« 名鉄谷汲線の廃線跡を訪ねて(1) | トップページ | 海を見たくて蒲郡に行った! »

2009年6月 7日 (日)

名鉄谷汲線の廃線跡を訪ねて(2)

さて、北野畑駅跡を出て北に向かう
線路は山肌に沿うようにして走り
大きく左にカーブしていく

清流・根尾川が眼下に見える

042
夏には鮎釣りの人やキャンプの家族連れが多く見られる
このあたりの景観は四季を通じて素晴らしい

067_2
道路に沿って一段高いところに線路があった
それだけに眺めも抜群に良い
ラッキーなときは
根尾川向こうの山沿いに
樽見鉄道のレールバスが見えるはずだ

029
赤石駅付近から北(谷汲方面)に続く線路跡


032
赤石駅前跡には自転車置き場が今なお残っている
綱が張られ中へは入れない
後ろの山は石灰岩の山である
今でもダンプが行き来している

045

左に根尾川を見る
線路はこの堤防道路右下を走っていた
山の間に水田が広がる

044
線路は右から左へとこの道路を横断していた
踏み切りもあったが撤去されている
鮎料理を食べさせてくれる料理屋が右にある
左が根尾川だ

039_2
谷汲方面から見た線路跡で
その先には根尾川支流を渡る
鉄橋があった
橋を渡って真っ直ぐ山の肌に沿うように線路があった

035_2

管瀬橋が見える
この橋の手前を横断していた

やがて根尾川とも別れ西にカーブして進む
終着駅・谷汲駅は近い

027
谷汲方面からみた線路跡
右の県道40号線と並行していた

011
谷汲線の終着駅・谷汲駅跡である
ホームも当時のままで残されている

そして何より懐かしい電車が常設展示されている

012
丸窓で白赤のツートンカラー「モ513」型
鉄道ファンなら大喜びの電車だ

本当に時代を感じさせる電車だ

005
そしてこちらは「モ755」型
最も私にはサッパリわかりませんがね

006

でもとても古い電車で平成の時代まで現役だったこと
このほうが驚きです

旧谷汲駅舎に来れば
いつでもこの2台の電車を見ることができる

003

谷汲の人はこの電車が好きだったのだ
いやのんびり走っている光景が良かったのかもしれない
自然の風景とうまく溶け合っていたのだ

020
アリャ、これ何だ?
あの電車のそっくりさんだ!
じつはバスなんです
愛惜の情がとうとうこんなものまで作っちゃたんです

だったら何で廃線になったんだ
ズバリ赤字路線だからです

今、沿線の人たちどうしているんだろう
バスかマイカーに頼るしかない

車を持たない人はどうしてるの?

Dscf4688
谷汲さんへ参拝する人はやはりマイカーかバスだろうか

ローカル線の赤字による廃止は全国に及んでいる
地方切り捨ての政策といわざるをえない

郵便局がなくなり、電車が来なくなり、いっそう不便になった
それでも生きていかなければならない

廃線の影響は目に見えぬところでもある
心理的にも大きな柱を失った
町がのっぺらぼうになった

久しぶりに谷汲線廃線跡を訪ねて
複雑な思いであった







« 名鉄谷汲線の廃線跡を訪ねて(1) | トップページ | 海を見たくて蒲郡に行った! »

コメント

>赤石駅前跡には自転車置き場が今なお残っている
綱が張られ中へは入れない
後ろの山は石灰岩の山である
今でもダンプが行き来している

↑上記で表記されている写真、ここは確か長瀬の駅跡だったような........。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/29980462

この記事へのトラックバック一覧です: 名鉄谷汲線の廃線跡を訪ねて(2):

« 名鉄谷汲線の廃線跡を訪ねて(1) | トップページ | 海を見たくて蒲郡に行った! »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ