« こんなものが出てきたぞ「アエラ・創刊号」 | トップページ | 一人逃げた? »

2009年9月24日 (木)

大垣北口・南北自由通路開通!

9月19日正午に大垣駅北口が新しくなって供用開始
当日は記念式典があったようだが行けなかった

シルバーウィークには
何かと雑用ばかりで利用する機会がなく
遅まきながら行ってきました

外観は全体的に明るくシンプルです

最近のJR東海の駅はみんなこんなイメージですね
まあ、しょうがないですがね
Img_6432
北口の駅前広場ロータリーはまだ未整備で
数年かかり平成25年ころ、完成するらしい

今は仮設の通路である

Img_6433

壁にはこんな表示が出ている

Img_6435
エスカレーターで上がると広い通路が目に入ってくる

「水都ブリッジ」という愛称の南北自由通路だ
両面がガラス張りで展望がよい

ただ、つきあたりが以前のままで狭い

Img_6437
樽見鉄道の電車が停車しているのがよく見える
新しい眺めだ

Img_6436 
そして、こちらはアクアウォークに通じる通路だ

Img_6447
気持のいい通路で解放感がある
ただ、これからの季節はどうだろう
冬の伊吹おろしがまともに吹き付けて寒いだろうな

Img_6445
アクアへの通路の真っ直ぐ北にぶつかると
駐車場が遠くまで広がっている
左に黄色い建物がどんと印象的に迫る
この景観もなかなか見ごたえがあるぞ

Img_6450 
波打つ屋根も水のイメージだろうか

Img_6449
夜には柔らかい光が通路を照らすだろう

Img_6443
北口のすぐ前にある交差点だ
つい数日前まではこの交差点を渡っていた
右の囲いは駅前広場の工事のためのものだ
少し視点を変え、高いところから見ると
まるで違った都市のようで不思議な感じがする

大垣を離れて暮らしている人が久しぶりに帰郷してみると
すこしびっくりするかもしれない

アクアウオークができる前
つまり近江絹糸の工場があったころの
北口のイメージを想い浮かべてください

様変わりしてますよね

でも相変わらず南口からの駅前商店街は廃れてます

駅前のイメージは街の顔ですから大切なんです
南口も2~3階に大きなガラス窓で開放して
駅前商店街が一望できるようにしたらどうかな

人は高いところが好きなんです
鳥になった視点でみたいのです

それとも北口の西側に高層ビルでも建ててみてはいかがかな

つい岐阜の駅前と比較してしまいます
ずいぶん差がついてしまいました
やはり、西濃の玄関口である大垣駅前が元気で
活気を取り戻してもらいたいですねImg_6440
旧の通路は工事用のフェンスが組まれて通行禁止になってしまいました

もう何十年も歩いた通路がそのうち解体され姿も消すだろう
そして人々の記憶からも徐々に消えていく
ちょっぴりさみしい
長い間、お世話になりました
ありがとう

« こんなものが出てきたぞ「アエラ・創刊号」 | トップページ | 一人逃げた? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/31506567

この記事へのトラックバック一覧です: 大垣北口・南北自由通路開通!:

« こんなものが出てきたぞ「アエラ・創刊号」 | トップページ | 一人逃げた? »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ