« 池田温泉 | トップページ | 壁画 発見! »

2010年6月 3日 (木)

守屋多々志美術館

久し振りに守屋多々志美術館に行った

Img_1739_sp0000

大垣では、唯一の美術館だ

Img_1727

今、「守屋多々志のふるさと大垣」展が開催中だ


守屋多々志は、大正元年、大垣市船町に生まれ
幼少を大垣で過ごした

画家を志し岐阜県出身の前田青邨に師事、
やがて東京美術学校に進学

歴史画を多く描いたほか、
高野山金剛峯寺の障屏画、
高松塚古墳壁画模写事業などに活躍した

平成13年、91歳で亡くなった

ずっと鎌倉に住んでいたが、ふるさと大垣を
こよなく愛し懐かしんでいた

この美術館は、寄贈された作品を中心に
平成13年7月に大垣市守屋多々志美術館として
開館した、というわけだ

Img_1729

今回の「ふるさと大垣」展は、
なつかしい大垣の町をスケッチしたもので
私の一番のお気に入りである

素朴な筆遣いでありながら、独特のタッチ
構図が抜群で、とてもあたたかい絵だ
Img_1747_sp0000

ふるさとに対するなつかしさ、とともに
やわらかな自然や周りの風景が
いつまでも心に残っている

一枚一枚ゆっくりながめていると
ゆったりした気分になるから不思議である
Img_1746

平日の午後のせいか、来場者は私ひとりのみだ

個人の作品の美術館だからリピーターが
やはり少ないのだろうか

季節ごとに展示替えされるので、ぶらり散歩で
立ち寄っても、そのつど新鮮な思いがするのになあ

奥の細道結びの地を訪ねて全国各地から
大垣へ来る人はけっこういるけど

この美術館を知る人は少ないかもしれない

大垣の観光パンフでも美術館の紹介くらいはあっても
内容まで詳しくはないはず

守屋は、「扇面 芭蕉」シリーズを描いている
「奥の細道」の結び、大垣ももちろん描かれている

Img_1744_sp0000
 大垣から桑名に旅立つ芭蕉を見送る木因達

さすがに、歴史画を得意とするだけあって
描くと時代考証に優れ、
その時の情景が生き生きとした絵になり
観るものを感動させる

こんな作品をみると、
大垣の印象もさらに深いものになるだろう

また、守屋は大垣名産柿羊羹の「槌谷」、
味噌せんべいの「田中屋」などのパッケージも
描いたりしているので、大垣との結びつきは
多面的なのである
Img_1733
美術館を立ち寄った帰りには
水の都、大垣の名物「水まんじゅう」も
近くに売ってますからどうぞ

Img_1724
駅前通り(東側)にある守屋多々志の記念碑
「青雲之地」も必見だよ

今回の「守屋多々志のふるさと大垣」展は
ぜひお勧めしたい
(平成22年6月27日まで開催中)

入館料は、大人300円です

« 池田温泉 | トップページ | 壁画 発見! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/35028777

この記事へのトラックバック一覧です: 守屋多々志美術館:

« 池田温泉 | トップページ | 壁画 発見! »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ