« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月17日 (金)

田んぼから古木発掘された?

大垣市の北部にある神戸町あたりでは
田んぼを掘り起こして砂利採取する風景がよく見られる
Img_15321
田の泥土を2~3メートルくらい掘ると
下から良質の砂利層が出てくる

Img_15311
それを重機ですくい取り
ダンプカーに積み込む

この砂利は良質な建設資材になる

こうした池のような砂利採掘現場が
あちこちに見られる
Img_1524
先日ここの採掘現場から
でかい古木が出てきた
(神戸町の安次地区の北あたり)

長さがおよそ10メートル、
直径が70~80センチくらいはあるだろう
と思われる

Img_1526

なぜ、こんなものが地中深く埋まっていたのか?

お宝じゃあるまいし
わざわざ埋めることもないだろう

だから、ちょっとした謎?

で、私なりに推理と言うか、
推定しますと
揖斐川の流路の歴史と深い関係が
あるのではないか、と思います

今は頑丈かつ大きな堤防によって
河川が守られ
めったに氾濫しません

木曽三川の集まる河口部都は違い
河口から50キロもの上流部なので
水量も安定しています

しかし、
昔は違いました

大洪水が何度も発生して
堤防が決壊して
濁流が流れ込み大きな被害が出ました

流れもその都度変わり安定しませんでした

いつの時代かは不明ですが、
上流から土砂と一緒に
流木が流れてきて
その後砂利や土砂が埋まり
そのまま
地中に残されてしまったのではないか?
Img_1527

揖斐川の場合、
冠山の源流から始まり
徳山や坂内の谷から水を集め
山間地から北方付近で濃尾平野に入る

すぐに西側(旧春日村)から流れ込む粕川
との合流点が揖斐川町脛永(はぎなが)付近だ

そこから池田町杉野、白鳥
さらに神戸町横井の東を通って
南東に流れて大垣市の東側を通る

これが現在の揖斐川のルートだ

しかし、過去に何度も大洪水に見舞われているが
特に1500年代の大洪水は
大きく流れを変えたといわれている

これまでは
池田町杉野付近から池田山の東に沿うようにして
真っ直ぐ南に流れていたようだ


Img_2892
(杭瀬川)

現在、池田町を流れる中川、東川辺りを通り
杭瀬川へというのが昔の流路と云われる

河川の氾濫により池田町から神戸町、
大垣市北部は地層に砂利層があり、
そのために自噴水と呼ばれる豊富な地下水が湧き
水都・大垣市ができあがっているのだ

発見された古木は500年前のものだろうか?
興味深いものがある

それにしても砂利をどんどん掘削しても
大丈夫だろうか

豊富な地下水を育んできた自然の地下の川が
破壊されてしまわないのだろうか

少々心配になる

2012年2月 9日 (木)

西美濃(北部)スーパー戦争・2012

大垣市北周辺部は
どういうわけかスーパーマーケット激戦地区だ

昨年2月にリバモが完全閉店になり
それ以降大きな動きもなく
ようやく落ち着きを取り戻したようだった

しかし、昨年暮れにイオン岐阜池田店の
マックスバリューとメガマートが閉店し
あらたに「ザ・ビッグエクストラ」が
リニューアルオープンした
Img_2897_2
「エブリディー・ロープライス」をキャチフレーズに
食料品を主に衣料・生活用品も合わせて
お値打ちに販売する店舗である

とにかく安いのである

87円均一や、77円など100円以下がずらりと
品ぞろえされている

それに商品が大量に山積みされて
その量に圧倒される
Img_2894

対面販売はなく、包装もなく
チラシも最小限の小さなものだ

人件費を削り、大量販売することで
商品単価をぐっと下げている
Img_2895

ビッグ以前のマックスバリューは
品ぞろえも少なく店舗が古かったので
客足が遠のいていた

そのうち撤退するんじゃないかと
ウワサしていたのだ

ところが
年末のビッグへのリニューアルは
またまた西美濃北部に
「スーパー戦争」の様相を
表し始めてきている

特に直接、大きな痛手を食らったのは
すぐ近くにある「三心・池田店」だろう
Img_2954
岐阜市中心とした地域スーパーだが
飲料系が特に安く、私も時どき利用した

しかし、ビッグが大量仕入れでさらに
安く店頭に並べばひとたまりもない

毎週のチラシで均一セールなど
お買い得商品を掲載するが
思うほど客が来ない

さらに「トミダヤ・池田店」も影響大だろう
Img_30061

大垣市に本部があり周辺部に多くの店舗を持つが
やはり地域スーパーの力不足がある

生鮮、総菜、食肉など地域に溶け込んだ
品ぞろえで盆・正月などは根強い集客力がある

こうした危機感から、最近、
和歌山市に本部がある
スーパー「オークワ」の傘下に入った

3年前真正町のリオワールド(今はLCワールド)から
大阪の「イズミヤ」が撤退した後も
食品スーパーとして存続しているが
そこでも苦しい展開をしている

また東濃の多治見市に本部をおく
中堅スーパー「バロー池田店」も
やはり影響がある
Img_2899
多治見、恵那など東濃地方では一人勝ちしている
バローだが、西濃では苦戦しているようだ

さすがに安売り戦争だけでは
最大手のイオンにはとても太刀打ちできない

例えば対面販売によるサービス重視や
地域の特性を生かした地域密着型でいくとか

「資材館」「Vドラッグ」というバローグループが
同じ敷地にあるという利便性を生かした店づくり
をする等課題は多い

とにかく、大垣北部一帯は店舗が過密すぎる

それでも何とか経営が成り立っているのは
マイカー客が多く、
どの店へも気軽に出かけられることだ

それに客は時どき
「店をウワキしたい」心理があるからだろう

「たまにはアソコの店へ行くか!」

「あの店にはうまいタイ焼きがあるから今日はそこにしよう」
意外にこういう店選びが客を呼ぶことがある

リタイアした男性の買い物姿も多くなった

シニア夫婦の客、携帯を片手に持ったバアサン
いろんな客が見られるようになった

こういう客のニーズをつかんでいくことで
スーパー戦争に生き残るのだ

過激な値下げ競争だけでは
最後には客も店も滅びるだけだ

いい加減にやめて欲しい

国や企業だけ栄えて何になる

客も歓び、
従業員も歓び、
社会も喜ぶような
経済活動にしないと
意味ないよ

じゃ、またね

2012年2月 2日 (木)

雪が降った

この冬一番の大雪が降った
Img_30071
測ってみると約30センチだ

ここ、大垣の北でこれだけだから
揖斐川町や関ヶ原あたりはもっとすごいぞ

朝6時ごろ大型の除雪車が通った

小中学校の通学路確保のためらしい

今朝、学校の始業は1時間遅れて
と有線放送は伝えている

Img_3010
私も早起きして雪かき作業だ

30分もやると足腰が疲れてくる
Img_30121
わが家の前の道路沿いには
用水路があるので大いに助かる

連日
北陸や秋田・新潟など
豪雪地帯の状況が
テレビで流れてくる

2メートルや3メートルという
想像できないほどの積雪で
どこも除雪に苦労している

雪の重みはやはり触ってみないと
理解できんだろうな

Img_30141
どんどん降り続けば
屋根もつぶれる

この辺りでは
屋根の雪下ろしまでは
しなくてもよいから
まだ助かるが

豪雪地帯は、農山村で
しかも高齢者ばかり
除雪どころか
医者へもいけない

自治体も
除雪予算をもはや使い果たして
しまったところもあるようだ

お日さまポカポカがなにより
効果があるんだけどね

今日一杯はまだ駄目かも

雪はまだ今も降り続いている

明日の朝の凍結が怖い!

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ