« ソラマメだ | トップページ | 水まんじゅう大競演 »

2012年6月 1日 (金)

「亦奇録」は面白い(3)

Img_3360

小原鉄心に会いに来た子安鉄五郎(のちに峻)は

「先生、ぜひ明日は横浜にお寄りください。
お待ちしております」と誘った

この日(4月4日)は保土ヶ谷で一泊

翌5日朝、鉄心先生、一行を引き連れて横浜へ行くことになった

神奈川宿から田舎道を進むと港に着いた
番所で通行手形を見せて中に入る

子安が勤務しておる運上所を訪問
今で言う税関ですね

子安は
「ようこそいらっしゃいました」と歓迎して酒を出す
彼は通訳に仕事をしていた

余談ですが、明治になって彼は読売新聞を創刊
初代社長に就任している

まあ、当時の大垣藩は随分人材が揃っていたんだ

その彼の案内で一行はあちこちに見物に行く

まず、製鉄所、次に木工所
そしていろいろな異人館だ

2階、3階建て中には5階建てもある
どの建物も切石が貼られた、しっかりした造りで
その様子は宏壮で構築の美を極めたものである

公館、宗教施設、商業地区があり、
占いの店、酒場、肉屋など何でもある

まるで外国に来たような感じだったらしい
そりゃ胸ワクワクで楽しかっただろうな

酒場に若い女がいて、つまみや酒を勧めてくる
そこは酒大好きの鉄心先生だ

グラスになみなみ注がれた洋酒をぐい、と飲む
酒の名はピーチ、チェリー、ワイン
肴は肉汁で煮た鯵とポテトだ

美味かったからかお礼を言って金を払おうとしたが
受け取らなかったので、それじゃ悪い、と思ってか
ボトル2本を買ったようだ

このあたり、いかにも日本人的だ
こういうサービスは初めての体験だったのかもしれん
Img_33071
移設された鉄心の別邸(無可有荘)

そのあと、一行はオランダ人スネルさんと会う

この男、越後・長岡藩の河井継之助などに
武器・弾薬を売ったいわゆる「死の商人」で
司馬遼太郎の小説「峠」にも登場するが
謎の多い人物とされる

このスネルさんの案内で異人館やら賭け事をやってるところ
などを訪問した

そして「ボウリング場」に来たのだ

「20間強の奥行きがあり、十数個の木製の壺を
20歩ほどのところに立て並べ、10斤ほどの重さの
木の球を投げ転がして勝ち負けを競う」

大夫(鉄心のこと)は腕力があり、転がした球がすべて当たった

ナイス、ストライク!とハイタッチ、はなかっただろうが
スネルさんは感嘆してすばらしいと誉めた、とか

日本で最初のボウリングサロンは
文久元年(1861)長崎の居留区で
3年後に横浜にも登場した、と注釈にあるが

いずれにしても、鉄心さんは、何でも積極的で物怖じしない
度胸があるし、どんなスタイルで投げたのかろうか、と
考えるとちょっと可笑しい

そのあと、中国人(清人)と漢詩について筆談で会話した
内容が長々つづく

こうして横浜滞在の出来事がが「亦奇録」では最も読ませるし
また興味深い内容となっている

また、佐久間象山、佐藤一斎、勝海舟、梁川星巌など
多くの学者、文化人との交友があったのも驚きだ

参勤交代や、各藩の江戸詰というシステムは多くの地方や
各藩相互の人材交流に大いに寄与したこともある

ローカルな大垣藩の家老の旅日記から見えてくる幕末の
世相や社会がリアルに想起され、年表的な幕末維新とは
また違った面白さがある
Img_3306

なおこの「亦奇録」は「奥の細道結びの地記念館」で
有料(確か500円とか)で手に入れることができるらしい

興味ある方はどうぞ!

« ソラマメだ | トップページ | 水まんじゅう大競演 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/45458817

この記事へのトラックバック一覧です: 「亦奇録」は面白い(3):

« ソラマメだ | トップページ | 水まんじゅう大競演 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ