« 伊久良河宮跡を訪ねて | トップページ | 自己主張の強い店 »

2009年5月 1日 (金)

竹鼻別院のふじまつり

春は花の季節だ
桃や桜だけじゃない

で、藤もあります
なんか漢字で書くと硬い
ふじ、と書いたほうがいい

羽島市の竹鼻別院で今「ふじまつり」が開かれている
ちょいと行ってまいりました
033
竹鼻別院は真宗大谷派であります
立派な御門があり格式高そう!

031

入り口にある石柱
見真大師すなわち親鸞さんが上洛の折
お立ち寄りになり草庵をウンヌンとか
そこから美濃門徒衆の始まりとか
047

その後荒廃した草庵を蓮如上人がうんぬんとかで
とにかく由緒あるお寺であります

で、かんじんの藤はどこなの?
045

ありました、門を抜けると正面が本堂で
その左側に見事な藤がありました
037

樹齢250年あるいは300年とかいわれてます

036

一本の木からこれだけの大きな藤の花の枝が伸びているのです
岐阜県の天然記念物になっているそうであります

枝の周りを囲むように花見客?参拝者が見ております
お菓子つきお抹茶のサービスもあります(有料)

041
カメラを構えている人やら
ぼんやり眺めている人やらおりますが
やっぱり桜のような派手やかさはありませんな

042
これこれ、おばあさん
そんなところに腰掛けていいの?
なんか、石碑じゃない、それ。
でも他にも腰掛けてください、というような石が2,3ありました
大らかというのか
029
ふじまつりにあわせて、楽市楽座が開かれていました
まあ、何でも寄せ集めたような市です
ほとんどがオッサン、オバサンです
039

お腹が空いたらちゃんとテントのお店があります
「レンコンカツどん」なんてありました
080
それに変わったのは
「みそぎ団子」というみたらしっぽいもの
味噌つけて焼いておりましたが
食べてみると中にあんこが入ってました
甘辛の変わった味でした
083

左党には「千代菊」をどうぞおみやげに
有機純米吟醸酒は今年、2009年モンドセレクションスピリッツ
リキュール部門で金賞を受賞したとか
商店街のなかに店がありました
061
お店では試飲もできますから
そういうお方は電車で行くのがお薦めです

069
名鉄羽島線の羽島市役所前で下車し5分くらいで
竹鼻別院まで歩けます

それに、竹鼻商店街は、
河村・新名古屋市長じゃないけど
「どえりゃ面白い街ですわ」
路上観察にもってこい
また、別に紹介しますね

« 伊久良河宮跡を訪ねて | トップページ | 自己主張の強い店 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/29388560

この記事へのトラックバック一覧です: 竹鼻別院のふじまつり:

« 伊久良河宮跡を訪ねて | トップページ | 自己主張の強い店 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ