« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月23日 (土)

その本、手にとってみませんか!(2)

図書館をよく利用している

本屋へもよく行くけど
1本勝負的な緊張感が走る

手に取ったこの本を買うべきか!

そうして決断して買った本の行く末は?

またまたツン読の仲間入りか?
そんな本が自宅の部屋にゴロゴロある

私は詠むスピードがいたってスローなんで、
買ってきても読み出す頃には興味も薄れ
中途半端でけっきょく未消化に終わってしまう

その点、図書館は気楽でいい


読んでも読まなくても少し興味があれば借りればいいさ
そして、返却期限がきたら返せば済むのだから

読書感想文も不要だし
高価な本も自宅でゆっくり読めるし
図書館を利用しない手はない

大量の本がジャンル別に整然と並び
手に取ってくれるのを待っているんだ

いつも5冊程度借りるんだが
そのうち2冊ぐらいは読むけど、あとはパラパラめくって返却さ

でも、10冊に1冊くらいはアタリがあるなあ

Img_0191

偶然、というか何となく手にとって借りた本が大当たりだったりする

たとえば

岩波ジュニア新書「地図を楽しむ」

技報堂出版「城と城下町」

「逆さめがね」

「教養としての日本宗教事件史」

「古レールの駅デザイン図鑑」

角田光代「いつも旅のなか」

適当に選んだこれらの本は実に面白かった

もちろん、その内容のうち大半が忘却の彼方へ飛んで行ったが…

新しい世界がここにもあったんだ
なんていうか秘密の扉を開けてしまったような
ドキドキ感が心地よい

自分の知ってる世界なんてなんて狭いんだろう
ほとんど知らないことばかりで情けなくなる

話は飛ぶが
NHKテレビでやっている「熱中人」はその極たるを教えてくれる
こんなことを追いかけている人が世の中にいるんだ、と感心してしまう
あの熱中人のパワーたるや凄い!

古い砦ばかり探して歩く熱中人
雷のイナズマを写真に撮り続ける熱中人
送電線をたどる熱中人


そう、世界は秘密のパラダイス
いたるところに知らない世界があるものさ
ただし、危険や魔力も併せ持つ不思議な魅力に惹きつけられて
どんどん入り込むと出口が見えなくなる恐れもある
気をつけてくれたまえ

その世界に入る身近な扉が図書館なのだ

あなたが偶然手にした本が
たちまち異次元の世界に誘う
そして、一生、とりこになるか!

こうして、私も根気よく、図書館に通って
秘密の扉を探しているんです

さあ、あなたも勇気をだして、
その本を手にとってみませんか!

2010年1月22日 (金)

若葉の華が咲いた?

世の中、いろんな人がいるね

Photo

見てのとおり、初心者の若葉マークです

4枚も買ってしまったので

きれいに張り付けてみたらこうなった?

で、しょうかね

お巡りさん、なんというかな!

                   (岐阜県北方町)

2010年1月21日 (木)

ケータイ・フケータイ!?

今朝の喫茶店のことだった

50代位の会社員が席に着くなり
ケータイ電話を取り出し話を始める
Img_0490

「おお。おれだ!ケータイ忘れちゃたでよう、おお
これか?これは会社のヤツだ。おお
どこにあるか分からんで、いっぺん鳴らしてくれ」

どうやら奥さんに電話しているようだ

少し間があって、
「ブーブーブー」の音がするじゃないか

ハアン?

「あ、あったわ、もー、ええわ おお
じゃ切るわ」

なんとおっさんの背広のポケットから
お探しのケータイが出てきました

隣の私、笑いをこらえるのに勢一杯でしたね

でも人のこと笑ってる場合ですか!

私も、つい最近のこと
食事中、箸が一本しかないことに気づき
「あれ?はし、どこやったかな」

探してましたら、自分の手に1本持ってました
アレ?

そうだ、里芋の煮っころがしを箸1本で刺して
取って食べたこと
すっかり忘れて
食卓に1本置いてあるのをみて
錯覚したんですね

まるで漫才のネタそのものですわ

情けなや!

でもチョットだけ気持ちカル~なりました

2010年1月20日 (水)

夜明けの快速電車

今日は大寒だ
いちばん寒い日のはずが、昨日からかなり暖かい
ちょっと、拍子抜けだ

いつものように日の出の前に家を出る
JRの快速電車に乗り込んで席を確保する
こんなに早朝なのにほぼ全席が埋まる


西岐阜駅あたりで太陽が昇ってくる
今日もありがとう
そう太陽に手を合わせて感謝したい気持ちだ

多分、遠い先祖の時代から
同じ思いを抱いてきたに違いない

Img_0477
岐阜駅では満員になる
電車の中は静かな孤独だ

たくさんの孤独を運んでいる

途中の一宮駅でさらに乗客が乗り込んでくる
身動きできないほどだ

しかし、朝の電車を包む空気は軽くて新鮮だ
どの顔にも今日を生き抜こうというエネルギーが見える

その点、夜の電車は重くて汚れた空気が充満している
心身ともに疲労した顔が揃っている

朝の電車には、少なくとも希望がある

そう感じるだけかもしれないが…


名古屋に到着する
改札を抜ける
地下鉄に向かって集団の中を私もせかせか歩く

いつもの奇妙な錯覚に遭遇する


「アレ?なんか昨日と全く同じじゃないか!」
「どこが違う?」
「昨日と同じコートを着て、ショルダーバッグを肩にかけて
マフラーに黒い靴で同じ時間に歩いている私」

丸いブランコを走り続けるハツカネズミと同じじゃないか!
そうも思えてくる

でも違うのだ
確実に違う

そうだろう?

時間は直線でもなく、丸くもなく、
きっと回転しながら一定の方向に向かって進んでいるんだよ!

でもね、こんなことをなぜ考えるのだろうか

老いたのだろうか

答えはそう簡単には見つからない

まあ、それでもいっか!

2010年1月 9日 (土)

ガチせん

「ガチせん」、って何やろ?

今や、大垣あたりの受験生に大人気?の「ガチせん」なんだわ

そいつをたまたまゲットしたんやわ!

見せたろか!ホレ!

Img_0424
これがウワサの実物なんやって!

『必勝祈願』

『みそ入大勝ちせんべい』

「ガチせん」って表に書いてあるやん

左上にはちっちゃく遠慮がちに「大垣商業高校開発商品」の文字があった

この商品は、
なんや知らんけど、大垣商業高校と田中屋せんべいがコラボして
開発したと
新聞にのっとった

アクアの本屋の前で高校生が一生懸命に
売っとったので、
勢いで買ってまった

ひとつ105円やった

中を開くとお煎餅が1枚入っとった

そういや、どっかで見たことある形や思ったら、
なんや田中屋せんべい総本家が作っとるんや

Img_0429
この煎餅、知っとるけ?

丸い煎餅を半分に折って、さらにまた折ってで
四つ折りにしてあるんや

ええ味しとるけど、とにかくムチャクチャ堅いんやわ
へたすると歯折れてまうかもしれんで気をつけなあかんのやよ

そのまま噛んだらアカンよ!

攻略のコツを教えたげる

口に入れてそのままにしとると、だんだんシットリしてくるやろ
そうなったらちょこっと上っ面の方を歯で食い込み入れたる

それで少し剥がれるやろ、そうやって気長に食べるんやで

ゆっくり口に入れとると味噌のええ味がして美味いんやわ

受験生諸君は、「使用方法」をよく読んだほうがええよ

とにかくガチガチに願いをかけたお守りさんやと思って
願いがかなったら感謝して食べるとええよ

一応賞味期限が2010.4.8となっとるでな

でもさあ、この企画せんべい「ガチせん」は今年限りやろか?

けっこう面白いで
毎年八幡さんや天神さんやで売り出したら
売れるかもしれんで!

2010年1月 3日 (日)

断崖の段々畑!

Img_0344
なにコレ、珍百景?じゃないけど
何だ?コレ!
この断崖にある模様は、一体ナニ?

まさか段々畑?
それにしては、水平線がキレイすぎるし?

それにしても、ここはどこ?
瀬戸内海の島だと言われればそんな気もするが。

Img_0338
正解は、金生山でした
大垣市の北西の赤坂町にある157メートルの小山です

この山、遠景をみてもわかるとおり、何だか不自然です
デコボコがえぐられたようです

金生山は昔から大理石と石灰岩の産地で、
今なお、盛んに採掘され山の形が崩れてきているのです

で、あの段々畑のような縞模様は、石灰岩採掘の跡なんです
このたびの雪で、クッキリきれいな模様なできました

2010年1月 1日 (金)

新年、おめでとうございます

新年 あけましておめでとうございますsnow

今年も「にしみの夢通信」
 よろしくおねがいしま~す

Img_0326

いやー、元旦からすごい雪です
虎も雪の中で寒そうですね

今朝、午前7時から近くの氏神さまであります白山神社へ
参拝に行きました

雪が降りしきる中、集まった全員で二礼二拍手一礼で
今年こそ良い年でありますように、と祈りました

そのあと、焚火で暖を取りながら、
お神酒、スルメが配られ談笑タイム
Img_0314

不景気のなか、こんな雪ではますます出かける足も鈍り
そうでなくても疲弊した田舎ではこれに拍車をかけるようなもの

西美濃地方では、大垣の八幡神社、垂井の南宮神社、
揖斐川の谷汲山、海津のお千代保稲荷あたりが
毎年参拝客の多いところだ

しかし、この雪ではマイカーでの人出がガタ落ちするはず
お賽銭も、参道の商店街も困りますよね

一方、元旦から開く店も多くなりなした
特に全国の大型SC系では大々的に新春セールをやります

昔は、映画館かパチンコ店ぐらいしか店は開けてなかったようですがねえ

昨日まで歳末セールやって、今日から新春セールでは
なんか慌ただしいやら、騒々しいやらで気が休まりませんですよ

いっそ三が日は全部休みにすればいいんですよ
そうすりゃ3日分の食糧を買いだめに大晦日はよく売れますが
元旦から店がやっていれば、そんなに無理して買わないですよね

流通関係に働く人もゆっくり休まさせてあげたいと思いますよ、ホントに!
どこも休んじゃいられない、負ける、なんてエスカレートして
こんな状況にしてしまったんじゃないでしょうか
Img_0309

家でゆっくりしようよ
がむしゃらに働き過ぎですよ
働き過ぎても結局は心身に疲労がたまるばかりでは
人生なんなんだ、って考えちゃうよ

まあ、元旦早々、こんなことボヤいても仕方ないですがねえ

とにかく、雪ん子チャン早く止んでよね、お願エ~します




















« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ