« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月29日 (火)

世界一安心、安全な原発の大ウソ!

「知事からの電話で電話しています。原発敷地内で煙が上がっているのですが住民を避難させる必要があるでしょうか」
保安院
「幹部とも協議しましたが、現時点では避難の必要はないでしょう」

記者会見
「なぜ、消火に2時間もかかったんですか」
保安院「現在調査中です」
「最終的に安全とわかるのは、いつなんですか」
保安院「それは原子炉圧力容器のふたを開けて確認してみないとわかりません。時間がかかると思います」

経済産業大臣
「なぜ、火事が起きているのに消火活動している人間がいないんだ。消防はどうした」
東電
「6号機で微量の放射性物質を含む水が漏れました」
これを国に連絡したのは8時間後だった
官邸は激怒した

東電の記者会見
「なぜもっと早く発表できないのか」
「いつになったら、詳しい情報が入るのか」
東電側
「海水に漏れた放射線量はラドン温泉に換算して6リットル(のちに9リットルに訂正)分です
環境に影響を与える量でないことだけはご理解ください」

使用済み燃料プールから微量の放射能が含まれる水が排水溝を伝って海に流れ出た
ことに東電側
「あふれた水の量的な評価は難しいが相当大量だったことは確かだ。プールからあふれることは想定していなかった。対策を考えたい」

東電社長
「いい体験とし、世界一安心、安全な原発として再構築したい」

これ話は何も映画のシナリオでもなければ仮想小説の類でもない

これは2007年7月16日に東京電力柏崎刈羽原子力発電所で実際に起こったことである

震度6強の地震(中越沖地震)が新潟県の原発を襲ったのだ

このやりとりは一冊の本にまとめられたものを抜粋したもので、さらに放射能汚染の風評被害やら電力の供給不足の問題、断層上に建つ原発や耐震基準も見直しなどに及んでいる『震度6強が原発を襲った』朝日新聞社

Img_1673

これはまさに今起こっていることとほとんど同じではないか

福島原発といわれても全く不思議でもない

事実の隠ぺいから情報の小出しの仕方、ふてぶてしい態度、そして追及されるとあいまいな答えを繰り返す

「想定外だった」と言えば何でも許されることなどありえない

同じ過ちを繰り返すほど愚かな行為はない

毎日、ニュースで繰り返される対策はもはや自ら解決できないところまできている

東電は、ここにきてようやくフランスの原発専門家の派遣を要請したらしい

本当に情けないくらい動きが緩慢で責任能力に欠けている

周辺に放射能を撒き散らして微量ですから人体に影響はありませんなどと平気でいう
今後ますます土壌汚染や海洋汚染が進めば東日本ばかりでなく日本や世界中に拡散される

それに対し一企業が責任取れるのか

財界・かつての自民党は原子力を推進してきたが、この責任をどう考えているのだろうか
頼りない民主党政権の上げ足ばかり取っていて情けないよ

もっと積極的に関わったらどうなんですか
政権与党である民主党のエラーばかりを待っていても誰も支持しません

骨のある奴はいないのか

福島県の住民はもっともっと抗議の声をあげないとホントに滅びてしまうよね
募金の協力やら節電もけっこうなことですが、それだけで良くなっていくんでしょうか

地震やツナミは天災だけど原発事故は人災です

東電ばかりじゃなく中電の浜岡原発なんかも相当危ないらしいといわれてます
安全を置き去りにして安らかな生活はあり得ません

2011年3月28日 (月)

手がつかない日々

今日は晴れで風も何となく温かだった

畑仕事も寒いことにいいことにして
さぼっていた

ここしばらく顔を出さなかったんだ

で、久し振りに様子を見に行ったら
雑草が相当はびこっていた
Img_1663

やはり春なんだ

で、ちょっと手始めに草取りをした

少し取ってみたが、もう腰が痛い
そう言えばここんとこ、随分運動不足だった

分っていたけど外に出るのがおっくうでね

花粉症のせいでもあるけど
やっぱりこの度の大地震のことが大きい

あれ以来、何だか気分が鬱的になっていてね

涙もろくなるし、人生を考えちゃうし
ホントにショックだよね

それに加えて福島原発のことがとても怖い、
いやそれ以上に
東電の幹部の人達の態度に
怒りを通り越してまったく呆れてしまう

地震や津波は自然災害だし
いくら防備しても自然の脅威は
想像以上だ
どうしようもない面もある

特に日本人はこういう自然環境の中で生き抜いてきたから
落ち込んでもやがては立ち直る

そのことは長い歴史が証明しておる

でもね、原発は違う
やっぱり人災だよね

「未曾有の」とか「想定外の」とかいうけど
違うと思う

あれだけ原子力の脅威を見せつけられてきたのに
何の有効な手も打てないでいる

手をこまねいている

安全神話なんてうそだった?
そう思いたくなる

カネがかかることなんかやらないんだ

最先端を行く原子力発電所の事故を
消防ホースを使って消す

まるでお江戸の町火消しのような時代遅れの
手法じゃないか

それでも「安全、安全」といって
これまで54基もの原子力発電を推進してきた

政権交替するまでの自民党の長年の成果?

いっそ谷垣さんが原発担当になったらどう

今、テレビで原発事故ニュースにたびたび出演する
学者たちも今まで一体何してきたのだろうか

まさに評論的に解説するだけで役に立たない
楽観的すぎる

昨夜だったか福島原発の建設に関わった設計者が
登場して発言していたが相当深刻な事態らしい

東電ばかりじゃなく関電やら日本の原発技術者を
万単位で集めて対応しなきゃ、と言ってましたね

東電にはもはや当事者能力はないんだろうから
世界から知恵もらって何とかしないと

ホント日本危ないよ

津波で家族を失ってもくじけずに頑張っている人やら
原発で野菜を捨てている生産者の人やら

みんな泣きたいのを我慢しているんだよ

データを隠したり数値を間違えたり
まさに戦前の大本営発表みたい

ああ、情けない


2011年3月14日 (月)

東北地方の大地震、本当に胸が痛みます

3月11日に起きた東北地方の大地震、大津波は
本当に驚愕すべきことです

被災された皆さんに心からお見舞い申し上げます

あの日私はバロー大垣南店で買い物をしておりました
店内の案内板が大きく揺れて地震と知りました

しかし、家に帰ってテレビをつけたら
大変なことになっていました
Img_1636

それから今日まで4日間、家にいる時は
ほぼテレビがつけっぱなし状態です

続々と入るニュースは、どれもが
想像を絶するような内容ばかりで
言葉になりません

被災者の悲痛な声を聞いて何度も
もらい泣きしてしまいます

特に無骨そうな男性が気丈に
当時の状況を語りながらも

愛する家族のことを思い出し
しゃくりあげるような嗚咽には

私も思わずボロボロ涙になっていました


時間が経過するほどにこの災害が
未曾有の大災害であることが
だんだん明らかになってきました
Img_1637

大船渡などでは大火災が発生し
福島第一原発では緊急事態だし
あちこちで数百人単位の遺体がみつかる
など悲惨なことばかりです

壊滅状態になった南三陸町などの状況を
みると、まるで空襲跡のようです

自然が仕掛けた戦争じゃないか、と思えます

平和な日本に突然、生じた戦争状態

何もかも叩き壊す自然の凶暴さ

自然を前にしたらなんと人間の小さなことでしょうか
あらゆる手段を使っても阻止できない恐ろしいパワー

ずっと昔からそういう大地の下で暮らしてきたのです

超越した自然を神として畏れ崇拝してきました
何度も何度も巨大な自然に襲われました

それでもその都度、這い上がり立ち上がってきたのです

地震の数時間前に結ばれた夫婦がいたといいます
籍を入れてわずか3時間後にこの瞬間がきたのです

多くの人々が人生を振り返ることさえ許されず
一瞬のうちに尊い命を終えてしまった

運命は本当に残酷であります

家族の中にも生死が別れ、
一人ぼっちになってしまった人もいます

生きているだけでいい、と言いつつも
孤独と後ろめたさが自分を苦しめます

今こそ、あの神戸震災の経験を生かし
こうした人へのケアを早期にやる必要があると思うのです

ようやく春のきざしが見え始めたのに
突然襲った自然の脅威

政治とカネ問題ばかりに明け暮れる国会
どんよりし、まったるい与野党の自己保身の駆け引き

何かが欠けていませんか、といいたい

豊かな生活、家族の幸せ、があってこその国でしょう

あの自然豊かで風光明美なリアス式海岸の風景を
もう一度よみがえらせてほしいのです

そしてそこに住む家族の笑顔を見たいのです

今、多くの組織や人たちが救助や支援活動に
全力で取り組んでおられます

私達としても、心から応援するため
それぞれができることをしたいと思います!

募金もすでに始まっています

Img_1635

公共団体や確かな民間企業などが賢明です

こういう時には必ず街頭に奇妙な団体が
出現しますので、エセ善意団体には引っかからないように
くれぐれも注意!

さいごに

被災されたみなさん、

こんなときこそ「なりゆきに身をまかせる」ことも
必要かもしれません

くじけないで!

2011年3月 3日 (木)

昭和名作シネマ上映会

岐阜・柳ヶ瀬に気になる映画館があった

というのも新聞の映画案内欄で
いつも懐かしい映画タイトルが目に着いた

どんな感じなのか
一度行ってみたいなと思っておりました

現在3月4日まで上映中なのは
「てなもんや東海道」

あの「てなもんや三度笠」の映画版かな?

何となく面白そうだったので出かけてみることにしました

Img_0760

平日の昼間の柳ヶ瀬は人通りも少なくさみしい

名古屋ばかりに行ってしまうからだろうか

Img_0762

岐阜で唯一の大型デパート・岐阜高島屋の

すぐ近くにこの劇場がありました

「ロイヤル劇場」です

なんか雰囲気がなつかしいじゃないですか

しかも500円で観られるのですよ

郊外にあるシネコンとは一味も二味も違いますね

緋牡丹のお竜さんの看板やらみると学生時代が懐かしい

私あの当時、高倉健さんやらのポスターを手に入れて

下宿の部屋に貼ってました。

さて、エレベーターで4階に上がると受付嬢ならぬ受付オバちゃんが

一人で頑張ってましたネ

「途中で切れるかもしれませんので…」

エッ!何て言いました?

切れるって!

なんて懐かしいコトバだろうか

多分若い人には「イミ分んねえ」だろうと思います

つまり映画のフィルムが相当傷んでいるので上映中に
フィルムがプツンと切れるかもしれませんから悪しからず

ということなんです

でもここに来るお客さん皆さん分ってらっしゃる

昔はフィルムが上映中に切れることも結構あったからネ

「ア、そう」と笑顔で了解だ

Img_0765

開始までロビーで一服する

駄菓子やら飲み物も受付おばチャンの仕事だ

この映画に合わせたわけじゃないだろうが

(アタリ)前田のクラッカーも売っていました

まもなく今日2回目の上映開始時間だ

定員は300名、だが観客は十数人かな

それも60~70代で近所の人とか、老夫婦らしき2人連れ

「てなもんや東海道」1966年(昭和41年)東宝作品

スクリーンが赤茶けている

「てなもんや三度笠」は子供の頃よくテレビで毎週放映されていた

人気テレビ番組だった

この人気にあやかっての映画作品だろうが当時観たことはない

内容はおなじみ「あんかけの時次郎」と珍念が
東海道の旅で巻き起こす単純ドタバタコメディです

まあ、どうみても名作とは言い難いですけど

あの頃の笑いは単純で観客も同じように笑えた時代です

でも とにかく役者が無茶苦茶懐かしい

主演、時次郎の藤田まこと、珍念の白木みのる

ゲストに梓みちよ、お笑い陣に伴淳三郎、横山ノック

平参平、原哲男、南利明
クレージーキャッツのハナ肇(清水の次郎長)、谷啓、安田伸、犬塚弘
悪役では阿部九州男、田中春夫
女優では浜美枝、野川由美子
等々

でもなぜか財津一郎は出てこないのがちょっと残念だ

この映画でも梓みちよがお嬢様姿で歌を歌っていたけど

美空ひばりなどいつも映画の中での歌は当たり前になっていたんだ

当時聞いたことがあるけどちょっと思い出せないな

93分の映画だが60分少し過ぎたあたりで

ホントにプツンと切れてしまった

受付オバちゃんの予告通りのハプニングです

いつ修復するのかいな、と思ってましたらナント2~3分で再開

さすがです(拍手)

フィルムが滑って飛んでしまうところも結構ありました

会話が飛んでしまったりしましたがしょうがないですね

45年も経過してるんだからね

ともかく映画の歴史を十分に体感させてくれました

Img_0764

次週はホントに名作溝口健二監督の「雨月物語」
次々週は「山椒太夫」なんです

田舎の岐阜にもこうした懐かしの名画を
上映してくれる館ができて本当に嬉しい

大垣ではこんな企画とてもできません

映画館に人が集まるような街がとても好きです

地元大垣で頑張っている郷土誌月刊「西美濃わが街」
2011年2月号(最新刊・1部400円)では

(特集・岐阜熱血映画)で詳しく書いてありますから

興味ある方は、ぜひ参考にしてくださいね

イヤぁ、今日は懐かしくてとても楽しかったな

2011年3月 2日 (水)

早春賦

Img_1622
3月になった

朝から晴れたが冷たい風の強い日になった

奈良東大寺の修二会も始まった

福井県小浜のお水送りが2日の今日行われ

12日には奈良二月堂でのお水取りがあって

本格的に春を迎えるのである

いつもこの時季、寒の戻りがあって冬に逆戻りの感がある

しかし、そうはいってもどことなく春の匂いが漂う

Img_1620
畑に行ったら畔に土筆が顔を出していた

草木はちゃんと季節を知っている

正直なんだな

つい、こんな歌を口ずさみたくなる

『はるは~名のみの 風の寒さや~

 谷のうぐいす 歌は思えど

 時にあらずと 声も立てず

 時にあらずと 声も立てず』

 早春賦、という唱歌です

冬は家に閉じこもってしまい体がなまってしまう

太陽が生気を取り戻し、

あらゆる生物が春の到来を心待ちにしている

Img_1589

冬の寒さに耐えてきた玉ねぎも

やがて勢いよく育つだろう

じゃがいももそろそろ植え時だ

家庭菜園もスタートだ!



 

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ