« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月30日 (木)

雲を見ながら

畑に行く

空を見上げる
Simg_04981


そういえば仕事を止めてちょうど半年たったな

寒い冬がやっと過ぎて

職場の仲間と別れたのは、まだ今年の3月末だ

Simg_0329

冬から春へ季節が移り変わり、菜の花が咲いていた

Img_0839


あれから半年か!

ずいぶん長かったな、とも感じる


仕事していたのがもう何年か前のことのようにも思える

名古屋へ出かけることもめっきり減った

背広にネクタイもずっと眠ったままだ

たまの名古屋行きも疲れるようになってきた

Simg_0316

もっぱら畑に出勤状態の毎日だ

ここんところ、秋冬野菜の仕事が多い

ホウレンソウ、ダイコン、ハクサイ、正月菜
種をまいたり、苗を移植したり…

Simg_0375

酷暑から急激な秋への変化で植物も混乱している

病害虫やら発育不良やらのパニック状態?

昨年初めて作って豊作だった菊イモが今年は枯れてしまった

サトイモにアブラムシが異常発生し葉が次々枯れていくし…

でも、シロウト百姓は対処するすべを知らない

けっきょく野菜作りは、手間とお金のかかる趣味なんだ

と、自分に言い聞かせつつ畑に出ていくんだ

Simg_1383
田畑が広がるだけで、木々が少ない

平凡でどこにでもある田舎の風景

それでも四季の変化は少しは感じる

Simg_0252

吹いてくる風やら、鳥の動き、鳴き声


028

ちょっと前までは畑などほとんど頭になかった

1年位前から土日に畑をのぞいたりするようになった

この頃、畑の中にいると気持ちがいいな、なんて
思えたりするようにさえなった

雑草を鎌で刈ったり、土を鍬で起こしたり
肥料をまいたり、雑事は多い
陽が照れば汗をかくが、
ときおりひんやりした風が心地よい

Simg_0282_2

やっと秋だな、と五感が反応する

ときどき空を見上げる

Img_0501

雲が面白い

雲の形が瞬く間に変化していく

見とれていると、時間がすぎていく

Simg_0354

ふと、人生ってなんだろう、と思う

この年になってまだそんな青臭いこと考えるんだ

体力、気力、知力がどんどん落ちていくようなさみしさ

やはり仕事に打ち込んであーだ、こーだ、って
言い合っていた頃が一番よかったのだろうな


イカンイカン、秋の空は!

喝!






2010年9月20日 (月)

犬山ぶらり散歩

何年か振りに犬山に行った

大垣から国道21号線で40分くらいで行ける
連休だと高速道路はすぐ渋滞するから下道のほうがいい

犬山市は愛知県の北のはずれに位置し
木曽川が県境で北は岐阜県各務原市だ

9月15日にCBCテレビの
名古屋地区限定番組
「特捜・坂東リサーチ」で
「あいち城下町ぶらり旅」で
犬山市が紹介されていた

ずいぶん街が変わったようなので
行ってみることになった

市営駐車場の近くの観光案内所でパンフをもらう
私の旅のスタートは街の概略図を手に入れること

そしてなるべく歩いて回ること
観光スポットだけじゃなく
普通の街並みをそれこそ「ぶらり旅」することが
最高に楽しい

もっとも、ツレアイの気分・体調やら希望もありますので
そのあたりは話合いしながら決めますが…

まずは国宝・犬山城ですな!

Img_0416

犬山城は国宝だ
彦根城、姫路城のようにとにかく階段が急傾斜だ
ツレアイなど足が上がらないで怖がっている

私なんぞは、
梯子を使って柿の木の剪定、屋根の修理を
したりしてるからそれほど怖くはないんですがね

Img_0417

犬山城は何といっても、天守からみた風景がすごい
眼下に木曽川の流れが迫り周囲一面遮るものがない
欄干が低いので地面に吸い込まれそうだ
Img_0420

ツレアイなんか足が震えて壁にへばりついた状態だ
「こわい、こわい」連発です
とにかく圧巻だ

話のネタに
一度上ってみるといいですよ
Img_0441

犬山城は4年ほどまでは尾張藩の城持ちの家老
成瀬家の個人所有の城で
全国的にも珍しかった
今は寄付されて団体が管理しているようだ

城のふもとにあるのが針綱神社
Img_0447
こんな張り紙があった
Img_0444
確かに若い人しかこんなのは買いませんが…
こんなのも見つけた
Img_0446
わん丸君は犬山のゆるキャラだが
それにしてもキティやらケロッピやら
笑えるお守りだな

はたしてご利益あるのかな?

お城から南に延びた本町通り
犬山市文化史料館がある

展示の目玉は、何といっても
3層の山車だ
犬山祭りでは、山車の上で
カラクリ人形が披露される
Img_0448
街を歩いてみる
以前来た時とは様子が違っている

歩行者用の舗装がなされ、新しいお店ができている
ぶらぶらする観光客も多い
Img_0462

坂東リサーチの五平餅屋さんをのぞいてみた
おお、やってるやってる
賑わってますね

Img_0453
ものは試しで「五平餅」を注文した
Img_0459
味はあっさりしたものでした
五平餅にうるさい私としてはちょっと物足りない感じかな!

恵那や中津川あたりの本場にはかないませんな
「坂東リサーチ」では奥さんが見よう見まねで作ったとか

この受け皿は主人の手作りらしく
釘の打ち方、寸法足らずの板など
シロウトっぽくて微笑ましいですね

「野和」という手打ち蕎麦屋さんは超満員でした
あきらめました
みんな『坂東効果』なんでしょうかね?
連休のせいもありますがテレビ見てきた人も多かったようです

こんな変な地蔵さんも見つけました
Img_0470
そこにあったおみくじです
Img_0472
300円のガチャポン式の
おみくじ占いですか

引く人もいるんでしょうか
まあ、遊び心としては
文句いうわけじゃないですが
なんか詰まらんと思いますな

本町通りから一歩外れると
まだまだ昔の街がある

観光客はここまでは
ほとんど入って来ません
こういう昔の犬山もまた
いいですよね
Img_0478


全国の観光地がこの頃
同じ方向に向かって走っているようで
金太郎飴みたいでね

そりゃ、観光地は、とにかく人が来てくれないと
商売やっていけないんで
気持ちはわかりますけど…

テレビの功罪も大ありです

名古屋地区では
「坂東リサーチ」のほか
「ウドちゃんの旅してゴメン」
「西川きよしのご縁です」
「ホトちゃんの遊びに行こっ!」
「PS愛してる」
などなど
グルメ、旅、街角案内が
ほとんど毎日なんかやってます

こういうの観てるとこれが当たり前のように
なってしまいます

犬山の街もずいぶん変わりました
でも、変わってほしくないところもあります

久し振りの犬山散歩も
楽しい半面ちょっと複雑な気分になりました

2010年9月 9日 (木)

台風9号の被害

暑い暑い日が続き、頭までボケちゃって
ここんとこ随分、ブログ更新ができませんでしたm(_ _)m

パソコンの置いてある部屋がとにかく暑い 
38度くらいあってエアコン入れても効き目がない
Img_0376

そこで台風9号が昨日、
こともあろうか福井に上陸し
岐阜県、静岡県を通って東に行った

まるで裏口から乗り込んできたようで
台風は潮岬や伊勢湾など南西方面から来るという
常識を破るヘンテコリンなもんだった

東京、神奈川、千葉なんかで記録的大雨
あちこちで浸水したり、交通機関がストップしたりした

西美濃地方も昨日午前中はすごい大雨だったんですよ

幸いにも、風は弱く台風という印象は薄かったな

でも、ぼろいわが家ですので、
心配になってどしゃぶりの大雨の中
様子も見て回りました

農具などのある小屋は雨漏りなし、ヨシ!
これは、3ヶ月ほど前、雨漏り個所をみつけ
予備の瓦を数枚入れ替えておいたので
今回、その甲斐あって、役立った

次に、家の周りを見て歩く
ありゃりゃ、柿の木が傾いてるぞ!
こりゃ大変だ!
どうしよう

傾いた木の枝がお隣の小屋にもたれかかっておる
ウ~ン
このまま放置しとけば、もっとひどいことになるぞ
まずは、これ以上倒れないためのつっかい棒をしよう
適当な丸太をあてこんで完全倒壊を防ぐ

次は木の周りの池のように溜まった雨水の排除だ
バケツを使って横を流れる水路にかきだすも
きりがないんだ

雨どいから流れ出る量が凄い
排水の道を確保するのが先決だ

やっと、悪水路にでる排水口を見つけた
泥で詰まっていた
細い棒でつついたりスコップで緊急水路を確保したり
雨合羽を着ていてもGパンはずぶぬれになり、汗はタラタラで
もう、何が何だかわけわからん!

でもそのうち、雨水が緊急水路から悪水路に流れていくようになった
やれやれ、疲れました

そこで今朝、その後始末だ
お隣にでばった柿の木の枝を切ろう!
脚立にのこぎり、そして枝切り具をセットして
ひとつひとつ枝を払っていく

まだ青い柿に心の中で「ゴメンネ、ゴメンネ」と言いながら
切っていく
Img_0387


7、80個の青い柿が被害にあった
まだ4センチくらいの柿だが成長半ばで廃棄処分だ

宮崎の牛豚農家や青森のリンゴ農家の気持ちがよくわかるなあ

畑にも被害があった
菊イモが1本これも倒壊寸前だ
棒で支えたりいろいろ手当はしましたが
はたして花が咲きイモが出来てくれるかな?

すべて、原因は日照りである
まとまった雨が1ヶ月以上なかったから
とにかく土がカチカチだ

水をまったくあげなかったのでカラカラの根に
このドカ雨で、地盤が緩んで支えきれなくなって
傾いてしまったのだろう

でも
この雨は恵みの雨でもあります
畑が随分喜んでいます

秋冬野菜もそろそろ種蒔いたりしなきゃならんが
こんな高温では芽も出ないだろう

昨日は旧暦で「白露」
つまり秋の気配が高まり朝晩の冷え込み
朝の野草にしらつゆが光る、という頃だ

若干そんな気配もするが、また明日も暑いという予報だ

みつぐさんからコメント頂いたように
とにかく干物にならんようにあとしばらく養生しますわ

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ