« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月31日 (金)

雪の大晦日

朝から雪が降り出した
あっという間に積もった
この勢いだと危ないぞ!

あわてて昼前に買い物に出かけた

Img_1378
アクアウォークは
大勢の買い物客でごった返していた

牛肉、刺身、寿司、惣菜ものなど
今日ばかりは不況知らずの状況だ

どの客も5千から1万円の買い物だ

ほとんどの客がマイカーでの家族連れで
ひさしぶりに楽しそうな表情だ

それでもやはり大晦日は
何となく慌ただしい

さいわい雪もやみ、積もった道路の雪も少し溶けた

私もこれからお正月のお飾りの準備だ

Img_1383
まず、神棚からだ

注連縄を張りかえ
榊と塩、水、お神酒
それに鏡餅を供える

昨日、お餅をついてお鏡モチをつくった

ついたと言っても「もちっ子」での話だ

今はずいぶん便利になった

私が子供の頃(昭和20~30年代)は
石臼と杵でついたんだ

近所の数軒が一緒になって
まだ暗いうちからつき始めた

どこの家にも土間があった
そこに石臼がセットされた

カマドでもち米を蒸す湯気が家中に
拡がった

5人の男で杵を順番につく
ポンポンポンポンポンと
リズムよく始まり、
ころ合いをみて手返しされる

つきあがるとトウミに入れて
座敷の延し板に運び麺棒で
四角にのばされる

そりゃ迫力があったな

まるでショーを見るようで
楽しかった

そしてつき終わったあとの
つきたてのキナコ餅、アンコ餅を
ほおばる嬉しさ

つい、そんなことを想い出した

神棚の外、
お飾りの鏡モチは
仏様に2つ
床の間に1つ
水神さまに1つ
玄関に1つ供える

Img_1390

次は玄関の注連縄だ

この注連縄買いも悩みの種だ

年々マガイモノが多くなってきている

今年特にビックリしたのは
ミカン(本当は橙)だが
なんとプラスチック製が大半だ

そうでなくても裏白やらエビが代用品だし
本体の藁がほとんど中国産なんだ

そりゃ食品じゃないから別に中国産でも
構わないんだけどねぇ

神棚に供える榊さえも中国産が多い

中国産が90円で日本産の榊は250円だ
だけど、なんかこだわるから250円でも
日本産を買ってしまった

そんなわけでかつては当たり前に
身の回りで生産されていたものが
近代化、機械化されたことで
逆に手に入りにくくなってしまった

自然がどんどん身の回りから遠ざかっていく

何軒かの店を回って
やっとホントのミカンの注連縄をみつけることができた

お正月やらお盆など日本の季節の年中行事も
だんだん希薄になっていく

そのくせパワースポットなどという変なブームを
テレビ・雑誌で若者に刷り込ませていく

どこか世の中ちぐはぐなんだ

年末は忙しい中にも
立ち止まって振り返る日でもある

今年も恒例、大晦日の国民的番組「紅白」が始まった

私にとってのこの1年はどんな年だったか

長年のサラリーマン生活からリタイアし
いわゆる第二の人生に足を踏み入れた年だった

生活のパターンがガラリと変わり
戸惑いを覚えたこともある

しかし、最近になって
やっと私なりのリズムをつかみ
流れに逆らうことなく
進められるようになってきたように思う

このブログも好き勝手に気ままで
思いつくまま
書き込んできた

ブラリ歩きがちょっと減っただけトマソンが
見つけられなかったのが少し残念だった

それにもかかわらず
今年もブログを飽きずに見てくださった人に
とても感謝しています

来年こそ
あなたにとっていい年でありますように!pencil

2010年12月28日 (火)

伊吹弥三郎

いわゆる「顔ハメ」写真シリーズです

今回はこれです!

Img_13411

いぶきやさぶろう、って?

こんな説明がありました

大変な大男で、土をもっこにかついで伊吹山をつくった
掘り起こしたあとに水がたまって琵琶湖になったそうな

伊吹山と七尾山に足をふんばって小便したら
流れ出て姉川になったという
「伊吹町史伝説」

Img_1364
これは伊吹山文化資料館の玄関にあった「顔ハメ」です

現在は米原市ですが合併前は伊吹町でした

この資料館はかつての小学校が廃校になり
郷土資料館に生まれ変わったものです

ここから伊吹山が真正面にどんと見えて迫力あります

新幹線で東京から大阪まで山側の車窓で
インパクトがあるのは「富士山」と「伊吹山」では
ないでしょうか

富士山は、雄大で秀麗な美しい山であり
日本の山の代表でしょう

それに比べて「伊吹山」は標高もそれ程ないし
形の優美さもない

しかし、山にかなり接近して走るので迫力がある

特に雪を被った姿は実に神々しいほどだ
圧倒的な畏怖感に襲われる

在来の東海道線からはまたこれも凄い!
柏原を過ぎると線路が大きく北に湾曲する
まさしく伊吹山に向かって進むかっこうだ

ず~と車窓を眺めていると
古代から伊吹が荒ぶる神がいる山として
恐れられていたことが実感できる
Img_0438
  (参考・長浜市方面から見た雪の伊吹山)

ヤマトタケルをも打ち負かす秘力とはなんだろう

イブキとは霊力をもった風であるともいわれる

あの伊吹おろしは鉄作りに欠かせないフイゴの風を
作りだす

近くの垂井町にある南宮大社は
まさしく鉄の神さま、金山彦を祀っている


では、伝説の伊吹弥三郎とはいったい誰なんだろうか

もっと奥が深いものがありそうですよ

この文化資料館はこじんまりしてますが、
とても丁寧な展示で好感がもてます

顔ハメしながら謎解きに出かけてみるのも楽しいですよ

2010年12月22日 (水)

今日は冬至、ゆず湯に入る

今日は冬至だ
1年で最も昼が短い日だ
といっても、昨日と比べてもそんなに変わらないけど

日の出が6時57分で
日の入りが16時45分(名古屋標準)だからね

それに雨が降ったりすると
感覚的にはもっと陽がささない気がするんだ

名古屋まで勤めに行っていた頃
朝も帰りもヘッドライト点灯してたんだ

この季節は、とても太陽が恋しく思われる

冬至といえば、まず南瓜だ

この日に、食べると1年中風邪を引かないって言われてる

Img_1303
ホコホコの南瓜はホントにうまいもんだ
(今夜のはマアマアかな)

それにゆず湯もいい
Img_1296
わが家もゆずを買ってきてゆず湯にする

いい香りが漂って、疲れもとれそうだ

冬至は湯治にごろ合わせ、ゆずも融通がきくとか
まあ、そんな遊び心もあるらしい

もちろん、南瓜も柚も栄養や成分から効用があるし
なにより季節の行事として
自然の恵みを生活に取り入れてきた
日本人の英知を感じることができる

先ほど外に出てみたら
素晴らしい月が東の空に上がっていた
Img_1305
デジカメなので写真はこんな程度だが
実際はもっとくっきり大きく見えた

昨日は満月でしかも皆既月食だった
が東海地方では生憎曇って見えなかった

月というものが、かつては日常生活に
なくてはならないものだった

明治に太陽暦が採用されるまでは
太陽太陰暦で月の満ち欠けで月日を
数えていた

満月の夜の月はナント明るいものだろうか

都会の明りにかき消されてしまい
日頃その存在すら忘れられている月

田んぼのなかにくっきり見える月は
辺りを輝かせるほどだ

特に冬の月は空気が済んで
ひときわ鮮明に光る

寒さの中で、ず~と見ていたくなる

ちょっとした感動を覚える

それぞれ人に備わった
いわゆる五感を
たまには働かせることも
大事だな、と思う

2010年12月21日 (火)

そうだよな!

偶然通りかかった
あるお寺の掲示板
Img_12461
いや~意味深いお言葉でありますなぁ

海老蔵も、まさしも、法子も
「いつかは世間も忘れてくれる」

管も、小沢も、鳩山も
「どん底からいつかは這い上がる」

名古屋の河村も、境港の水木も、小説大賞のヒロも
「浮かれ気分も最高潮、そのうち落ち込む」

遼も、イチローも、白鵬も
「解ってるけどやっぱ、波はある」

そう!だからいいんだよ

悪い時にも、絶好調の時にも
この言葉を噛みしめるんだ

2010年12月14日 (火)

石の無用階段だ!

久々に発見しました。

純粋なトマソンだ!

Img_1238

小さな排水路に設置された階段

わずか5段しかない

石でできており随分頑丈そうだな

上にブロック塀があり、今は使用は不可!

そのまま残った、てわけ

何やらむなしさが漂う

Img_12391
でも、ちょっと乗りたくなりません?

大丈夫だろうか?

ちょっと不安

           (岐阜県大垣市内)

2010年12月13日 (月)

「てっぱん」焦げついた?

NHKの朝ドラ「てっぱん」が最近、ちょっと変だ!

特に先週は詰まらなかったな

それに、鉄板を囲む場面が多すぎて、ちょっと食傷気味

ゲップ!

まあ、大阪はお好み焼きの本場だから
毎日食っても飽きんかもしれんけどねぇ

たこやきやらお好み焼きやら
いわゆる「てっぱん」を囲む食文化はやっぱ関西やね
Img_1222

そりゃ、このあたりでも
お好み焼きやたこやきは

どこのスーパーへ行っても
店内で売ってますから

ときどき買って食べますが
家で夕飯にお好み焼きを食べることは
めったにありませんね

毎回、早朝からてっぱんジュージュー見せられたら
ちょっと胃が重くなりますね

お好みダイスキ!の人はいいんですけど

食べもの屋を舞台にしたドラマは
よくありますが
ちょっとやり過ぎの感があります

まあ、先週はヒロインの村上あかりが
鰹節店の勤めと
始めたばかりのお好み焼き屋
どっちも中途半端で
どうするの?というのがテーマだったから
鉄板を囲むシーンが目立ったかもしれないけどね
Img_1215

ストーリーも今週はちょっと「 ? 」という感じだ

先々週だったか
例の手紙事件まではドラマとはいえ
毎回ちょっとした緊迫感があった

開けてびっくりの手紙で
いささか拍子抜けだったが
この回が最終回になるような印象だったな

だから余計、先週は間延びしたような内容で
1週間もやるんかい!
そう感じました

家族との縁も切れ、地域との繋がり、会社との繋がりも切れて
たった一人ぼっちになって死んでいく

いわゆる「無縁社会」は大きな社会問題になってますが
このドラマの底にはいつも

「家族とはなんだろうか」
ということを考えさせる流れがある

賄い付きの下宿なんてじっさい今あるのだろうか

昭和30年代~40年代のなつかしい時代を
想い出させるようなにぎやかな下宿生活

私も学生時代は、
一時期3畳一間の賄い宿に下宿していたことがある

ただ、飯も不味かったし、大家さんも親しめる人柄でもなかった
どこもそういう人が多かったと思う

この「てっぱん」では下町を舞台に雑多な人がくらしている

始めはお互いが他人行儀な付き合いだったが
あかりが来てからは連日大騒ぎの連続である

Img_1221

私があの中に下宿人としていたら、「エキデン」君同様
「うっとおしいねん」なんて言ってるよ、キット

いい人ばかりが集まってのドラマで
ご都合主義的シナリオがだんだんエスカレートしてくるなあ

NHKの朝ドラなんて今年リタイアするまで見たことなかった

まあ、朝ドラとはこんなものかもしれないけどねぇ

今朝は隣に住む竜雷太演じる「伝さん」の孫が突然やってきた
で、今週は「伝さん」の巻となるわけ

次は「エキデン君」次「絵描きさん」「鰹節屋の小夜子さん」と
次々やってたら永遠に続けられるってわけだ

月曜に大問題が発生!しても土曜日にはメデタシメデタシ

これまで、テンポ良く流れてきた「てっぱん」も
ちょっと焦げ付いたかな?

一方では
午後の民放の殺人、暴力で蔓延した刑事ドラマが
嫌というほど放映され続けているし

ワイドショーでも血と暴力、恨み、怒り、不信の事件を
ドラマ以上に過激に見せて国民総不感症になっている

石原慎太郎の「日本堕落論」(文藝春秋12月号)じゃないけど
ホントこのままじゃ日本はどうなるの?と思いますよ

2010年12月 6日 (月)

長良川の鵜匠

「顔ハメ写真」です

Img_0865

岐阜といえば、やはり長良川の鵜飼でしょ

烏帽子に腰ミノ姿の独特のスタイル

ちょっと恥ずかしいような姿ですが

何と言っても古典的な漁法を今に伝える

世襲制の職ですから、普通はなりたくてもなれません

身分は宮内庁式部職だそうですな

鵜が捕った鮎は主に料亭で出されるとかで
鵜のくちばしが残っているのが珍重されます

皇室へも献上され、鵜匠はまさに無形文化財ですな

長良橋西詰にある鵜飼観光船のりばで発見しました

鵜匠は男に決まっておりますので、

この顔ハメは、女人禁制なんでしょうかネ?

2010年12月 2日 (木)

どうなる リバモ!

12月になった
1日は「映画の日」だったな
以前は映画館が半額になったりして混雑したもんだ

ひさしぶりにリバーサイドモール真正に行ってみた

というのも、新聞の映画案内欄にこう書いてあったからだ

「ユナイテッド・シネマ真正16は2011年2月27日をもって
閉館いたします。長い間、ご愛顧ありがとうございました」

Img_0891
え!
リバモの映画館も来年2月で閉館かよ!

ユナイテッド・シネマ真正16がなくなるなんて

またまた西美濃地方から文化ゾーンが縮小される

近くにはモレラ岐阜のTOHOシネマと
大垣コロナシネマがあるけど
何と言ってもリバモが16館もあって
いろいろやってるから
ちょくちょく利用したのになあ

他のシネコンとは系列が違うから
映画の選択範囲がぐっと広がり
見たい映画が近くで見られ
オープンした時は小躍りしたもんだ

これからどうすりゃいいのさ
カラフルタウンへ行くとか
場合によっては名古屋あたりまで
足延ばさないとみられなくなるかも

そりゃ、映画の距離がだんだん遠のくわなぁ!

Img_1065


リバモに足を踏み入れて驚いた

Img_1096

平日とはいえ、3000台収容の駐車場もガラガラのガラ

パチンコ屋もいつの間にかなくなっていた

Img_1047

開いている店舗もほとんどなく
その場しのぎに物産販売、古本販売のスペースが少しだけ

Img_1046

かつてはユニクロを始め最新ファッション、楽器
書店、雑貨などが列をなし名古屋、滋賀、三重、
福井など他府県ナンバーが押し寄せたもんだ

風向きが変わったのは、2006年にモレラ岐阜が
オープンしてユニクロがそちらに出て行ったころからだ

おまけに、隣接のリオ・ワールドから関西系大手の
「いずみや」が昨年だったか撤退し、国内消費の
冷え込みから急速に縮小に向かっていた

地方の貧困に拍車がかかり、都会との格差が
広がる一方の象徴的な事象でもある

Img_1087
かろうじて映画館の入口だけは変わっていない

でも、人が少ない

もっとも、平日で話題の映画もあまりないので
ここだけの問題でもないけどね

映画によっては2~3人しか入ってないところもあるんだ

入場料を500円くらいにしたらもっと入るのに

Img_1089

フード街だってお昼どきでもガラ空きだ

スガキヤもマックも待ち時間ナシ

むしろ店員がお客を待ってる状態だ

座る席もなかったころが懐かしい

Img_1092

クリスマスツリーがよけいにさみしそうだ


本館からモール館へ行く

誰もいない

何もない

Img_1052

まさしくゴーストタウン!

Img_1048

閉店を知らせる張り紙があり
あれだけあった店が一機に撤退していった

Img_1067
止まったままの大観覧車が
ひときわわびしさを誘う

昔の光、いまいずこ、だ

Img_1078
殺し屋がやってくるという噂に
みんな恐れて出て行ってしまった

まるで、西部劇のように冷たい風が吹きさらす街

いっそ、映画のロケに利用したらどうかな?

Img_1055
リバモの運営会社が手を引いたことは
新聞でもすでに報道された

しかし、いろいろ聞こえてくる話は、
けっして心地よいものではない

どうやら東京の占い師が買い取ったらしい

この先どうするつもりなのか

その買い手のK占い師のHPには、

驚くことに

「全国をまわり探し求めていたパワーあふれる地」
がやっと見つかった、つまり、ここだと言う

つまり占いによって買い取った、ということだ

どうも胡散臭い話だ

まあ、それは横に置いとくとして
ここをこれからどうしたいのか
Img_1091

「温井の湯」という温泉は続けるらしい

ホテルを建てるとかいう噂も聞いた

HPでは、映画館も継続します、といってます

ム~、わからん!

  Img_1086_2

全部取り壊されるよりは
まだマシかもしれんが
この占い師の言動やらに注目して
先行きを注意深く見るより手はありませんかね

大当たりか!
大誤算!
なのか

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ