« おしつけの東京 | トップページ | ストレスなパソコン »

2013年1月26日 (土)

カオダス(西美濃1)

観光地に行くと出くわす

そこにまつわるキャラクターなどの
看板をつくって、顔の部分が
くり抜かれてあるモノ

それをデジカメでパシャっと撮る

記念写真の一種ですかね

そう、アレ、のことです

正式名称はないのですが
顔をはめるので「カオハメ」とか
穴から顔を出すので「カオダシ」とか
「首入れ」とか
要するに勝手につけりゃいいんですが

以前に「顔出し看板大全」なんて本があった

で、そこでは「カオダス」と名付けていたので
それを使おう

まずは地元・西美濃地方から
採集したもの

谷汲・華厳寺

Img_2398
西国三十三か所の観音霊場のラスト
谷汲踊は背中に大きな羽のような飾りをつけて
太鼓をたたきながら舞う

なかなか見事なものです

これ、駐車場の横、トイレの隣にあります

あんまりここで写真撮ってる人いないな
やはり、参拝が目当ての年配が多いので
フザけた(ような)写真は嫌われるのかな

Img_2409

これも谷汲山なのですが
「いのりちゃん」っていう巡礼姿をした
少女のキャラクターです

最近、登場したもので
お店の横にたくさんおります

ただカオダスは、これひとつだけ?でした

駐車場の横にある観光案内所に置いてあります

おっさんが顔をだすと
どんな雰囲気になるか
想像したくありません

大垣市・奥の細道むすびの地記念館

Img_34061
御存じ大垣は松尾芭蕉の奥の細道の
旅の最終地、いわゆる結びの地ですね

昨年4月にこの記念館がオープン
今年の2月には20万人に達するとか

えらい人気です

名誉館長に俳人の黛まどかさんが就任

昨年12月には天皇皇后さまもご訪問されました

入り口にあるのがこの「カオダス」

右はもちろん芭蕉さん
左のロボコンみたいなのは誰かな?

同行した曽良かな
たらい舟に乗ってるから船頭?

大垣市のマスコットキャラクターの
「おがっきい」じゃないだろうな

ちょっと不明
また聞いておきます

西濃地方の観光地はあちこち出かけてますが
この「カオダス」があまり見かけないねぇ

私がまだ発見してないのもあるけど
どうだろう

何となく土地柄が生真面目すぎるんじゃないの

もっと遊び心、っていうのか
おふざけがあってもいいような気がする

その点、滋賀県はカオダスの宝庫だね

「カオダス」って本も
滋賀県「顔出し看板」発掘再生新規開発委員会
なんて組織が発行したんだからね

凄いよ

やはりご当地キャラの元祖「ひこにゃん」を
生んだ土地柄ですね

みんなで集まってワッとやる
そういう元気な地域にしないと活性化の掛け声だけで
終わちゃうよ

また、「カオダス」探しに行ってきま~す







« おしつけの東京 | トップページ | ストレスなパソコン »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/48969952

この記事へのトラックバック一覧です: カオダス(西美濃1):

« おしつけの東京 | トップページ | ストレスなパソコン »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ