« 黄砂に思う | トップページ | [顔ハメ」ブームのきざし? »

2010年11月16日 (火)

白洲正子「神と仏、自然への祈り」展に行く

滋賀県立近代美術館で開催されている
白洲正子の「神と仏、自然への祈り」展に
行きました

生誕100年の特別展です

今年は生誕100年で13回忌にあたる

これを記念して白洲正子が感銘を受けた
仏神像などや旅で出会った文化財など
展示するというものです
Img_0432
新名神「草津田上IC」下車して5分ほどで到着
滋賀県立近代美術館は、
外観は和風のゆったりした建築で
自然豊かな森の中にある

Img_0420
裏にある日本庭園も紅葉が美しい
今日は特に冷え込んだので、
その分色彩が濃いように見える
Img_0426
白洲正子の著作は「かくれ里」や「十一面観音巡礼」
「近江山河抄」など読んだ

日本人の心に宿る神仏習合したところもの、
いわゆる自然崇拝というものを解りやすく
話をする語り部のような人であった

白洲正子の紀行文を読んで近江の田舎を歩くのは
楽しいことだ

西美濃に住んでいると近江は庭続きのようなもので
ごく身近に感じられる

今回の特別展に行きたいと思ったキッカケは
神戸町の日吉神社にある「十一面観音坐像」を
じかに見たいという思いからである

9月29日の中日新聞岐阜県内版の記事によると
約30年ぶりに一般公開されるというのだ

ふだんは収蔵庫に仕舞われており、日吉神社の祭礼でも
公開されたことはない

私も一度も見ていない
国の重要文化財に指定された貴重な文化財であるが
誰も見られないようではね…

Img_0430
平日の朝というのに大勢の人が来ている
先週の10日にはや1万人に達したという

入口で音声ガイドを借りて入場する

展示は「自然信仰」「かみさま」「西国巡礼」
「近江山河抄」「かくれ里」「十一面観音巡礼」
「明恵」「道」「修験の行者たち」「古面」といった
テーマことに区分されている

なんといってもよくこれだけの神仏像が揃った
ものだと驚かされる

この特別展は白洲正子の孫にあたる白洲信哉氏
の並々ならぬ情熱があったようだ

日吉神社の観音像の場合も、
信哉氏自身の強い要請を受けて
氏子総代で話し合った結果
30年ぶりに一般公開になったものだというのだ

多分、他の神仏像も、いわゆるそれぞれ地域の
神社や寺で手を合わせていた大事な神さま
仏さまなんだろう、と思う

それが白洲正子によって
神仏像の持つ美しさ、深さ、価値が
掘り起こされて、また新たに甦ったのだ

だから「おらが村」の誇りなんだ

おそらく白洲正子を偲ぶ特別展だからこそ
貸し出されたものも多いだろう、と思われる
Img_0429

神仏像の前には白洲正子の随筆の一部が
あわせて展示され、わかりやすい

法隆寺、興福寺などの有名な仏像と違い
その神仏像のどこに面白さや美しさがあるのか
ちょっとシロウトにはわからない

この文章を読むながら鑑賞すると「ナルホド!」
と実感できる

サテサテ、
あの日吉神社の「十一面観音坐像」のことですが


オゥ、ありましたゾ!

ナント、小さな像だ
手の上に乗る位の大きさだ
約23センチというから、今回の観音像で最小だろうな

でもキリ!としたよいお顔です
右手はとれてしまっているし、木造で色も剥げ落ち
頭の十一面も素朴そのものです

白洲正子は随筆の中でこの観音様は
「ただすぐれているだけではなく、日本の美術品に特有な
うぶな味わいと、ほのぼのとした情感にあふれており、
観音様でありながら、仏教臭がまったくない。…」

「今まで見たどの仏像より日本的で、彫刻も、彩色も、
単純化されている。… … 頭上に十一面は頂いている
ものの、これはあきらかに神像である。そういって悪ければ、
日本の神に仏が合体した、その瞬間の姿をとらえたといえ
ようか」(十一面観音巡礼から)

十一面観音といっても二メートルもあるものから、ちっぽけな
日吉神社のものもあります

でもね、かわいらしくて何とも離れがたくて、
これが
「神に仏が合体した瞬間の姿か…」と
頭に焼き付けるように
観音様をマジマジ見続けていました

Img_0451

なんだかんだで大変見応えにある特別展でした

この感動は、やっぱホンモノを自分の目で見ないとね!

そのほか、岐阜県関係では千光寺の円空仏が10体ありましたよ

紅葉見物を兼ねて秋の近江路に出かけてみるのもいいですよ!

21日(日)までやってます

« 黄砂に思う | トップページ | [顔ハメ」ブームのきざし? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/37695700

この記事へのトラックバック一覧です: 白洲正子「神と仏、自然への祈り」展に行く:

« 黄砂に思う | トップページ | [顔ハメ」ブームのきざし? »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ