« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月25日 (土)

伊久良河宮跡を訪ねて

揖斐川とその支流・根尾川が合流するあたりの東にある史跡

「伊久良河宮跡」に行ってみた

024
本巣郡巣南町(現・瑞穂市)居倉という地区は
あの富有柿の本場でもある
あたり一面は柿畑でおおわれ
新芽がつき始めて青々とした風景が広がる
002_2
リオワールドSCから南へ細い道を少し走ると
居倉という集落がある

028

村中に入る道路の西には碑が建っている
「富有柿発祥の地」とある
その原木がある
022
そのちょうど東側にあるのが
「伊久良河宮跡」である
石標には「天神神社」とある

019
石の鳥居をくぐると細くて長い参道が続く
石橋を渡る右には小さな石柱があり
「史蹟 伊久良河宮跡」と読める
016

さらに進むと神社には珍しい木の門がある
長い玉砂利の参道を歩くと拝殿がある
003

拝殿は質素でごく普通の氏神さま程度の造りである
拝殿前で参拝をしてから拝殿の右から北に入る

010
小ぶりながらなかなか立派な本殿が建ち、
後ろには大きなクスノキが守護するように伸びている

そのクスノキの右側にある不思議な石と祠
007
これこそ、その伊久良河宮の史蹟である
奇妙な形をした石が「御船代石(みふねしろいし)」
左の小さな祠が倭姫命をお祭したものであるとか

まあ、私達は「古事記」や「日本書記」なんていうのは
名前ぐらいは知っていてもじっくり読んだことはない

そもそも今の人は
それは日本神話としての昔の人が作り上げた
フィクションじゃないかな、って思っている
たとえそうじゃないといっても、どこまでが史実であったのか
もやもやしたものが残る

で、肝心の「伊久良河宮」のことである

伊勢神宮の内宮にお祭してある天照大神は、最初から
三重県の伊勢の五十鈴川にあったわけではない

垂仁天皇の御代に大和の笠縫邑にお祭してあったものを
別の地に鎮め坐させる処を求めて諸国を巡幸した

倭姫命(やまとひめのみこと)が御杖代となって、大和から、
近江を経て、美濃を巡幸しやがて伊勢国に至った

そのときの美濃の伊久良河宮こそ、この居倉の地であった
のではないかというものである

史蹟の概略の説明版があるが、これだけでは分かりにくい

020

ちなみに、倭姫命は、ヤマトタケルの叔母にあたり、
東国に遠征に先立ち、伊勢に立ち寄り
草薙の剣をもらっている

これは今、熱田神宮にあり三種の神器のひとつである




029

そんなロマンを秘めた神社がこんな身近にあることはほとんど知る人は少ない
神話と歴史のロマンを秘めた神社の横を車が通り過ぎていく

ひっそりとした史蹟ではあるが一度行ってみるのもいいかも!










2009年4月21日 (火)

おかげさまで

004
この看板、とても気になるんです

「おかげさまで」

このことば、最近あまり使われなくなったような気がする

お客さまのおかげで今日までお店を続けることができました
そういう感謝の気持ちが「おかげさまで」である

この頃、自分さえ良ければいいさ!
とにかく儲かればいいさ!
見つからないようにすれば何やってもいいさ、なんて商売屋が多い

恥ずかしい、という感覚も失われ
次々に発覚するあきれた不正行為の数々!

今の世の中真っ暗闇でございます、なんて歌いたくもなります

「お天道さまがみてござる」という言葉も死語になっているしネ

それだけ世の中、ギスギスし相手のことを想う余裕すら失っております

学力テスト成績の向上よりも、教えることがあるんじゃないでしょうか

ところで、
このお店、創業○○周年(うっすら50と読めるが)とか
ず~と書き直しされてないようです

次は「55」周年、「60」周年と数字を変えるんでしょうかね

この店の前を通るとき、いつも読んでしまいます

「おかげさまで」か!

何となく人生に通じるものがあって、
自分が「生きていられる」のも
みなさんのおかげで「生かされている」んだって思う

おかげさまで「人生○○周年」なんてね

なかなかの看板です

             (岐阜県大垣市内)

2009年4月20日 (月)

さざれ石公園

「さざれ石」って、知ってます?

見たことあリます?

国歌「君が代」に出てくる「サザレ~イシノ~」の
あの「さざれ石」のことです

岐阜県春日村(現・揖斐川町春日)に『さざれ石公園』があります

その「さざれ石」を見に行ってまいりました。

大垣からだと揖斐川の右岸堤防道路をまっすぐ北に走ります
単調ですが、信号も少なく快適に走れますよ

003
揖斐川の支流・粕川にかかる脛永橋を渡り、
すぐ左折して西に進みます

ちょうど、池田山と小島山の間に入っていく感じです

033

道路は狭いけど比較的走りやすい

左側に眼下に粕川が流れています

034

狭隘な地域に民家があり
一応、名阪近鉄バスの定期路線があります

薬草湯で知られる「かすがモリモリ村」を左に見て通過し
川合という集落で左折します

右に行けば長者平でスキー場やキャンプ場があります
今はオフシーズンで静かなものです

川合から先はほとんど民家がなく、車もあまり通りません
古屋というところに数軒民家があり、橋を渡ります

029

1キロほど行くと砂利道に変わり広場があります
新しいトイレがあります
車が4台止まってましたが、人は見当たりません

ここに車を駐車して歩きます

眼の前に巨大なコンクリートの塊があります
砂防ダムのようですが、ラクガキがしてあります
007

と思ったら、あのイラストライター日比野克彦さんの描いたものでした

その右側から歩道を上がりますと公園がありました
まだ、しだれ桜?が静かに咲いてました
014
ここが「さざれ石」公園です

006

小さな草花がじゅうたんのように敷かれて歩くとふわふわします
とてもよい気分です

011

小石が集まって大きな塊のようになった岩がドスンとあります

012


岐阜県の天然記念物「笹又の石灰質角礫石」と書いてあります

説明では、この石は石灰岩が長い年月の間に雨水で溶解され
そのとき生じた粘着力の強い乳状液が次第に小石を凝結して
だんだん巨岩になり、河川の浸食作用で地表に露出し苔むしたものだそうであります

まあ、これが「千代に八千代にさざれ石の巌となりて苔のむすまで」
という歌のもとになったわけです



010
「さざれ石」の右に碑が建っております

碑には
「さざれ石
 国歌君が代発祥の地
  内閣総理大臣 中曽根康弘」と書いてありました



まあ、国歌「君が代」や日の丸の国旗については
右から左までの議論があります


でも、それは明治以降になってから国家というものを形成していくために必要に応じて考えられたもの

さざれ石の歌はもっと昔からあったといいます

山中を渡り歩く杣人の間では良く知られていた子孫繁栄のお目出度い石なんでしょうね

揖斐の奥、春日は不思議なところです
伊吹山周辺の奥深い山谷には、いろいろな伝説、伝承があります

あの東本願寺の一世・教如上人が三成に追われながらも信者や村人に守られ西に逃れた話、
西軍の武将・宇喜多秀家が関ヶ原で破れ逃亡し山中で村人に助けられ生き延びた逸話、など歴史好きな人にはとても面白いところです

今はそうした過去のすべてを消しさったかのように水は途切れることなく流れている

016

観光客はほとんど見かけませんでした

飛騨高山や東濃地方のような魅力的なものはありませんから
当然かもしれません

でも探してみると、なかなか歴史的に味わい深いものがあると
感じました

GWにはこうしたひっそりとした自分だけのささやかな旅もよいのではないでしょうか!

それこそ、西美濃の、魅力ちょっぴり発見!ですかね



 

2009年4月12日 (日)

西美濃・春景色!

西美濃地方にもようやく春が来た

ここ数日良い天気が続き、特に今日は、暖かな陽気であった

今年の場合
少しずつ春が来ているというより、一気にハル~て感じがする

なんと、わが家にはもうツバメが来たのだ

4_012
ピチクリピチクリとツバメ達の会話?が騒がしい
ねぐら定めで議論しているらしい

4_006
西には池田山がかすんで見え、春を待っていた草木が
一斉に青々と伸び、目に鮮やかだ

4_007
麦畑でも穂が付いて風に揺らいでいる

4_005

水田では、土が掘り起こされ、水が張られていく
田植えの準備のためだ

次第にあたり一面が一見、海のような風景が現出する

001

わが家の柿木も芽が出て、小さな葉がでてきました

昨年のイラガ虫の大発生でほぼ全滅だったが
今年こそ美味しい柿がたくさん実をつけてほしい

あまりの陽気に誘われて池田山麓にある
桜の名所・大津谷へつれあいと行ってみた
005
ここ数日で桜が散り始めているが、まだ少しは咲いている
子供連れや若いグループがバーべキュなど楽しんでいる

008
何となくウキウキした気分が公園一帯を包んでいる
命あるものの自然の嬉しさというものだろうか

007
桜というのは、なぜか心を浮き立たせるのだ

特に日本の風景には桜がよく似合う
青々とした山や森に彩る春の桜

016

公園のすぐ近くにはお茶畑が広がる

有名な揖斐茶の産地でもある

ゆっくり歩きながら眼下に広がる濃尾平野をみていると
生きていることの歓びをちょっぴり感じる

冬の間、萎縮していたあらゆる細胞が
ゆっくりと動き出したのだろうか

萎縮していた心もまた
わずかながら開いてきているのかもしれない

本当に暖かな一日だった。

2009年4月10日 (金)

省略しすぎな看板

48_001
なに?
なんだって?
「ユウ ジョウ」?
意味、ワカリマセン!

48_011
ここにもまたまた、ナニコレ看板が!

「ユウ・チュウ・ジョウ」?

最近やたらと省略する傾向にあるコトバ
おたがいそれがかっこいいと思うらしいが

ユウジョウ、やらユウチュウジョウは、

チト、どうかね!

はっきり「有料駐車場」と書いてもらいたいもんですな

                   (大垣市内)

2009年4月 8日 (水)

月はどっちに出ている

4_015
名古屋駅の夕方、東南の空に月が出ていた
そういえば、明日、4月9日は望、つまり満月である
旧暦で3月14日になる

4_016_2

スパイラルタワーとも何となく面白い風景だ
何となく月に手が届きそうだ

でもね
月は今やほとんど忘れ去られているんです

と、いうより街の明かりに月の存在が消されているのでしょうかね

004

夕方、ビルの間に見る月は大きく見える

星とも違うし、太陽とも違う「月」という存在

月は人が生きていくうえで大切なものであったし
もっと身近なものだったのです

4_017

ほら、大垣でもちゃんと月はみられます

何となく「お月さん、こんばんわ」
と声をかけてみたくなりません?

ちょうど満開の夜桜の中にも月が見えます

48_015 

「月に桜」なんて何だかとても風流ですよ

昔の人は月を今よりずっとずっと愛でていました
芭蕉さんでも旅の途中、
月の名所で満月を見たいがために
わざわざ日程を合わせていたほどです

私も、もう7~8年くらい前でしょうか
ナイトウォーキングをしたことがあります
愛知県の設楽の山奥でした
山道では恐ろしいほど真っ暗ですが
雲が切れて月が顔を出すと
昼間のように明るく周囲と照らすのです

そのとき本当にありがたい、と思いました

歌や絵画にも昔からよく月が登場します
それだけ密着していたのです

だから夜祭などは旧暦の満月の日が多かったとか

現代人は電気の灯にあまりにも慣れすぎてしまいました

月明りのもつ自然のやわらかさ
落ち着いた夜景
そこから、人間の持つ感性を今一度取り戻してはどうでしょう

まぶしいばかりの部屋の灯を一度消して外を見てみましょう

そして、眺めるだけでよいのです
心が何となく静まりますよ

あなた、月はどっちに出ていますか?

2009年4月 3日 (金)

根尾の薄墨桜はほぼ満開です!

春は、なんといっても桜です
この桜があちこちで満開になるため
なんだか心が落ち着きません

で、今回、根尾の薄墨桜を見に行きました
(現在は本巣市根尾です)

自宅を9時に出発
国道157号線をひたすら北に走ります

001
今日はとてもポカポカ陽気で快適なドライブです
春休みですが平日で朝早いので、車は少ないね


途中、左側を樽見鉄道が並行して走ります
道路も、以前に比べるとダントツに良くなりました
ただし、一部、狭いところが残っています

金原、日当地区を抜け峠を越えると、
根尾川の左岸を一直線に進みます

遠くに雪のかぶった山が見え冬から春の変化を実感できます

013


やがて根尾の集落に着くと、
赤い橋を左に渡り駐車場に入ります
乗用車は400円です
10時頃に到着しましたが、もはや駐車場も
かなり埋まってきています

028


薄墨桜のある公園から根尾の集落を見るとこんな感じです
樽見鉄道の終着駅「樽見」駅からは徒歩で10分くらいですかね

オフシーズンはとても静かな何にもない田舎の集落ですが
この数週間はドエライ活気にあふれます

032

名古屋や関西などから観光バスもどんどんやって来ます
駐車場から坂道を少し上がっていきます

にわか売店が立ち並び土産を売り込んでいます

でも、とにかく、まずは薄墨桜です

005
や、これがあの「薄墨桜」です
さすがにでかい
国の天然記念物にもなっています

一時、枯れる寸前までいったのですが、宇野千代さんや
地元の協力でよみがえりました
樹令推定1500年とかで根元など見るとびっくり

017
老木で杖代わりに何本もの木で枝が支えられています
痛々しいほどです

025
もう満開に近い状態で、小さな白い花びらです

020

つぼみの頃は薄いピンク
満開では白色
そして、散りぎわに独特の淡い墨色となるらしいのです

でも、なかなかそんな時期に遭遇できませんよね

016
大勢の人が感動して見入っています
カメラでケータイで皆パシャパシャ撮ってます

021

真ん中の大きな老木がいわゆる薄墨桜で
奥に見える少し小さな桜が「第二世」の薄墨桜
そして、右に見えるのはソメイヨシノの桜です
ソメイヨシノは、まあここでは脇役です

022
周囲にはたくさん食べ物やお土産屋があって大賑わい

地元の特産品や宇野千代デザイン?のハンカチなどや
サクラういろう、饅頭、アマゴの塩焼きなどもありました

私は、清酒「薄墨桜」や焼き栗、サクラジャム、菊の苗3本
なんて買ってしまいました

それに、臨時郵便局で特製切手セットを購入
1000円でしたね

Photo

薄墨桜を見たあとは、温泉です
ここからさらに北へ車で10分くらい走ると
「うすずみ温泉」があります

041
さすがにここまで足を伸ばす人は少ないからか
空いておりました
入湯料は850円
のんびりゆったりツルツルのお湯につかりました

これまでにも年数回か来ていますが
ストレス解消にはよいですね

043
湯につかったあとはレストランで昼食
数限定の特別ランチ1200円を注文しました

こんにゃくの刺身、揚げ豆腐の味噌あえ、筍、そば
春らしいチラシが入っておいしかったですわ

帰りは午後1時過ぎに温泉を出発

050
そしたら、桜見物の車が大渋滞しておりました
延々と3キロくらいかな
観光バスも混じってましたが、とにかくまだまだ
時間がかかりそうで、お気の毒サマ

明日からの土日はもっともっと混雑しそうです
お出かけのかた、とにかく11時までには着かないと
相当待たされますよ

では!

2009年4月 2日 (木)

まさしく「自・転・車」です

003

説明も不要でしょう!

自分で転んでたおれての

文字どおり「自転車」なのですネ

春の嵐のたとえどおり、風のいたずらでした

                   (名古屋市内)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ