« 郡上八幡のトマソン的散歩(その1) | トップページ | 美濃路(垂井~大垣)を歩いた »

2009年9月29日 (火)

郡上八幡のトマソン的散歩(その2)

郡上八幡は面白い街ですよ

ただし、トマソン的に歩かないとその魅力は
なかなかわかりましぇん

『固いポスト』です

Img_6512
何と固いポストでしょうか
石製でっす
酔っ払いが足でけっても平気です
でも、あの赤いポストではないんですよ
個人の郵便ポストですから
間違えて投函しないように注意しましょう

『子ども 2題』

Img_6504
汚れた運動靴が洗って干してあります
石を下に敷いてありますね
お母さんのちょっとした心遣いが感じられます

Img_6520
忘れ物でしょうか?
イボイボ付きの風船が石垣の上にありました

風船遊びに夢中でしたが、
フト違う遊びに関心が向いて
忘れていったものを、誰かが拾い上げてここに置いた
ちょっとした大人のやさしさ
心遣いがここにもありました
何かほのぼのとした光景です

郡上八幡は子どもを見る眼がやさしいね

『無用階段』
「いがわこみち」という散歩道があります
そこで見たものは?

Img_6546
そうです
ついに出ました
これこそ純粋トマソン物件
「無用階段」なんです
Img_6543

この木製の階段の先に木製の塀があります
しかし、扉がないのです
つまり役立たない、無用の階段です
何のためにこんなりっぱなもの作っちゃったんでしょうね

『ゆきすぎた親切』
これ有料駐車場です
とにかく、口うるさいんです
イヤ、しゃべってるわけじゃないんですが
とにかく、観光客から聞かれることを
全部まとめて書いちゃいました

もう答えたくないんですね
疲れちゃって!

Img_6496 
ようきとくれたんな 踊る街

『ボットリって?』

Img_6517
意味不明な俳句
ボットリって何だ?

『混迷した師匠?』
Img_6497
きもの専門学院でもあり
ピアノ教室もあり
書道もあります
で、師匠もこんがらかってしまいました
「り」「大」も堂々たる作品です
名前付きで張られて
自慢していいやら、恥ずかしいやら
小さな城下町にはまだ親密な地域密着型の商売が通用してます
なつかしい風景です

いや~、郡上八幡散歩はじつに楽しい
あなたも、ブラリどうですか?

« 郡上八幡のトマソン的散歩(その1) | トップページ | 美濃路(垂井~大垣)を歩いた »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/31573091

この記事へのトラックバック一覧です: 郡上八幡のトマソン的散歩(その2):

« 郡上八幡のトマソン的散歩(その1) | トップページ | 美濃路(垂井~大垣)を歩いた »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ