« 「亦奇録」は面白い(3) | トップページ | ズームアップ長浜 »

2012年6月 3日 (日)

水まんじゅう大競演

水まんじゅうは、大垣の夏の代表的和菓子だ

Img_1766

和菓子屋さんが大集合しての
「水まんじゅうの食べくらべ」が実現した

6月3日、大垣市の駅前通りで第一日曜日に開催される
「元気ハツラツ市」の特別イベントである

Img_1768
いつもガランとして人気のない駅前商店街だが
今日は大勢の人が出てきて活気がある
Img_1771
ダンス、三味線、段ボール迷路、フリーマーケット
大垣菓子博、お菓子アウトレット市、などなど
Img_1787
「水まんじゅう食べくらべ」には
大垣水まんじゅう製造組合(24店)のうち、8店が
参加した

菓子業同盟会青年部の50周年の特別企画だという

といっても、その場で試食してメーカーを当てるとか
そういうのではない

各店が自慢の水まんじゅうを一個づつ計8個を
ひとつの箱に並んである
Img_1795

いかにも涼しそうな包装紙の中を開けてみる

Img_1797
お店の名前が貼られている

金蝶園総本家
槌谷
餅惣
金蝶堂総本店
長松金蝶園
みやこ屋
胡蝶庵
近藤せんべい本舗

の8店だ
それぞれ美味そうだな

説明書き「水まんじゅう食べくらべセット」
を読むと原材料名が少しづつ違う

餡は小豆か白餡
外を包んでいるのが、葛、わらび粉、寒天

作り方は企業秘密、だろうな

Img_1798

家の冷蔵庫で冷やしてひとつ食べてみた

ひんやり、ふんわりした食感と、
中身の餡のやさしい甘みが
マッチしてなかなか美味いですな

本当は大垣の地下水(井戸水)で冷やして
暑い夏に渋茶でいただくのが良いんでしょうがね

1個じゃもの足りん
他のももっと食べたい

そうなると8個全部食べないと比較ができないことになる

仕方ない、皆で分けて食べるか

駅前商店街には、この水まんじゅうを販売するお店が
あちこちあります

JR大垣駅すぐに「槌谷」
Img_1793

その先に金蝶園総本家
この店先は行列ができてました
Img_1792


Img_1791


西側に大垣城東門あたりに「餅惣」

Img_1780

東側に「金蝶園総本家」
Img_1776

などです

その外、大垣には「金蝶○○」の名が多くありますが
酒がほんのり香る「金蝶まんじゅう」も
大垣の銘菓のひとつでありますね

それを造る和菓子屋さんが暖簾分けしてできたので
よく似た店名ばかりでややこしいんです

水まんじゅうを起爆剤に大垣の街がもっともっと
賑わうといいな

それにしても
「水まんじゅう、こわい」

それから
「冷たいお茶もこわい」

« 「亦奇録」は面白い(3) | トップページ | ズームアップ長浜 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/45515036

この記事へのトラックバック一覧です: 水まんじゅう大競演:

« 「亦奇録」は面白い(3) | トップページ | ズームアップ長浜 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ