« 「季節巡りィ~…♪」また君に恋してる | トップページ | ウァオ~、鼻毛! »

2010年5月 6日 (木)

GWも祭りも終わって

GWが終わった
4月30日から5月5日まで
珍しく良い天気に恵まれた

西美濃地方では、GWはお祭り週間でもあった

垂井祭り、揖斐まつり、神戸まつり等だ

このうち、神戸祭りを紹介しましょう

神戸は、「ごうど」、と読み、「こうべ」ではありません
伊勢地方にある神戸は「かんべ」と読みます
名古屋市熱田区にある神戸町は「ごうど」と読みます
いずれも、何らかの神社と関係があるようです

で、大垣市の北に隣接した人口約2万の町が
神戸町(ごうどちょう)なのです
Img_1415
祭りの舞台になるのは、
神戸町にある日吉神社です

言い伝えによれば、
日吉神社は817年(弘仁8)年
伝教大師(最澄)が
近江坂本の日吉神を勧請した
ことに始まる、というから古い

日吉大権現を主神に7柱の神をまつる
この7つの神が乗る神輿が祭りの中心です

祭りは、滋賀県・坂本にある日吉神社と同じく
毎年4月13、14日に行われていたが
神輿の担ぎ手が平日では困難なので
今では5月3,4日のGWに変更されている

この日吉・山王祭りは
神戸の火祭りとも呼ばれ
特に、5月4日午前0時(つまり真夜中)に
7つの神輿がたいまつの明りに守られて
走る「朝渡御」通称「朝渡り」が有名です

そりゃ、勇壮なものです
が、深夜ですから
なかなか出かけられません

そこで今回は、
4日の午後5時に始まる「還御」(かんぎょ)
という行事を見ました

Img_1427
「日吉大宮」など書かれた幟が
拝殿の向こうに見える

屋根には力紙(ちからがみ)がある
これが投げられるとみこし衆が奪い合う

Img_1422
神輿が走るまでには
いろいろ儀式がありますが
そこはちょっと分りにくい

説明すれば長くなるので止めます

ともかく神輿が走るまで
ひたすら待つばかり


Img_1424
子供たちは拝殿横に座る
7人の侍ならぬ7人の武者に興味深々です

Img_1443
たいまつに守られ使者や祭主が行列をつくって進む

いよいよ始まるぞ
たいまつの炎がお祭りムードを高める

近寄ると熱いし、煙いし、危ないぞ

Img_1445
神妙な面持ちで進む神主さん
他にも
裃姿の祭主と
石原伝兵衛氏の姿もある

この石原伝兵衛氏は、
「夜叉が池伝説」で有名な
安八太夫安次の末裔である



Img_1456

お旅所にある7基の神輿がいよいよ走るぞ!

石鳥居前に勢ぞろいした子供たちが
その列前をまず走る

琵琶湖を模した小さな川を水しぶきをあげて渡る

Img_1458
この神輿、なんと500Kgはあるというから
半端じゃない、
とにかく重い
それを8人で支えるのだ
とても走れないので
「手引き」役という人が引っ張っていく
Img_1451
担ぎ手の表情は苦しそうだ
悲鳴が聞こえそうだ

見ている人から「頑張れよ!」と声援がかかる

Img_1452
途中で担ぎ手が交代する
走りながらの入れ替わりなのでヒヤヒヤもの
時には、神輿がバランスを崩して傾く時がある

危ない!
何とか元に戻ればホッとする

東京の神田祭りや浅草祭りの神輿のように
楽しそうに「ワッショイ、ワッショイ」なんて
やってられないのだ

Img_1459
最近は、カメラ族?がどこにでも出没する
傑作写真と撮ろうとして進路を妨害する
カメラ野郎(女性も)は自分本位だから困る

(私もその一人かな?)

Img_1465
無事、神さまを乗せた7つの神輿が神社に戻ると
公式の祭りは終わりだ

境内にある
国の重要文化財の三重塔前を
神輿がゆっくり練りながら
神輿蔵に帰っていく
「うんにょわい、うんにょわい」
(運が良い)という意味の掛け声を出して


Img_1468
神輿を高くつりあげ気勢を上げる
神さまが乗っていない神輿は軽い?
気分的なものだろうが…

Img_1430
たいまつの燃えカスが路上に散乱する
あと火災が起こらないように清掃する

祭りが終わるとまた普通の生活が始まる
「ハレ」から「ケ」に戻る

昔は貧しかった
だから年に一度のお祭りが楽しみだった
ごちそうがある、酒も飲める、騒いでも無礼講だ

今は普段からごちそうだ
何でもある、何でもできる
「ハレ」も「ケ」もなくなってしまった
メリハリがないのっぺらぼうな日々

旅が日常化されてるように
祭りも観光化してしまい
本来の意味が薄れつつある

自然の恵み、神仏への感謝
生きる喜びなどを忘れていないだろうか

地方の疲弊が祭り文化を衰退させ
形骸化していく

とにかくGWも祭りも終わった

あ、蛇足ですが
日吉神社には、
重要文化財「十一面観音像」がありますが
白洲正子が「十一面観音巡礼」
(講談社文芸文庫版)の
「白山ひめの幻像」の中で
実に魅了的に書いてますので
興味がある方はどうぞ!
(残念ながら実物は見ることはできません)

« 「季節巡りィ~…♪」また君に恋してる | トップページ | ウァオ~、鼻毛! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/34540988

この記事へのトラックバック一覧です: GWも祭りも終わって:

« 「季節巡りィ~…♪」また君に恋してる | トップページ | ウァオ~、鼻毛! »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ