« 雪起こしの風 | トップページ | 赤ちゃんの泣き声 »

2009年12月19日 (土)

雪の西美濃

今朝、起きたら昨日の予測通りの大雪だった

雪の朝はとても静かだ
ひんやりとしてとても気持ちがよい

雪明りで6時半でも明るい
あたりを白く化粧して普段とは違った世界を創り出す

Img_0172

玄関先で測ると20センチ近く積もっている
12月にこれだけ降るのは珍しい

セーターにボア付きコート、手袋、帽子、マフラー、
軍手、長靴というスタイルで外に出る

しまいこんであった「雪掻きスコップ」を取り出す

ザザザー、雪をかき乗せ水路に落とす
道路横にある水路がこういう場合、本当に助かる

柿の木にも雪が積もった
Img_0185
なかなか芸術的で美しい

Img_0182
クレストにもきれいに雪の華がついてクリスマス気分?かな

Pict0038
車に乗って辺りの雪景色を見に出かけた
なかなかこんな景色は見られない

今日は土曜日で、出勤する人も少ない
まっ白い雪が表面を覆うと、別世界が出現する
冬の寂しい田んぼが銀世界へと変身する

ちょっとこれもいいなあ

Pict0033
養老鉄道のアズキ色電車がゴトン、ゴトンと走り抜けていく
こういう日の電車はとてもたのもしい存在だ

池田山が雪化粧していつもより近くに見える
凍えるような雪の日の空気はとても新鮮だ

Pict0016

スズメたちも雪を楽しんでいるのか
Pict0028_sp0000
盛んに飛び回って雪のじゅうたんの感触を確かめあっている

Pict0023
仲睦まじく空を駆けめぐる鳥

お昼頃になると陽もさして道路や木々の雪が溶けてくる
お陽さまの力はすごい

Pict0018

雪景色をこうして久し振りに見ていると、日本の四季を思う


春の桜、夏の海、秋の紅葉、冬の雪
過ぎていく季節とともに人生も齢を重ねていく

風景に人生を重ねる日本人の心

生活するには雪はとてもやっかいなものだが、
こうしてたまには昔に帰ることもよいのではないだろうか

こういう夜は熱燗に湯豆腐で一杯やるに限るな!

« 雪起こしの風 | トップページ | 赤ちゃんの泣き声 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/32667118

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の西美濃:

« 雪起こしの風 | トップページ | 赤ちゃんの泣き声 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ