« オクラの花 | トップページ | なつかしい本が出てきた(1) »

2011年9月 2日 (金)

夏が過ぎて

いつの間にか8月が過ぎて

気がつけば9月になっている

Img_2192

毎日、猛暑日だ、熱中症だと
マスコミやご近所のあいさつになっていた

この8月、何をしていたのだ!

中日新聞・日曜版(8・28)の「おじさん図鑑」

『花の金曜日』というタイトル

      …  …

花金って最近言わなくなったね!
もう死語なんじゃないか?

俺、金曜日の夜が一番好きだな

僕は木曜の夜の方が好きだ。明日が花金だと
思うとワクワクする

いろいろあって

しかし、日曜の夜は何かつまらないんね

そうそう、一同はうなずき同意した

が、一人だけつまらなさそうにこう言った

お前ら、現役だからな、
おれは定年退職して曜日に関係ないから…

花金の話が急にしぼんだ。

   …  …

そうなんだ、土日の楽しみは消えた
逆にSCなんか土日の人混みがうっとおしい

平日に行けば
ゆっくりぶらついて買い物ができるのに

ランチも並ぶ必要なし、しかもサービスがいい

平日の飲食店、周りを見渡すとリタイア族がゴロゴロいる

皆さん、どう感じておられるのかな?

私としては、やることがないわけではない

いや、むしろ多くてチョット大変なときもある

野菜作りは今、秋冬もの準備で忙しい
トマトやキュウリやナスなど取り払って

白菜、ダイコン、ホウレンソウなど植え付けのため
雑草をとり、土を耕し、
苦土石灰を撒いて、堆肥を入れて…

それに天気の都合もあってさ

昼間はまだまだ暑いし、
朝夕のホンの2~3時間の勝負!

趣味の郷土の歴史講座も行きたいし
今年は、地元の氏子総代の仕事もあるしね

小さな神社だけど、やることはけっこうあるんだな
昔はこういうことが、季節を感じるひとつでもあったんだ

春には豊作を祈り、
秋には実りを感謝する

そういう自然崇拝と生活がごく普通にあって
豊かな四季を暮らしていたんだ

でも平成の時代はそう簡単ではない

3・11の東日本大震災、福島原発の事故以来
怒りを通り越して
何も信頼できず、あきらめの境地なってしまった

先が見えない

こういう生き方でいいのか、チョットいま迷ってる

« オクラの花 | トップページ | なつかしい本が出てきた(1) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/41471016

この記事へのトラックバック一覧です: 夏が過ぎて:

« オクラの花 | トップページ | なつかしい本が出てきた(1) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ