« いよいよ冬だなあ! | トップページ | 白洲正子「神と仏、自然への祈り」展に行く »

2010年11月13日 (土)

黄砂に思う

朝から空が変だ
曇りのようだが
ときどき陽がさす
Img_0848

ぼんやりした空に
ちょっと嫌気がさす

なんか今朝はオカシイ!

しばらくしてから
やっと気がついた

こりゃ、黄砂じゃないか!
そうか!
だからなのか
この不思議な空の状態

朝刊の記事と
私の見ている今の空と
どういうわけか
全く関連付けられなかった

このどんよりとした重い空気の層は
黄砂のせいだったんだ

中国内陸部の砂漠地帯から
砂が舞い上がり
偏西風に乗って日本にやってくる

通常は春に見られるのだが
11月の今は、珍しい

Img_0846
池田山もわずかに輪郭線が見える程度である

昼過ぎになってもいっこうに晴れてこない
なんかイラついてきた

こんな空を見上げて
ゴッホの絵のような空とか
かつての四日市公害の空とか
いろいろ思われるけど
私はお隣の国の一番偉い方が
横浜に来られたんで
一緒にお供したのかななんて
思ったりしてね(笑)

でも、遠い中国大陸の影響が
こうしてモロに私達の生活に
及ぼしてくるって思うと
無関心ではおられなくなるよナ

尖閣問題で中国のことを
呆れたり怒ったりしてるけど
考えてみれば
ず~と昔から
つまり、隋や唐の時代から

大波小波が日本に打ち寄せてきて
その都度なんとか乗り切ってきた
長い長い付き合いというか
関係してきたんだ

確かに今、外交が腰砕けだとか
弱腰で骨がないとか言われている

でもねぇ
これって、今に始まったことじゃないよ
沖縄の基地だって戦後処理の結果で
今の状況があるんだからな

歴史を引きずってきた結果
今の状況を作ったってことでしょう?

その場しのぎで取り繕って
良い結果なんて出るわけない

ず~と先を見据えて
どっしりいかないと
見透かされるさ

国会中継でのやり取りで
相変わらずの政治と金のことばかりに
無駄金つかって
マスコミも無責任な報道合戦で
煽るばかりでズルイ!

何が大事なのか
誰も考えもしない

ホントこのままでは
日本は危ないよ

突然の「秋の黄砂」が
こんなに
イライラさせるのは
どういう現象でしょうかね?

マッタク!

« いよいよ冬だなあ! | トップページ | 白洲正子「神と仏、自然への祈り」展に行く »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/37654687

この記事へのトラックバック一覧です: 黄砂に思う:

« いよいよ冬だなあ! | トップページ | 白洲正子「神と仏、自然への祈り」展に行く »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ