« ワッ、コンクリート食う怪獣だ! | トップページ | どうなる リバモ! »

2010年11月30日 (火)

秋の城台山公園と揖斐川の街並みウォーキング

久々に歩いた

揖斐川町が主催の
「秋の城台山公園と揖斐川の街並みウォーキング」
に参加した

11月27日(土)は、まあまあの天気である

揖斐川町役場に行くと、
家族連れ、
オバサングループ
おっさんグループ
もちろんお一人サマもいる

最近のウォーキングは
健康志向やら、歴史好きやら、
ダべリング族やらで占められる

皆さん歩き慣れしているのだ

したがって、服装を含め装備は完璧で
サア、歩くぞ!、という元気派がほとんどだ

しかし、中には我々のように
久々に歩く人もチラホラ見かける

ちょっと自信なさそうだ

テントが張られた参加受付で
コース地図、揖斐川観光地図や
参加賞の「ペットボトルケース」をもらって
いざ、出発!

約7キロのコースで距離的には短いが
山道もあるから、どうかな?

Img_0929

最初しばらくはゾロゾロと集団になって進む

つい2週間前の11月14日、
揖斐川マラソンのスタート地点となった
中央公民館辺りを歩く

揖斐川マラソンはもはや全国からエントリーされる
超有名なイベントに育ち
当日はどこも満員になるから
近寄りがたい

特にボランティアの温かいもてなしが素晴らしいと
いわれ、町民あげて応援している

一万人がスタートした中央公民館は
人の熱気で凄かったんだろうな

今日は特別ひっそりしてます

歩き始めは、
どのグループもワイワイ会話が聞こえてくる

私のツレアイは
日頃の運動不足のせいもあって
足取りがもはや重そうだ

大丈夫か!

20分もするとだんだん集団がばらけてくる

Img_0931

最初のポイント、揖斐川町歴史民俗資料館に着く
参加者は、本日無料の特典があるけど
見ている余裕はない

この資料館は見応えがあります
特に揖斐川がかつて舟運で栄えた頃の歴史や
祭りや民俗を紹介しています

また、別の機会に紹介したいと思います

Img_0941

資料館の周辺はお茶畑が広がっている
いわゆる揖斐茶の産地である
緑が映える茶畑を通り、いよいよ山道に入る

揖斐川町の市街地の北にある城台山は
標高220メートルの小さなお山である

谷汲さん参詣の折りに走る県道の車窓から
いつも眺めているだけのごく普通の山だった

だが、今日始めて踏み入れるのだ

どんな山か興味シンシンだ

Img_0945

いきなり、急坂が待っていた

枯れ葉が敷き詰めた道を、ヨイショ!と言いながら
登るんだが、なかなかきついヨ

Img_0944

この山道は城台山公園の
「文学の里」「歴史の里」として
整備されている

Img_0965
 
この山道沿いには、こういう碑が20ほど設置されている
ただねえ、この句をゆっくり読んでいるゆとりがないんだな

ただ登るのに必死!
いや~、運動不足がこたえるぜ

元気なオバサン集団や、ファミリーが
スイスイと追い越して行く

「どうぞ、お先に~」

Img_0974

せっかく整備されたこの階段
実に歩きにくい

歩幅と段差がちぐはぐだからダメなんだ

かえって疲れてしまう
Img_0969

東屋があり、お茶を飲んだり、菓子食べたり
ちょっと小休止する

Img_0960

紅葉は今が見ごろだ

こういう景色をみると疲れが少し吹っ飛ぶ

Img_0957_2

有名観光地の洗練された紅葉とは違う
いわば自然の広葉樹の景色もいいもんだ

落ち葉がどっさり落ちていて
歩くとカサカサ音がする

Img_0947

右へ左へ坂道を登る
想像していた以上にきついぞ!

それにしてもだいぶん、上ってきたようだ

Img_0966

こんな案内板が出ていたので、
さらに登ってみると…

Img_0978

頂上付近に揖斐城跡の碑が建つ
さみしい風景である
何もないし展望も効かない

一人ではちょっとここまでは来られないよね

熊さんがでるかもしれないし…

この城台山は
藤橋、徳山、坂内など揖斐の山間部への
ちょうど入り口にあたる位置にあり
かつては戦略上かなり重要だったのだろうな

Img_0976
さらにこんな碑が建っていた
あの槍ヶ岳を開いたことで知られる「播隆上人」は
この城台山一心寺の開祖である

もともとはこの付近に寺があったらしい
Img_0982
やがて下り坂になり、
ようやく展望が広がる場所があった

Img_0986

路傍に、つわぶきの花が咲いていた

Img_0997

やれやれ、やっとのことで山から降りてきたぞ

随分、里というか、下に降りてきました
Img_0992

現在はここに一心寺があります



Img_0996

ここの紅葉もきれいでした

Img_1005

城台山を降りたところが、三輪神社です

奈良県にある大神神社からの分霊といわれる

それも続日本紀に「大野郡大神郷」の地名が
記述されているとのことだから相当古い

Img_1006

神社前には揖斐川町の街並みが続いている

古い造りの建物が混在している狭い通りだ

車がスピードを上げて通り過ぎていくから

歩くのはちょっと危ない

Img_1012
今回のウォークでは
いろいろ特典やらサービスがあった

資料館の入館無料
三輪神社の絵馬願掛け
豚汁、甘酒の無料サービス
染物体験
揖斐茶サービス

など

揖斐川マラソンの心がここにもあった

Img_1011
さらに揖斐祭りの神輿やヤマ倉が特別に開かれて
展示されていました

揖斐祭りは、毎年5月にあります
この上で子供歌舞伎が演じられるんです

練習が大変そうですが、伝統を維持していくのは
ほんとに難しいことです

Img_1030
やっとのことで、ゴールできた

ツレアイさんは、もうほとんどぶっ倒れ状態だった

やっぱり運動不足と山があったのでよけいに
足腰にきたんでしょうね

もう2度と行かん!と
申しておりますが

日頃からなるべく鍛えないとダメですね

そういう私もひさびさの歩きで腰がちょっと(笑)

かつては30キロも40キロも歩いたのにネ

次は頑張るぞ!

« ワッ、コンクリート食う怪獣だ! | トップページ | どうなる リバモ! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/37889918

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の城台山公園と揖斐川の街並みウォーキング:

« ワッ、コンクリート食う怪獣だ! | トップページ | どうなる リバモ! »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ