« 松山・道後のんびり旅(3) | トップページ | 松山・道後のんびり旅(5) »

2011年4月30日 (土)

松山・道後のんびり旅(4)

  道後温泉だ!
Img_0972
ここがご存じ道後温泉駅です

Img_0974
路面電車(伊予鉄道)が頻繁に出たり入ったりする

JR松山駅、伊予鉄道・松山市駅、繁華街の大街道へ
何本も出ているから、時刻表はいらないね

電車も懐かしい木製から最新式まである
いろいろ乗ってみるのも楽しい
Img_0971
坊っちゃん列車がいました

ずっとここにいるんじゃなくて、これが街を走るんです
記念写真の定番です

商店街を歩くこと5分かな?

ここが道後温泉のメインスポットです


Img_0867
道後温泉本館前はいつも観光客がゾロゾロ

たいていの人は、記念写真を撮るね

そしておなじみの風景になった人力車だ

今じゃ、京都でも飛騨高山でも奈良でもいるんだ
Img_0868
でも余り乗りませんね

たいてい二人だから恋人、夫婦、友達かな?
男二人はまずいないね(笑)

私もツレアイと乗ったことはない
ちょっと恥ずかしい、気がするな

商店街は「道後ハイカラ通り」と呼ばれている
Img_0846
土産物屋と飲食店が並ぶ

玉泉堂本舗というせんべい屋さん
ムチャ地味な店構えでちょっと入りにくい

戸が閉まっているんだ
でも入ってみよう

にこやかに奥様?が応対してくださる

あとで食べてみたんだが
潮煎餅はちょっと塩味が効いていてうまい
炭酸煎餅のような軽くてサクサクだ

あの正岡子規も食べた

絶対あとを引くので食べ過ぎに要注意
この煎餅ここでしか買えないようだ

今治タオルのお店や
湯籠という竹製品を扱う竹屋
坊っちゃん団子のつぼや、
その他いろいろある

ブラブラ歩きは楽しい

   1番乗りで朝湯だ!

Img_0871
夜は宿のお風呂(もちろん温泉だが水が加わり循環式)で我慢しておこう

翌朝、午前5時30分起床する

浴衣に羽織を着て
フロントで借りた湯かごにタオルを入れて
宿からちょっと寒い温泉商店街を歩く

道後温泉本館前には既に5,6人がいる
観光客もいるし地元の常連らしい連中もいる

だんだん人が増えてきた
タクシーで乗り付けた老夫婦もいた

午前6時になった

「ドン、ドン、ドン…」と太鼓の音が響く
日本の音風景100選に選ばれた音だ

想像していたよりは小さな音だった
1日3回この太鼓で時を告げると言う

玄関の扉が開かれ「いらっしゃいませ」の声

お客がいっせいに入っていく
私たちも入る

下足箱に下駄を入れて木造の建屋の廊下を歩く

400円の入浴券は宿で既に買った
入浴コースが4つある

1500円だと個室の休憩室、お茶、お菓子つきだ
浴室も霊の湯となる

前回は神の湯2階席だったが、
今日は神の湯階下コースだ

つまり常連客が利用する銭湯並みの入り方だ

1階の脱衣場で裸になり湯船に入る
常連客はさすが動きが早い

世間話をしながら気持ちよさそうにしている

少し熱めだがなぜかあたりが心地よい
朝1番の鈍った体にじわじわ効いてくるようだ

常連客は頭や顔、体を洗っているが
せっかくの源泉かけ流しの湯だ

洗い流してしまうのはもったいない
体に吸収させよう、と思い
洗わなかった

「坊っちゃん、泳ぐべからず」というようなことが
壁に書いてあった

夏目漱石の小説「坊っちゃん」に出てくる話だ

ともかく最高のお湯だね

なにせ古事記にも出ているし、
天皇もたびたびこの湯を利用したという
歴史ある温泉だ

今日まで豊富なお湯が湧き出ているのだ

風呂上りに昔懐かしいフルーツ牛乳を飲んだ

いやいや、なかなか結構な朝湯体験でした

                     つづく



« 松山・道後のんびり旅(3) | トップページ | 松山・道後のんびり旅(5) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/39811301

この記事へのトラックバック一覧です: 松山・道後のんびり旅(4):

« 松山・道後のんびり旅(3) | トップページ | 松山・道後のんびり旅(5) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ