« 御首神社 | トップページ | さらに雪が降った! »

2011年1月16日 (日)

雪の憂うつ

また雪が降った

いやまだ断続的に降り続いている

Img_1520
ちょっと池田町あたりまで買い物に行ったら
こんな情景だ

さいわい道路は少しの雪なのでゆっくり走れば問題ない

もちろんタイヤはスタッドレスを装備しているさ

今季の雪では東北や山陰で大きな被害が出た

国道がストップしてトラックなど立ち往生したり
境港などで漁船がドカ雪の重みで沈んでしまったりした

ノーマルタイヤの車もあったりして雪の怖さを知らない
そんな人災的な面も出たようだ

油断大敵です

西濃地方は雪が降っても
さいわい、これまで大きな被害が出ていない

Img_1525
このあたりでも今日は10㎝から15㎝くらい積もったかな

西濃地方といっても、揖斐川町の山間部、
垂井、関ヶ原などの滋賀への狭隘部、
あるいは養老、海津あたりの水郷地帯と
まるで雪の降り方が違う

JR東海道線に乗り名古屋から尾張一宮、岐阜
穂積、大垣、垂井、関ヶ原と西に行くほど積雪量が
多くなるのがわかる

伊吹山、養老山脈や揖斐川、長良川、木曽川の
いわゆる木曽三川が気象に大きく関わっている

大きな鉄橋を渡るごとに積雪量が微妙に変化する

関ヶ原付近は特に豪雪地帯だ

新幹線、JR東海道線、名神高速道路、国道21号線
など大幹線が通っている

国の大動脈なので十分な雪対策をしているはずだが
自然の力はそれ以上に驚異だ

Img_1532
雪はうっとおしい

温泉地の雪景色はそれなりに絵になるし旅心も高揚する

でも、住む人にとっては大変だ

わずかな雪でも積もったままほっておけば
凍結して、あとが厄介だな

自分でやるしかないさ

雪掻きの道具を取り出して家の前を除雪する
さいわいわが家の道路横には用水が流れており
こんな時は大いに助かる

Img_1533

ちょっとの作業で息が切れる
けっこうな力仕事だ、ハア、ハア

飛騨や北陸などは雪がこんな半端なもんではない

特に屋根の雪下ろしをしないと屋根がつぶれる
過疎化で高齢化の山村ではその苦労は並大抵じゃない

屋根から滑って死ぬ高齢者が毎年出る

ボランティアの雪下ろしやアルバイトもあるようだ
Img_1528
柿の木にも雪が積もって冬ならではの景色だ

雪の寒さは害虫を殺したり、樹木を活性化させるから
大切なのは解っているつもりだ

東京辺りのマンションに住んでいて、雪のニュースで
スキーやら雪の温泉で一杯やるのもいいな、と
思っている人もいるだろうな

イッソ、雪のない南国で暮らしたいと夢見るときもある

ホント、雪は憂うつでありますねェ

雪国の人は、ゆううつになりやすいことも頷けるよ

« 御首神社 | トップページ | さらに雪が降った! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/38494038

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の憂うつ:

« 御首神社 | トップページ | さらに雪が降った! »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ