパソコン

先日からパソコンが故障していた

Img_2425_2

パソコンのテレビソフトに異常が発生した

NECのスマートビジョンというソフトだ
どうやらこのソフトはやっかいなもので
あちこちでトラブルが続いているらしい

テレビを観ていると突然消えてしまったり
毎日、番組表の自動取得時にフリースしてしまう

修復の仕方がさっぱりわからん
まさにブラックボックスだ

ネットであれこれ調べてメモし恐る恐る試してみる

こういうことは、イライラがつのる

そうなるとパソコンそのものに不信感だ
「どうなってるんだ! こいつは!」
「バカソフトだ!」などと悪態をつきたくなる

で、やっとまともな修復サポートらしきものがあった
それによると2009年4月製品も対象だった

で、やっと修復できたのである

この間、毎日何か落ち着かず
ちょっと暗い日々でありました

シニア世代には辛いのであります
メカに強い御仁もおられますが
いわゆる取説を読んでもさっぱりですからね

ケータイ、車、電気製品など
毎年、新製品が登場します

買ってもいいけど
駄目だな!

第一使いこなせない
もしくは絶対使わん機能が満載されて
しかもお高くなっております

シンプル イズ ベスト

そのほうが故障も少ない

パソコンも今やウィンドウズ8になってるし
どこまで行くのか

どっか便利さと引き換えに
なんか大事なものを失ってるような気がするな

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ