« おかげさまで | トップページ | 竹鼻別院のふじまつり »

2009年4月25日 (土)

伊久良河宮跡を訪ねて

揖斐川とその支流・根尾川が合流するあたりの東にある史跡

「伊久良河宮跡」に行ってみた

024
本巣郡巣南町(現・瑞穂市)居倉という地区は
あの富有柿の本場でもある
あたり一面は柿畑でおおわれ
新芽がつき始めて青々とした風景が広がる
002_2
リオワールドSCから南へ細い道を少し走ると
居倉という集落がある

028

村中に入る道路の西には碑が建っている
「富有柿発祥の地」とある
その原木がある
022
そのちょうど東側にあるのが
「伊久良河宮跡」である
石標には「天神神社」とある

019
石の鳥居をくぐると細くて長い参道が続く
石橋を渡る右には小さな石柱があり
「史蹟 伊久良河宮跡」と読める
016

さらに進むと神社には珍しい木の門がある
長い玉砂利の参道を歩くと拝殿がある
003

拝殿は質素でごく普通の氏神さま程度の造りである
拝殿前で参拝をしてから拝殿の右から北に入る

010
小ぶりながらなかなか立派な本殿が建ち、
後ろには大きなクスノキが守護するように伸びている

そのクスノキの右側にある不思議な石と祠
007
これこそ、その伊久良河宮の史蹟である
奇妙な形をした石が「御船代石(みふねしろいし)」
左の小さな祠が倭姫命をお祭したものであるとか

まあ、私達は「古事記」や「日本書記」なんていうのは
名前ぐらいは知っていてもじっくり読んだことはない

そもそも今の人は
それは日本神話としての昔の人が作り上げた
フィクションじゃないかな、って思っている
たとえそうじゃないといっても、どこまでが史実であったのか
もやもやしたものが残る

で、肝心の「伊久良河宮」のことである

伊勢神宮の内宮にお祭してある天照大神は、最初から
三重県の伊勢の五十鈴川にあったわけではない

垂仁天皇の御代に大和の笠縫邑にお祭してあったものを
別の地に鎮め坐させる処を求めて諸国を巡幸した

倭姫命(やまとひめのみこと)が御杖代となって、大和から、
近江を経て、美濃を巡幸しやがて伊勢国に至った

そのときの美濃の伊久良河宮こそ、この居倉の地であった
のではないかというものである

史蹟の概略の説明版があるが、これだけでは分かりにくい

020

ちなみに、倭姫命は、ヤマトタケルの叔母にあたり、
東国に遠征に先立ち、伊勢に立ち寄り
草薙の剣をもらっている

これは今、熱田神宮にあり三種の神器のひとつである




029

そんなロマンを秘めた神社がこんな身近にあることはほとんど知る人は少ない
神話と歴史のロマンを秘めた神社の横を車が通り過ぎていく

ひっそりとした史蹟ではあるが一度行ってみるのもいいかも!










« おかげさまで | トップページ | 竹鼻別院のふじまつり »

コメント

コメントどうもありがとうございます
どうぞご紹介ください
名前どおり主に西濃地方を中心にした話題を出していきますが岐阜や名古屋周辺でも思いついたら乗せます
今後もどうぞ訪問してください

はじめまして。
忠節橋付近で生まれ育って、今は東京で中学校のPTA会長をしています。
季節がら、富有柿ネタと、合わせて伊倉の天神さんを紹介したいと思っていますが、もし、御了承いただければ、myブログで、紹介させていただいてもよいでしょうか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/29291621

この記事へのトラックバック一覧です: 伊久良河宮跡を訪ねて:

« おかげさまで | トップページ | 竹鼻別院のふじまつり »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ