« 「生」の不思議? | トップページ | お盆も過ぎて… »

2009年7月29日 (水)

『サライ」の表紙を飾った西美濃の風景『水まんじゅう』

1996年8月15日号の「サライ」である
サライファンである私だから
バックナンバーが相当あったが数年前に
保管場所に困って廃品回収に出してしまった

が、これは偶然、わが家に残っていた
もう、13年も前に発行された雑誌だ

特集 「水が旨さの調味料
    名水が作った絶品の味」

  見事、その表紙を飾ったいかにも涼しげな写真である
 
 夏の大垣の風物詩・水まんじゅうが汲み上げられた井戸水で
 冷やされて、思わず口にしたくなる

004

本文には。本家・金蝶園が出てくるが
大垣市内の和菓子屋ではこの水まんじゅうを作る店が多い

大垣は水都ともいわれ、水が豊富である
自噴水が湧き出て冷たくておいしい

特に加賀野八幡神社はいつもポリタンク持参で
遠く名古屋からでも汲みにくる常連さんも多い

冷たい水で冷やされた水まんじゅうは器からころりと出され
お皿に少し水を含ませてつるりとした食感を楽しむのだ

そういえば、今朝NHKだったかテレビの天気予報番組で
この自噴水がコンコンと湧き出るところが写ってましたね

サライのこの名水特集には秋田の「とんぶり」福島の「水そば」
京都の「鮎」「豆腐」伊丹の「地ビール」など取り上げてました

水は命の根源です

しかも美味い飲み水はどこにでもあるわけではないんです

金さえ出せば何でも手に入るという風潮のなか
美味しい水はそう簡単に
手に入るわけではないのです

大垣も一時は工業用水の汲み上げで、井戸が枯渇し
危機に瀕したことがありました

そうした反省もあって今、水の都といわれるのです

それには、水田や小川、山林、里山など
保水し浄化するという水の循環システムの大切な自然です

その自然を壊すのも守るのも人なんです

山に住む人の生活があって都会の水が守られるのです
切捨ては結局、自然がしっぺ返しをします

暴力的で人間を襲うのもまた水です
大垣は水都でもあり水害の街でもありました

先人達の努力で今の平穏?があるのですよ

最近、やたらに「名水」なんてもてはやされますが
美味しい水はずっと昔から求められていたんです

山本一力の小説「道三掘のさくら」なんてそのものです
江戸の町、美味い水をとことん追求して頑張る職人の情景
水道関係者じゃなくてもぐっときますね

わが家の水道も地下水ですので
夏なんか蛇口を捻ると
冷たいのなんのって。
朝、顔を洗えば目がばっちり醒めますし
そのまま口につけて飲んでも美味いです

それだけでもなんか幸せ気分です

でも、カルキが時々ちょっと強かったりします
水源に近いとどうしてもそうなりますけど
水道法も見直してもいいんんじゃないでしょうか

ともかく13年前の「サライ」を偶然見つけて
雑念があれこれ浮かんできて

時間の流れとともに
懐かしいあの頃を思い出し

いろいろ複雑なタメイキまじりで
「時代おくれ」の一つでも
口ずさんでみたくなる心境でした

« 「生」の不思議? | トップページ | お盆も過ぎて… »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/30751432

この記事へのトラックバック一覧です: 『サライ」の表紙を飾った西美濃の風景『水まんじゅう』:

« 「生」の不思議? | トップページ | お盆も過ぎて… »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ