« 東北地方の大地震、本当に胸が痛みます | トップページ | 世界一安心、安全な原発の大ウソ! »

2011年3月28日 (月)

手がつかない日々

今日は晴れで風も何となく温かだった

畑仕事も寒いことにいいことにして
さぼっていた

ここしばらく顔を出さなかったんだ

で、久し振りに様子を見に行ったら
雑草が相当はびこっていた
Img_1663

やはり春なんだ

で、ちょっと手始めに草取りをした

少し取ってみたが、もう腰が痛い
そう言えばここんとこ、随分運動不足だった

分っていたけど外に出るのがおっくうでね

花粉症のせいでもあるけど
やっぱりこの度の大地震のことが大きい

あれ以来、何だか気分が鬱的になっていてね

涙もろくなるし、人生を考えちゃうし
ホントにショックだよね

それに加えて福島原発のことがとても怖い、
いやそれ以上に
東電の幹部の人達の態度に
怒りを通り越してまったく呆れてしまう

地震や津波は自然災害だし
いくら防備しても自然の脅威は
想像以上だ
どうしようもない面もある

特に日本人はこういう自然環境の中で生き抜いてきたから
落ち込んでもやがては立ち直る

そのことは長い歴史が証明しておる

でもね、原発は違う
やっぱり人災だよね

「未曾有の」とか「想定外の」とかいうけど
違うと思う

あれだけ原子力の脅威を見せつけられてきたのに
何の有効な手も打てないでいる

手をこまねいている

安全神話なんてうそだった?
そう思いたくなる

カネがかかることなんかやらないんだ

最先端を行く原子力発電所の事故を
消防ホースを使って消す

まるでお江戸の町火消しのような時代遅れの
手法じゃないか

それでも「安全、安全」といって
これまで54基もの原子力発電を推進してきた

政権交替するまでの自民党の長年の成果?

いっそ谷垣さんが原発担当になったらどう

今、テレビで原発事故ニュースにたびたび出演する
学者たちも今まで一体何してきたのだろうか

まさに評論的に解説するだけで役に立たない
楽観的すぎる

昨夜だったか福島原発の建設に関わった設計者が
登場して発言していたが相当深刻な事態らしい

東電ばかりじゃなく関電やら日本の原発技術者を
万単位で集めて対応しなきゃ、と言ってましたね

東電にはもはや当事者能力はないんだろうから
世界から知恵もらって何とかしないと

ホント日本危ないよ

津波で家族を失ってもくじけずに頑張っている人やら
原発で野菜を捨てている生産者の人やら

みんな泣きたいのを我慢しているんだよ

データを隠したり数値を間違えたり
まさに戦前の大本営発表みたい

ああ、情けない


« 東北地方の大地震、本当に胸が痛みます | トップページ | 世界一安心、安全な原発の大ウソ! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/39398072

この記事へのトラックバック一覧です: 手がつかない日々:

« 東北地方の大地震、本当に胸が痛みます | トップページ | 世界一安心、安全な原発の大ウソ! »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ