« 見つめる家 | トップページ | 高野山へ行った »

2009年7月 6日 (月)

気が重い、ため息ばかりだ!

最近、ブログが進まない。
気が重い。
軽い話題に手が出せない

自分自身のこともあるけれど
最近の世間の事件に心痛む。

7_014
今、半藤一利の「昭和史」がよく読まれているらしい

私も、図書館で借りて通勤電車で読んでいる。
500ページもあって重くかばんがずっしりだ

戦後生まれにとって戦前、戦中という昭和という時代は
学校では教えないし、歴史というには生なましすぎる

明治、大正から引きずってきた中国、満州での事件や
時の政治、軍部、マスコミ、国民がどう発言しどう動いたか

今まで避けてきた昭和史が大変分かりやすいので
通史として理解できるし教科書的でない読み物というか
講演会で聞かされているようであきない

しかし、内容はとても重い
そしてとても憂鬱な気分にさせる
そういう時代があったというだけの単なる過去ではないのだ

軍人や政治家のあきれるくらいの無責任な態度、言動は
読んでいても腹が立ってくる。
数万の戦死者が出ていてなおも自己保身に走る
反省のかけらもない。

そして、本当にあった事実を隠す。
戦争体験をインタビューしても
多分、多くは語らず、あいまいに忘れたように
ウソを言い通す。
真実は墓場まで持って行く


今の政治家でも官僚、経営者のどれをとっても
当時とあまり変わっていないように思えるのだ

指示していない、やってない、覚えはない
見たこともない、知らなかった、関係ない

無責任のカタマリだ

将来のことなど考えず目先のことばかりでやっきになって
小手先の人気とりのバラマキだし

マスコミも確たる信念がない

テレビのニュースもほとんど演芸番組化して
その場限りの怒りや非難のポーズに終始。

ああ、本当に気が重いよ

半藤さんの「昭和史」はかばんが重いし気も重いけど
読むだけの価値はあると思う

イライラは体に良くないけどネ

また、今夜も眠れないヨ。トホホ。

« 見つめる家 | トップページ | 高野山へ行った »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/30437496

この記事へのトラックバック一覧です: 気が重い、ため息ばかりだ!:

« 見つめる家 | トップページ | 高野山へ行った »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ