« アマガエル | トップページ | 縄文のビーナス »

2010年6月30日 (水)

路上観察学入門講座

確か、大垣の美術館だったと思うが
藤森照信展のパンフレットを見つけた

Img_2122

ほんとに偶然だ

そのなかに、関連企画として
「路上観察学入門講座」が
開催されることを知った

場所は長野県茅野市である

ちょっと遠いけど
路上観察をブログしている私として
これを見過ごす手はない

よし、行くぞ!

6月26日、小雨降る早朝
整理券を配布します、ということで
会場の茅野市民館前に並んだ

20人くらいが並んだ
8割が女性である

午後1時半、会場に入場
300人程のホールに半分ぐらいが埋まった

まあ、これが超満員だったら
逆に驚いちゃうけど
やっぱ、これくらいが一番いいんじゃないかな
ダレカレもが路上観察だといって
ウロウロ歩かれたら困るもんな!

2時開始

藤森照信氏、林丈二氏のお二人が登場
Img_20232

ラフなスタイルでスライドを見ながら
「路上観察学」入門講座が始まった

「路上観察」っていうと
超芸術トマソンの赤瀬川原平、ってなるし
「路上観察学入門」なんて本が
ちくま文庫から出ている

でもね
今日は活字ではなく
生の声が聞ける

こんな機会は、めったにないぞ!

林さんは「観察学会」仲間では
おしゃべりがあまり得意じゃないと
いつも控えめであるそうだが
実はなかなかの人なんであります

1970年、林さんはマンホールの蓋の面白さに
気づき路上観察への道に入った

1972年には赤瀬川さんらが超芸術トマソンに
目覚めた

1974年に藤森さんが「東京建築探偵団」を結成

そして、
1986年「路上観察学会」が結成された


70年代前半、奇しくも
それぞれが同じようなことを
考えていたんですね、と藤森さんは言う

それからもう35年だ

まだ、飽きもせずに続いている
って少し苦笑いの藤森さん

続いて林さんが、
いわゆる「物件」の「名品10選」を
解説する

その中には、
トマソンの記念碑的な「純粋階段」や
「にわとりテレビ」
「世界一楽しい滑り台」などがあった

そのあと、林編の「100選」の解説
どの物件も面白く
さすがよく「路上」を「観察」されているな、
と思いましたね

見ただけで笑える物件もあります
タイトルをひねったり
少し説明すると「ナルホド」と思わせる物件

イヤ~、さすがですわ

藤森さんや林さんの話はとても刺激的です

Img_2022
  (会場となった茅野市市民館)


私、「にしみの夢通信」子も
謙虚に振り返って
原点に戻らないとダメですね

私の路上観察も
近頃だんだん新鮮味がなくなり
マンネリ化しております

そりゃ面白い物件は、ぼこぼこありませんよ
歩き回ってみたって発見はそんなにはありません

発想力、好奇心、想像力、着眼点
みんな必要だがそれだけでもないしね

「運」やら「ツキ」もあるんじゃないかな
そう感じましたね

「都市整備や改造に伴いこれから先
物件はどうなっていくんでしょうか?」
という質問には
「「確かにバブル以降、東京も街がきれいになり
物件が相当減りましたね。
新しい街にはあまりありません。
つまり生活のあるところじゃないとダメなんですね

山の中とかいったところにはないですね

東京でも山の手では
玄関周りなどキレイすぎてないですね

下町的なところが面白いんです

庶民的というか家が狭いので
生活が玄関先にまではみ出だしてくるんです」
と林さん

こんなトークが軽妙に続く

路上観察の元祖筋だけに
単なる物件の面白さだけでなく
生活者と観察者との微妙なズレが
あって成り立っていることや
不思議な人の心理など
社会経済的、歴史的背景にまで
食い込んでいく

仕事に忙しい人は
道を歩いても
単なる風景であり
何も感じない

たまには「道草をする」ことが
大事ですね

2時間余りがあっという間に経過し
講座は終了した

二人の人柄が十二分に見られ
ホントかぶりつき生の面白い講座でありました。

感謝、感謝!

« アマガエル | トップページ | 縄文のビーナス »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/35546348

この記事へのトラックバック一覧です: 路上観察学入門講座:

« アマガエル | トップページ | 縄文のビーナス »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ