« 西美濃の早春とゆううつ | トップページ | 大垣駅ただいま工事中 »

2009年3月16日 (月)

廃屋のアート展

001
雨上がりの路上にひときわ際立つ枯れ木アート
バックの黄色との対比が素晴らしい

水に光る暗い路面もここでは調和に一役買っている

それにしても、自然はなんと芸術的だろう
誰も手を入れたわけでもない白亜の枯木

これ以上何を望むのか

美というものが人為的でないのが嬉しい
感動しますね

しかし、虚しいことに芸術は短命だ
今という瞬間の美でしかない

はかない極限の姿こそ鑑賞する価値がある
明日は消失しているかもしれないのだから

廃虚となったパチンコ店に花咲かせた超芸術だ

                   (岐阜県神戸町)

« 西美濃の早春とゆううつ | トップページ | 大垣駅ただいま工事中 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/28650398

この記事へのトラックバック一覧です: 廃屋のアート展:

« 西美濃の早春とゆううつ | トップページ | 大垣駅ただいま工事中 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ