« 雲を見ながら | トップページ | 大垣10万石まつり »

2010年10月 2日 (土)

彼岸花

Img_0280
輪中堤に彼岸花が咲いていた

根には毒があるという

堤防に群生しているのは
誰かが植えたものだろうか

ネズミやモグラは寄りつかない
堤防を守るのに役立っているのかな

Img_0278
それにしても毒々しい血のような赤だ

墓地などにも生えているから
ちょっと不気味ではある

満月の夜、青白い光に照らされたりしたら
冥界から何かが来ているんじゃないかと思われる

関ヶ原町あたりの田んぼの畔にも
この花が見られる

昔、飢饉に備えて、植えたという説もある
根に毒があっても何回も水でさらせば
毒は抜けるらしい

貴重な食糧を確保するためなのか
モグラ対策なのか分らない

それにしても
この花を愛でる人はいないだろうな?

花ことばは「悲しい思い出」とか
確かにそう思わせる色、姿だ

秋の彼岸の頃咲く花で
これほどインパクトのある花はない

« 雲を見ながら | トップページ | 大垣10万石まつり »

コメント

ネットサーフィンしてたまたま
おじゃましましたッ「!!
私も路上観察しています!!
よかったら是非!遊びに来て下さい!!

http://ameblo.jp/sumiko116/

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/37044615

この記事へのトラックバック一覧です: 彼岸花:

« 雲を見ながら | トップページ | 大垣10万石まつり »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ