« そうだよな! | トップページ | 伊吹弥三郎 »

2010年12月22日 (水)

今日は冬至、ゆず湯に入る

今日は冬至だ
1年で最も昼が短い日だ
といっても、昨日と比べてもそんなに変わらないけど

日の出が6時57分で
日の入りが16時45分(名古屋標準)だからね

それに雨が降ったりすると
感覚的にはもっと陽がささない気がするんだ

名古屋まで勤めに行っていた頃
朝も帰りもヘッドライト点灯してたんだ

この季節は、とても太陽が恋しく思われる

冬至といえば、まず南瓜だ

この日に、食べると1年中風邪を引かないって言われてる

Img_1303
ホコホコの南瓜はホントにうまいもんだ
(今夜のはマアマアかな)

それにゆず湯もいい
Img_1296
わが家もゆずを買ってきてゆず湯にする

いい香りが漂って、疲れもとれそうだ

冬至は湯治にごろ合わせ、ゆずも融通がきくとか
まあ、そんな遊び心もあるらしい

もちろん、南瓜も柚も栄養や成分から効用があるし
なにより季節の行事として
自然の恵みを生活に取り入れてきた
日本人の英知を感じることができる

先ほど外に出てみたら
素晴らしい月が東の空に上がっていた
Img_1305
デジカメなので写真はこんな程度だが
実際はもっとくっきり大きく見えた

昨日は満月でしかも皆既月食だった
が東海地方では生憎曇って見えなかった

月というものが、かつては日常生活に
なくてはならないものだった

明治に太陽暦が採用されるまでは
太陽太陰暦で月の満ち欠けで月日を
数えていた

満月の夜の月はナント明るいものだろうか

都会の明りにかき消されてしまい
日頃その存在すら忘れられている月

田んぼのなかにくっきり見える月は
辺りを輝かせるほどだ

特に冬の月は空気が済んで
ひときわ鮮明に光る

寒さの中で、ず~と見ていたくなる

ちょっとした感動を覚える

それぞれ人に備わった
いわゆる五感を
たまには働かせることも
大事だな、と思う

« そうだよな! | トップページ | 伊吹弥三郎 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/38173677

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は冬至、ゆず湯に入る:

« そうだよな! | トップページ | 伊吹弥三郎 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ