« 桜に鯉のぼりが乱舞する川(垂井町・相川) | トップページ | 酔った線引き »

2010年4月14日 (水)

吉野の桜は、少し遅かった

日帰りバスツアーで吉野山に行った

タイミングが少しずれて、ほとんどが葉桜だった。残念!

Pict0037
今年は桜の開花が予想より1週間も早く
先週が関西、東海周辺は見ごろだった

週末の10,11日の土日が最高の人出で
桜のピークでもあった

月曜日の雨がそれに追い打ちをかけて
花を散らせてしまったのだ

Pict0032
でも、さいわいに雨も上がり曇り空であったが、
道はぬかるんで、しかもアップダウン

バスの駐車場がメイン道路から谷ひとつ越えた
如意輪寺という随分遠く離れたところだったのだ

平日でもまだまだ観光バスが続々入り
どこも満杯らしい

バスのガイドも
道が相当ハードですから、と警告
Pict0017
ともかく急階段を下がってさがって
また上ってのぼって、歩く、歩く

滑らないよう足に力を入れるから大変

五郎兵衛茶屋から竹林院の階段下付近まで来た
ここで、つれあいは、はやくもダウン

よし、私だけでも、と
鞭打って上るshoe

満開らしい奥千本行きのバスは行列ができていた
が、なんと2時間待ちとか
奥はあきらめて、上千本まで上る

狭い道路に人と車が行き違って危険この上ない

平日はマイカーを規制していないらしい

これじゃ、そのうち事故が起こるぞ!

Pict0027
ム~、ここが上千本か
満開なら素晴らしいかも

Pict0026
でも少し方向を変えれば少し桜も残っております

ただ、吉野の桜は、山桜だから葉と花が同時だ
ソメイヨシノのように花一色の豪華さはない

日本の桜の名所はほとんどがソメイヨシノだから
いっせいに咲いていっきに散る

そういう桜ばかり見慣れていると、
吉野山は少しばかりガッカリするかも

でも、若葉の緑とピンクの桜もけっこう美しい
Pict0029
そのうえ、吉野の桜はとにかく歴史が深い

役の行者の修験場として開かれ、
桜の木に蔵王権現を彫ったことから
桜がご神木となり多くの信者が寄進してきた

そして全山が桜の木で埋まり名所となった

西行が庵に住み、多くの桜のうたをつくった

歴史的にも、壬申の乱で大海人皇子、
源義経、後醍醐天皇、なども
吉野との関連は深い

だから、誰でも一度は
この桜の名所の原点みたいな吉野山へ行ってみたい

そういう願望があるのだ

私も何年か前になるがシーズンオフ、
確か夏ころだったが
一度上ったことがある

近鉄電車で来て、黒門から仁王門、蔵王堂、吉水神社
などめぐり、相当歩いたことを覚えている

今回は満開の桜の吉野を見たかったのだが、
ちょっと中途半端な結果に終わった
Pict0035
時折、風が吹く
桜吹雪がとてもきれいだ
下から舞い上がるときなど、思わず声を出し
「ウォー、キレイ!」
石畳や草に落ちた花びらも風情があるなあ
Pict0046
バスの駐車した如意輪寺は、
後醍醐天皇の勅願寺であった

隣接して塔尾陵がある
後醍醐天皇が祀られている

Pict0039
訪れるひとも少なく、ひっそりしていたが

偶然にもここを見られることになって良かった

Pict0016
この吉野川を渡って吉野の地に入る

吉野川は紀ノ川となって和歌山の港へと続く
山深いイメージが強い吉野であるが
この川によって各地に開かれていたのではないか

名物・柿の葉寿司
(鯖鮓を柿の葉で包んだもの)はその産物かな 

また縁あれば、
今度は「下千本」の満開の時期に訪れてみたい
それも電車でね

とにかく、吉野は遠かった

« 桜に鯉のぼりが乱舞する川(垂井町・相川) | トップページ | 酔った線引き »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/34222859

この記事へのトラックバック一覧です: 吉野の桜は、少し遅かった:

« 桜に鯉のぼりが乱舞する川(垂井町・相川) | トップページ | 酔った線引き »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ