« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月31日 (月)

なりゆきを生きるか(2)

今朝も雪だ
これだけの雪でもゆううつになるというのに


北陸地方など2メートルも積もるんだから
ほんと悲鳴をあげたくもなるでしょうね

それでもそこで生まれ生活している人は
我慢して離れられない事情がある。

故郷というものは離れがたいのだ

東京、大阪などの都会に出てみても、
それ以上の何かがあるのか

住めば都、なんていうことばもある

時には住んでて良かったと思うこともある

山深い奥山や離島でも同じ悩みを抱える

限界集落が消えほろんでいく。

いつの時代も地方は置き捨てにされる。

さてさて、昨日の話(1)の続きである

Img_0683
私は子供のころから病があったから
死は、他の子たちより身近にあり
子供ごころにいろいろ考えていた

死んだらどうなる?

死ぬ時、苦しいのか?

極楽やら地獄はホントにあるのか?

死んだら魂は残るのか?

死んだらどこに行くのか?

こういう素朴な疑問がよく出た

しかし、まともな答えは返ってこない

宗教者や哲学者や医者など本を読んでも
いろいろ説は出すが

どれもがすんなりと納得するものはない

あいまいである

それは誰もが死んだ経験がないからだ

しかし、死んだ人が、何かを語ってはくれない

玄侑宗久の小説「中陰の花」の中では

「極楽はあるの?」
「知らん」

「聞かれたらどう答えてるの?」
「相手しだいや。信じればあるんや。信じられなければ、ない」

禅宗の僧侶はこうも言う

「仏教では、基本的には質量不滅の法則で考えているんだ」

「たとえば、コップの水が蒸発する。そうすると水蒸気はしばらく
この辺にある。これを中陰と呼ばれる状態、
この世とあの世の中間ということだ」

「そこから水蒸気はどんどん広がる。窓から出て行って空
いっぱいに広がっていく。それがあまねくゆきわたる。」

「それが仏教でいう物質の最小単位、まあ素粒子とほぼ同じ
大きさらしい。
さらにそれ以上細かくなるともはや物質というより
エネルギーにまで戻ってしまう。そのことが成仏したことになる

小説の中はざっと以上のような話である

こうした話は極楽浄土の話と違って論理的で分りやすいが
ちょっと寂しいというか…

ただし、それで納得できるかは別であるが…

だからこそ具体化して阿弥陀さまとか観音さま、極楽なんて世界を
創り出したのだろう

問題はそれぞれの魂はどうなるのか

霊魂は不滅なのか、それとも眠った時のような状態で
意識は一切無くなってしまうのだろうか

事故で即死してしまった人と
家族に見守られながらゆっくりと臨終を迎えて人とは
死後どう違うのか。同じなのか。

死についていつもこちら側からしか語られない

本人にとって、よい人生だったか、よい死だったかは
永遠にわからない

生きている側が勝手に推測して
「いい人生だったね」とか
「まだ早かったよ、さぞ残念だろうな」などとウワサする

これはいつの時代でもそうだった

そう考えが時代とともに進んでいるとは思われない

わが家は浄土真宗であるから「ナマンダブ」と唱えれば
アミダさまやら観音サマがお迎えに来てくれて
誰もが極楽浄土に行くことができる、

という教えだから
手を合わせて「ナマンダブ」と唱えている

だが、正直なところで、もう一人の自分が少しばかり
疑念というか信じきれていないでいる

信じろ!といわれても徹しきれない何かがある

これは自分側に問題があるのか、坊さん側にあるのか

難しい

この玄侑宗久さんでも義母の今際のトキ
「そろそろお迎えが来るやろか?」の問いに

「そんな弱気にならないで!」とごく普通に
そう言ってしまったそうだ

本来、坊主なら「そろそろかもしれませんね」と応えるべき
だったと。

そこからいろんな質問があったかもしれないですから。

でもね、そういう風に答えられる坊さんなんか多分いないよ

わらわれ凡人の問いにキチンと答えてくれる坊さんは
ほとんどいない。

また、玄侑宗久さんがいうように

「今から心配してもしょうがないじゃないの。
死んでみればわかることだから。

人生も今まで分らないままに生きてきたんだから
ここでわかる必要はないでしょう

坊さんに対してはそう答えてもいいが、

やはり阿弥陀さまの元に行くというのは
光との出会いであり、無量の光に包まれた世界へ行く

そういうことですから、そういう本来のイメージに返して
味わうことが必要ですね」

確かにそうかもしれん

どちらの考えでも、要は生きている自分の心が
落ち着けるかどうかだろうな

それを受け入れること

あるがままに生きることが大切かもしれない

それにしても
雪の風は
とてつもなくべったりとした重い奇妙な問題を運んでくる

マイッタ、マイッタ。

2011年1月30日 (日)

なりゆきを生きるか(1)

今朝起きたらまた銀世界だった
昨日は本当に空気が冷たかった

なんか今年は雪が多いな

Img_1577
豪雪地帯の人は大変だろうと思う

九州では新燃岳が噴火して町が火山灰で覆われ
これまた大変だ

宮崎ではまた鳥インフルエンザで大量の鶏が殺処分
され大変だ。さらに豊橋でも。

東京・秋葉原のホコ天がおよそ2年半ぶりに再開されて
大勢の人が歩いている。

ここで無差別殺人が
あったことなど忘れたかのように

亡くなった人は
たまたま、その場所にいたという偶然なのか
運命なのか、分らないけど

そこで死ぬなんて最後の最後まで
誰一人予想してなかっただろう

人生はなんて理不尽なんだ、と
思ってももう遅い

Img_1556
もうすぐ節分だ。そして立春。
デパートやスーパーでは、節分の行事
豆まき、恵方巻とかの予約があったり

バレンタインデーのチョコレートなどのコーナーが
あって季節感を演出している

現実の生活感覚からかい離して商売に乗せられている
上辺だけの四季感

それでも何となく春が近いかな、なんて期待もあって
冷たい雪景色を眺めている

畑仕事はお休み中で、何となく体がなまる
近所のお元気さんは雪が降っても
毎朝の散歩は欠かさない

病弱な体ではとてもまねできないな

晴耕雨読ならぬ晴耕雪読でやたら本を買ったり
図書館で5冊10冊単位で借りたりしているが

いかんせん、トンと遅速ですぐ眠くなるから
困ったもんだ

そんな中で印象的だった著作がある

芥川賞作家で僧侶の玄侑宗久氏著の
「中陰の花」だ

Img_0682

人は死んだらどうなるの?とかの小説なんだが
とても興味深かった

それにNHKhi「プレミアム8・」で
玄侑宗久「なりゆきを生きる」を特集していた

まさにタイムリーな番組で興味深く観た

こういう小説や番組が気になるというのは

現役を退き、悠々自適とか第二の人生とか
言われる頃になると
何となく自分の死ということを意識するとか

リタイアの先にある空漠感、というか
奇妙な倦怠感が自分を襲うことがある

無我夢中の中からポイと抜け出した後の
疲れとでも言おうか

Img_0684
玄侑宗久さんは言う
「この世の中を生きていく、すなわち諸行無常を
生きて行くってことは、なりゆきを生きるってこと
ではないでしょうか」

一見、なにか「なりゆき」まかせって、
悪いことのようにとらえますがそうではない

生老病死といったことは、人間一人では
どうすることもできない

たとえ頑張って努力したとしてもだ

自分の思ったとおりに、計画通りに生きられたとして
はたして幸せだろうか

どうしようもない流れにあがらうことはできない

しかし、決然をして生きることで波も変わるかも
しれない

「なりゆき」のなかに身をまかせることで、

より大きな人生を生きられるのではないか

そう言われてみると
確かに、私自身を振り返ってもそんなことは
いっぱいあった

反発したり、あるときは逃げたり…

けど、それがけっきょく敗北のような気がして
後味が悪い

とてつもなく大きな流れにはどうあがいても
どうすることもできない

けっきょく、その中に身をまかせることで
自分を生かしていく

そうせざるを得ないのが人生だ

そう思うのが凡人としての正直な心だろうな

と私は思うのだがね…

自分の人生の流れが
あらかじめ決まっているわけじゃない

「ひょん」なことをどう取り込んで生きるか

そういえばテレサ・テンの「時の流れに身をまかせ」
という歌は
人生の哲学をうたっているんじゃないのか、という気もする

自分の残された人生が
なんとなく数えられる年齢になってしまうと

「なりゆき」を決然と生きるという意味が
なんとなくわかるような
気がするのだ

                 (続く)



2011年1月17日 (月)

さらに雪が降った!

今朝起きてびっくりだった
夜の内にまたまた雪が降ってドンと積もった

イヤ、かなわんナ

テレビをつけたら名古屋市内でも11センチ積もったとか

つい現役時代を思い出す

ともかく雪の日は早めに起きて出かけた

大垣駅のホームで冷たい空気の中
米原から遅れてくる電車を待ちながら

じっと並んで待っていて超満員の電車に乗り込んで
職場に着いたころには疲労困ぱいでありました

職場では
岡崎や半田、小牧、犬山、春日井あたりの
市外から通勤する人などが
「いや、大変だったよ」などの「痛勤」苦労話
に花が咲いたもんだ

リタイアしてからはその苦労はなくなったけど
今朝は、ツレアイを医者に送るために
やむなく車を出した

ロックシティの近くの医院まではノロノロ運転

Img_1544
ロックシティに行くのに1時間近くかかってしまった

普段の倍以上だ
でも、今日は比較的走りやすい

路面が凍結していなかったのが幸いしてか
途中スリップ事故やら追突事故は見かけなかった

開店早々で駐車場に車はまばらだ
Img_1543
こんなキレイな景色もめったにみられない

Img_1549
また、雪が降ってきた

そういえば、今日1月17日は阪神・淡路大震災の日
平成7年だからもう16年もたつ

テレビで鎮魂の行事を放映していた
親を、あるいは子を失って毎年この日を迎えるのが
辛いと涙を流していた人をみるとこちらも胸が痛い

災害はいつ、どういう形で襲うかわからない
まさに人生そのものだ

人生にはいろんな坂がある

上り坂、下り坂、それに「まさか」だ

自分だけは大丈夫と思う

文明が進んで天気の予報、災害対策がなされるが
ホントは昔と少しも変わっていないような気もする

自然の脅威は底知れないものがある

そういう超越した自然現象に多くの日本人は
神の存在を知るのだ

Img_1548

降る雪をぼんやり眺めていたら、
なんか無性に本を読みたくなった

2011年1月16日 (日)

雪の憂うつ

また雪が降った

いやまだ断続的に降り続いている

Img_1520
ちょっと池田町あたりまで買い物に行ったら
こんな情景だ

さいわい道路は少しの雪なのでゆっくり走れば問題ない

もちろんタイヤはスタッドレスを装備しているさ

今季の雪では東北や山陰で大きな被害が出た

国道がストップしてトラックなど立ち往生したり
境港などで漁船がドカ雪の重みで沈んでしまったりした

ノーマルタイヤの車もあったりして雪の怖さを知らない
そんな人災的な面も出たようだ

油断大敵です

西濃地方は雪が降っても
さいわい、これまで大きな被害が出ていない

Img_1525
このあたりでも今日は10㎝から15㎝くらい積もったかな

西濃地方といっても、揖斐川町の山間部、
垂井、関ヶ原などの滋賀への狭隘部、
あるいは養老、海津あたりの水郷地帯と
まるで雪の降り方が違う

JR東海道線に乗り名古屋から尾張一宮、岐阜
穂積、大垣、垂井、関ヶ原と西に行くほど積雪量が
多くなるのがわかる

伊吹山、養老山脈や揖斐川、長良川、木曽川の
いわゆる木曽三川が気象に大きく関わっている

大きな鉄橋を渡るごとに積雪量が微妙に変化する

関ヶ原付近は特に豪雪地帯だ

新幹線、JR東海道線、名神高速道路、国道21号線
など大幹線が通っている

国の大動脈なので十分な雪対策をしているはずだが
自然の力はそれ以上に驚異だ

Img_1532
雪はうっとおしい

温泉地の雪景色はそれなりに絵になるし旅心も高揚する

でも、住む人にとっては大変だ

わずかな雪でも積もったままほっておけば
凍結して、あとが厄介だな

自分でやるしかないさ

雪掻きの道具を取り出して家の前を除雪する
さいわいわが家の道路横には用水が流れており
こんな時は大いに助かる

Img_1533

ちょっとの作業で息が切れる
けっこうな力仕事だ、ハア、ハア

飛騨や北陸などは雪がこんな半端なもんではない

特に屋根の雪下ろしをしないと屋根がつぶれる
過疎化で高齢化の山村ではその苦労は並大抵じゃない

屋根から滑って死ぬ高齢者が毎年出る

ボランティアの雪下ろしやアルバイトもあるようだ
Img_1528
柿の木にも雪が積もって冬ならではの景色だ

雪の寒さは害虫を殺したり、樹木を活性化させるから
大切なのは解っているつもりだ

東京辺りのマンションに住んでいて、雪のニュースで
スキーやら雪の温泉で一杯やるのもいいな、と
思っている人もいるだろうな

イッソ、雪のない南国で暮らしたいと夢見るときもある

ホント、雪は憂うつでありますねェ

雪国の人は、ゆううつになりやすいことも頷けるよ

2011年1月11日 (火)

御首神社

大垣の乾の方向すなわち北西にあるちょっと珍しい神社
それが御首神社だ
ミクビ神社と呼ぶ

大垣から東海道線の支線いわゆる盲腸線と呼ばれる
美濃赤坂線に乗り次の停車駅「荒尾」で降りる
Img_0560

といっても、駅は二つしかない
「荒尾」駅の次は終点「美濃赤坂」駅なのだ

Img_0563
踏切を渡ると玉垣で囲われた森がある
Img_0562
そのなかに古墳群がある
この地方の豪族の墓だろうか
Img_0564
表に回ると神社の全体が見える

Img_0565
ぼつぼつ初詣の参拝者が訪れてくる

御首(みくび)神社のパンフによれば、

御祭神は桓武天皇六代の皇胤平将門公
および南宮大社の金山彦命とある

由来は約千年ほど前、
天慶の乱を起こした平将門は
その後、捕えられ首をうたれた

その首は京に送られさらし首となったが、
故郷恋しさのあまり獄門を抜けだし関東に戻ろうと
飛び立った、そうである

この異変を知った美濃・垂井にある南宮神社では
再び乱が起こらないよう祈願したところ、

南宮神社の隼人神が矢をつがえて東に飛んでいく
首を射落とした

この首が落ちたところがこの地であった

このためここに霊を鎮めるために創建されたのが
御首神社であった、そうな

Img_0568
そのため、古来から首から上の祈願に霊験あらたか
だといわれている

Img_0567_2
頭、顔?の病気やらよさそうです
特に合格祈願の受験生が多い

Img_0571
絵馬のデザインも首をつけた矢です

恋煩いでも効くのでしょうか

Img_0575
境内の一角には納められた帽子などがかかっています

毎年、二月の節分の日に「浄火祭」が行われ
祈願されて焚かれる、そうであります

最近は「パワースポット」ブームとかで
雑誌やテレビで盛んにどこが霊験あらたかだ
などと煽っておりますが、あまりこういうやり方は
あまり好きじゃありません

それより、あまり知られていないが、
地元では昔から口コミで伝わる神社があるが
まあ、これもそのひとつかな

本当のところ、ご霊験あらたかかどうかは
解らない

でも人は、自分だけの力で生きているわけじゃない

偶然やら超自然現象やらがいろいろ重なって
結果があるのだから、そういう力もあると信じた方が
いいかもしれんね

信ずるものこそ救われる、かな?







2011年1月10日 (月)

谷汲さん初詣

今年、初めて谷汲さんの参拝に出かけた
山には雪があり、風が冷たい寒い日だった
Img_0620
休日なので家族連れが多かった

Img_0594
桜、新緑、紅葉、と季節ごとに
よく参拝に訪れるいつもの谷汲山華厳寺

だが初詣は、何となく空気が違う
新しい年がスタートした初々しい気分がまだある

Img_0595

いつものでかい仁王門をくぐる
華厳寺の言わば象徴的な建造物だ


Img_0596
力強い金剛力士像にごあいさつ

たまには、ちょっと力抜いてね、と声を掛けたくなる
悪い奴は許さんぞ、という頼もしい仏像だ

この門には、いつも正月になると
怪しげな募金活動の若い男女が
いかにも純朴そうな顔して立っていたが
今年は見かけなかった

Img_0590
駐車場横にある、いわゆる「顔ハメ記念写真」は
谷汲踊、であります

シナイ竹を背中に背負って
太鼓を叩いて舞うのですが
これが何人か丸くなって踊る姿は
なかなか美しい

鎌倉踊り、とか言われますが
まあ、雨乞い神事でしょうか

この踊りは揖斐の山村に多く残っております

Img_06041
門前町はつるし柿、富有柿、焼き栗など並べられ
たこ焼き、イカ焼き、など露店もでて
美味しそうな匂いが漂います

華厳寺は西国三十三ヵ所の結願寺なのであります
Img_0593
そのせいか数珠、掛軸、経本関連が多いですね

Img_0599
本堂に下がる巨大な提灯

Img_0600
煙たいお線香の煙を手ですくって
体の悪い個所をさする
ご利益がある、という
すがりたい気持ちが、人の心を素直にさせる

Img_0602
精進落としの鯉が柱にいる
口をつむった「阿吽の阿」
反対側には口を開いた「阿吽の吽」

「今までは 親とたのみし 笈摺を
      脱ぎておさむる 美濃の谷汲」

昔の巡礼者はここで衣装や杖を納めていく
そこで精進を落とす

近くの池田町の料亭などは
こうした客で大いに賑わった、と言われている

Img_0616
参拝のついでにかつての「名鉄谷汲駅」に寄る

幼い子供を連れた親子がひと組いただけだ
Img_0612
平成13年の廃線になってもう10年だ
Img_0605
おなじみの赤い電車が保存されている
何となくさみしそうで可哀そうだ

Img_0611
こちらも丸窓の珍しい電車だ
華やかな時代を想い出させる雄姿だ

鉄道がなくなると町の灯が消えたようで
どことなく街全体が引き締まらない

それに輪をかけたのが平成の大合併だ
谷汲村も今や揖斐川町のひとくくりだ

公共施設も減り、車なしでは生きられない
年寄りばかりになっていく田舎の生活

本当にこれから先どうなるんだろう

なんて思いつつ帰路についた

 

2011年1月 4日 (火)

超満員のお千代保稲荷だった!

今年の恵方は丙、すなわち南南東の方角だ

ということは、わが家から見て
お千代保稲荷か津島神社あたりか

というわけで、
おなじみのお千代保稲荷に初詣に出かけた

近くまで来たら、車がワンサカの行列だ

神社付近は、いわゆる農村地帯だから
農道がいくつもあり、どこにも路上駐車でぎっしりだ

交通の妨げになって車が流れない
かといって、有料駐車場はキャパが全く足りないから
仕方ない

規制のしようがないのだろうな

やっと門前付近の空き地に
手招きされて駐車した

私設の臨時駐車場というわけだ

おっさんが500円です、だって

まあ、こういうときはご祝儀のつもりで
素直に払うのが気分はいい

Img_1439
参道に入った途端
この人、人、人の行列だ

進まない、いや進めない

Img_1447
赤い鳥居前までやっと来て、またストップ

狭い境内なので入場制限しているのだ

前も後ろもぎっしり詰まって身動きできない
誰かがよろけたら将棋倒しの事故になるぞ!

そんなことを考えるとゾゾっとする

熱田神宮などでは経験あるけどここでは初めてだ

Img_1448

本殿前でも大混雑だ
ゆっくり手も合わせておられない状況です

手早くお賽銭を上げてその場を離れた

な、なんでこんなに人気なの?

やっぱり不況だから
商売繁盛のお稲荷さん頼みなのかな

Img_1455
名物の串カツ屋が大繁盛だし

熊手も良く売れておったようです

お稲荷さんは商売繁盛の神さまですが
別に商売人じゃなくてもここに参拝する人は多い

何と言っても人気の秘密は庶民的なこと

白菜、大根、ギンナンなど野菜、
糠漬け、みそ漬け、などのお漬物、
あられ、せんべい、麩菓子など駄菓子
揚げたての串カツ、ヨモギの香り一杯の草もち
などなど庶民的な食べものがあるある

おばちゃんが着るお値打ちな普段着、はきモノ
手ごろなアクセサリーもあります

お土産屋も雑多に並んでワイワイ言いながらの
ウィンドショッピング

何でも安いし量も多い

それにマイカーで来ているからたくさんでも持って帰れる

気取らなくても楽しく歩けるし楽しめるそんなところが人気ですね

Img_1452

今日は、おいしそうな草もちをお土産にしました

2011年1月 1日 (土)

今年もよろしく

2011年(平成23年)

みなさま
新年あけまして
おめでとうございます


Img_14151

今年も「にしみの夢通信」をご愛読のほど
すみからすみまでズズズーイと
おん願い奉ります~
チャンチャン~

初詣

さて、雪景色の朝の風景のなか
氏神サマの白山神社に午前7時参拝

すごく冷え込んで吐く息も白い
集まった全員で2礼2拍手1礼
そのあと、焚火を取り囲んで雑談

お神酒を湯呑に少し、スルメのつまみ
酒が体中にしみわたる

この冬、池田山、南宮山などイノシシや熊が
あちこちに現われ、まさに「サファリパーク」状態だとか
関ヶ原あたりでも、イノシシの捕獲檻に熊が入り
本来なら山に帰すべきところ
反対もあって結局殺すしかない

NHKの紅白もほとんど見なかった
年寄りはやはりなつかしの歌謡曲が1番いいよ

なんていう雑談が飛び交っておる

政治の迷走、出口の見えぬ不況、など
そう年が明けたから急に良くなるというわけでもない

不安を抱えながらの新年となった

お雑煮

この地方のお雑煮は
モチ菜とサトイモが入ったしょうゆ仕立ての
あっさりしたもの
でも、それがないと正月らしくない

元旦の新

最近は薄くなってしまい
活字離れが進んでいる

かつては、各新聞を買い集めて何が特集されているか
関心を持ったもんだが、この頃はほとんど読みもしない

新聞の折り込み広告

今年あたりは、
前日の大晦日に大型スーパーの広告が入り、
元旦だからといって
バカスカ売れるわけでもないから
全体的には大分減っていると思う

正月ぐらい休めばいいのに、といつも思います

年賀状

午前中待てど暮らせど配達がない
結局、午後1時半ごろ来た

民営化されたとたんにこういうマイナス効果であります

元旦のテレビ

NHKで「99歳の詩人・柴田トヨ」さんのことが放映されてました

息子からプレゼントされた財布は
お金はたまらなかったけど優しい気持がいっぱい溜まって
ず~と私の宝物です

なんていう詩をトヨさん自身が朗読すると
何ともいえない安らぎを感じて
涙があふれんばかりだ
Img_1385

新年の雑誌

文藝春秋の新年特別号は
「弔辞・劇的な人生に鮮やかな言葉」
を特集している

なぜ、新年号に「弔辞」なのかな

人生最後の時に捧げられた送る言葉

それと新年とどう繋がるのか

今年をどう生きていくのか
目標は何か

新玉の年に、自分の志を誓う

それは生きてきた人生を振り返ることでもある

そうだとすると、自分の目標はさて?


今年の誓い

そうなんだ!
明確にたどり着くべき目標がある人は
それを目指せばいい

だが、そういう人ばかりではないはずだ

ほんの些細なことでもいい、
自分に対して何かを決心してみよう

ちょっと勇気がいるけどね

なんてことを考えながら元旦が過ぎて行きます

今年こそ皆様にとって良き年でありますように!

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ