« まさしく「自・転・車」です | トップページ | 月はどっちに出ている »

2009年4月 3日 (金)

根尾の薄墨桜はほぼ満開です!

春は、なんといっても桜です
この桜があちこちで満開になるため
なんだか心が落ち着きません

で、今回、根尾の薄墨桜を見に行きました
(現在は本巣市根尾です)

自宅を9時に出発
国道157号線をひたすら北に走ります

001
今日はとてもポカポカ陽気で快適なドライブです
春休みですが平日で朝早いので、車は少ないね


途中、左側を樽見鉄道が並行して走ります
道路も、以前に比べるとダントツに良くなりました
ただし、一部、狭いところが残っています

金原、日当地区を抜け峠を越えると、
根尾川の左岸を一直線に進みます

遠くに雪のかぶった山が見え冬から春の変化を実感できます

013


やがて根尾の集落に着くと、
赤い橋を左に渡り駐車場に入ります
乗用車は400円です
10時頃に到着しましたが、もはや駐車場も
かなり埋まってきています

028


薄墨桜のある公園から根尾の集落を見るとこんな感じです
樽見鉄道の終着駅「樽見」駅からは徒歩で10分くらいですかね

オフシーズンはとても静かな何にもない田舎の集落ですが
この数週間はドエライ活気にあふれます

032

名古屋や関西などから観光バスもどんどんやって来ます
駐車場から坂道を少し上がっていきます

にわか売店が立ち並び土産を売り込んでいます

でも、とにかく、まずは薄墨桜です

005
や、これがあの「薄墨桜」です
さすがにでかい
国の天然記念物にもなっています

一時、枯れる寸前までいったのですが、宇野千代さんや
地元の協力でよみがえりました
樹令推定1500年とかで根元など見るとびっくり

017
老木で杖代わりに何本もの木で枝が支えられています
痛々しいほどです

025
もう満開に近い状態で、小さな白い花びらです

020

つぼみの頃は薄いピンク
満開では白色
そして、散りぎわに独特の淡い墨色となるらしいのです

でも、なかなかそんな時期に遭遇できませんよね

016
大勢の人が感動して見入っています
カメラでケータイで皆パシャパシャ撮ってます

021

真ん中の大きな老木がいわゆる薄墨桜で
奥に見える少し小さな桜が「第二世」の薄墨桜
そして、右に見えるのはソメイヨシノの桜です
ソメイヨシノは、まあここでは脇役です

022
周囲にはたくさん食べ物やお土産屋があって大賑わい

地元の特産品や宇野千代デザイン?のハンカチなどや
サクラういろう、饅頭、アマゴの塩焼きなどもありました

私は、清酒「薄墨桜」や焼き栗、サクラジャム、菊の苗3本
なんて買ってしまいました

それに、臨時郵便局で特製切手セットを購入
1000円でしたね

Photo

薄墨桜を見たあとは、温泉です
ここからさらに北へ車で10分くらい走ると
「うすずみ温泉」があります

041
さすがにここまで足を伸ばす人は少ないからか
空いておりました
入湯料は850円
のんびりゆったりツルツルのお湯につかりました

これまでにも年数回か来ていますが
ストレス解消にはよいですね

043
湯につかったあとはレストランで昼食
数限定の特別ランチ1200円を注文しました

こんにゃくの刺身、揚げ豆腐の味噌あえ、筍、そば
春らしいチラシが入っておいしかったですわ

帰りは午後1時過ぎに温泉を出発

050
そしたら、桜見物の車が大渋滞しておりました
延々と3キロくらいかな
観光バスも混じってましたが、とにかくまだまだ
時間がかかりそうで、お気の毒サマ

明日からの土日はもっともっと混雑しそうです
お出かけのかた、とにかく11時までには着かないと
相当待たされますよ

では!

« まさしく「自・転・車」です | トップページ | 月はどっちに出ている »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/28949701

この記事へのトラックバック一覧です: 根尾の薄墨桜はほぼ満開です!:

« まさしく「自・転・車」です | トップページ | 月はどっちに出ている »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ