« 朝青龍報道に思うこと | トップページ | 弐並び記念養老鉄道「今昔物語」を買った »

2010年2月17日 (水)

お伊勢詣り3900円なり

遅まきながらお伊勢さんに行ってきた

新しい年になってからどうもおかしい
何か変なのだ

周囲で良からぬことがいろいろ起きる
事故やら病気やらだ

正月早々雪が降って初詣が中途半端だった
それが原因とは言えないが、何か気持ち悪い

で、やっぱどこかへきちんとお参りに行ってみよう、となった

しかし、車の運転も疲れるし、駐車場やら道路不案内やらでどうも面倒臭いので

新聞の折り込みチラシを見て、
バス会社募集の「お伊勢さん食べ歩きツアー」に申し込んだ

なんと代金は一人3900円だ

当日40人定員満席で出発
車内は中高年ばかり、しかも大半が女性、男性は数人

Img_0617_2

天気は曇り、でも雨が昨日で上がってよかったよ。

国道258号線、桑名東ICから東名阪、伊勢自動車道のコースで
順調な走りだ

若くてかわいいガイドさんの説明は
伊勢神宮にまつわる話、神話、古事記
それに江戸時代のお蔭参りなどなかなか詳しかった
本で覚えるより、解りやすい
でも、大半のお客は、よそ事の世間話に夢中。

昼には内宮に到着
Img_0665
早速腹ごしらえで「岩戸屋」で昼食
伊勢うどん、伊勢エビのコロッケ1個、岩戸餅1個、エビ煎餅1枚
伊勢うどんは太めのうどんに醤油のようなだしをかけたもの
ゆで過ぎのようなのっぺりした食感だ
Img_0622
私はけっこう好きなんだけど、初めての人はびっくりかな

新しくなった宇治橋を渡って本宮に向かう

Img_0643

歩きにくい玉砂利をザッザッと鳴らしながら進む

不思議なことだが、ここの空気は何か違う
いつ来てもエアースポットのようで
異質空間の中に入り込んだような気分になる
Img_0629
清らかで澄み切った大気が一面に満ち満ちている

西行のうたを思う
「なにごとの おわしますかは しらねども
かたじけなさに なみだこぼるる」
この気持ち何となくわかるような気がしてくる
Img_0632
2礼2拍手1礼したけれど、何も願わなかった
どうも願うことがあまりにも小さすぎるような気がしたのだ

自分の心の中が一瞬でも空白のまま、
真白のままで手を合わせるのも
よいではないかな、と思った
今、自分が生きていることだけの感謝
これだけでいいとも思う
Img_0635
隣地に平成25年の「式年遷宮」の敷地が板囲いされてあった
あと3年後に、20年に一度の賑わいがやってくる
何もかもが新しく生まれ変わるという日本独特?の考えは
現在まで連綿と繋がっている

元禄2年、芭蕉は「奥の細道」の旅を大垣の地で結んだあと
揖斐川を下り桑名に、さらに伊勢に向かった

この年の「式年遷宮」に参拝したのだ
ながい旅を無事終えたことに感謝し

白木の新しい神宮のように
芭蕉も穢れを落とし
清らかに再生したい気持ちがあったのかもしれないなあ

Img_0670

今でこそ、お伊勢参りは簡単に出かけることができるが
昔は大変だったのだ

地域で伊勢講などつくって代表が順番に旅をした
一生に1度は行きたいと願ったものだ

まあ、今だって北海道やら九州からはなかなか来られない
その点、東海地方は地理的にも恵まれている

毎年でもその気になればお参りはできる

でも、お参りだけでは楽しみがない
本音は、精進落とし、とか言っての
遊興なのだ
お参りには飲む、食う、遊ぶがつきものだ
おはらい町は昔も今も大繁盛だ
Img_0644
このバスツアーも参拝のあとは散策タイムだ
岩戸屋から始まり食堂、土産や、酒屋がずらり
赤福も昔の賑わいを取り戻していた
Img_0650
「すし久」も昼どきとあって大賑わい
てこねずしは3時間が旨みの限度らしいので
土産はあきらめた
Img_0659
この剣形の生姜糖はすごくなつかしい
修学旅行の土産に買ってきたんだ
あの頃の定番だったような気がする
Img_0653
神さまもお酒が好きだ
「おかげさま」という言葉も響きがいい
Img_0655
おかげ横丁も「おかげ座」を中心に江戸の町並みが続く
カメヤマローソク、真珠、海産物、茶屋、木工品など
目移りがする

まあ、買わなくても珍しいものを見て
「ああだこうだ」としゃべって歩くのもいいさ
Img_0663

今回の「食べ歩きツアー」はこのあと
バスで移動し、真珠店に立ち寄り、
二見で「夫婦岩」をちょこっと見て
はやらない海産物土産店にも寄って
というコースでありました
Img_0679

「食べ歩き」なので特典として
伊勢うどんセットのほかには
①お福餅 1個
②真珠カステラ 1切れ、真珠茶 1杯
③くうや餅 1個
④焼きさざえ 1個
⑤焼きイカ 1つ
がついておりました
まあ、試食させて買ってもらおう、ということです

でも、3900円ですからね
電車やマイカーよりも安いし、
なにより座ってるだけで連れて行ってくれますからね

こういうツアーもたまにはいいですよ
で、運が開けるかどうかはベツのはなしですが(笑)

帰りにはおなじみの「きみまろの爆笑ライブ」で大笑いのおまけ付き

ツレアイは帰ったら早速、パンフを見て次のツアーを物色しておりました。

« 朝青龍報道に思うこと | トップページ | 弐並び記念養老鉄道「今昔物語」を買った »

コメント

このブログを見て、私たちもJR東海ツアーの商品で、お参り(外宮・内宮)と鳥羽で宿泊してきました。ちなみに3900円とはいきなせんでしたが、電車代と宿泊代で1万円でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/33380037

この記事へのトラックバック一覧です: お伊勢詣り3900円なり:

« 朝青龍報道に思うこと | トップページ | 弐並び記念養老鉄道「今昔物語」を買った »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ