« 「100回泣くこと」の中村 航 | トップページ | 廃屋のアート展 »

2009年3月15日 (日)

西美濃の早春とゆううつ

やっと、西美濃地方にも春らしくなってきた

001
田んぼの畦にはつくしがいたるところで芽を出してきた

004

風はまだ冷たく、強いが確実に春の陽気が伝わってくる
地中に静かに眠っていた虫たちもそろそろ這い出してくる

008
黄色い花が咲いた
菜の花ではない
放置した白菜に花がついたのだ

009
ぼんやり眺めていると春の香りがする
四季のある日本の良さをこんな些細なことで実感している

私の田舎では今日は農排水路の清掃日だった
地区総出でスコップを持って排水路の土砂をかきあげるのだ
昔と違い、今ではほとんどの農排水路は三面コンクリート張りで
それほど土砂は積もらない

組ごとに別れ区域を分担しての清掃作業である
最近は一段と高齢化が進み、若者の参加率が低下
年配の女性も多い

今テレビ番組で定年後、田舎で暮らすことを理想的に映像化されているけれど、
農村地帯にはこうした集団での作業や行事がまだまだ多いのだが、手作り蕎麦やパン工房、無農薬野菜作りなんていっても
そう簡単にできるものではないし
田舎に暮らすということはこうした集団に入り
義務も果たすことも大変だと思うが
そういった部分は隠されている
挫折する人は案外こうした部分を甘く見ているのではないだろうか

さて、午前の作業が終わると午後には地区の総会がある
20年度行事と決算報告、承認、21年度行事計画、予算案の審議
、それに各役員の選出である

そして最後に懇親会があり、つまみ、酒が出て、人参とかしわの混ぜご飯を食べて解散するのである

行事計画や予算案をみると驚くほど行事が多い
都会では全く考えられない

都会では行政が予算を使ってやることも
田舎では少ない予算で、住民が自分たちでやるのだ
そういうことを嫌って田舎を離れていく人もいる

組織、役員も目白押しで
氏子総代、区長、評議員、隣保班長(組長のようなもの)
改良組合、消防団員、防火クラブ、青年会、老人会などなど
だからほとんどの家でなにかの役があるくらいなんです


015
         (菜の花と養老鉄道)

私の住む地区はまだ大垣に近いのでまだまだ
荒れた農地は少ないが、山村に行くほど離村農家が増えている
医療や教育、など最低の社会生活が成り立たないのだ

私の地区でも少子高齢化が進み、伝統的な祭や神社の例祭や村の行事などの実施が悩ましく困難な状況なのである

若い人は、止めればいい、という意見だし年寄は伝統を守らなアカンと言うしでなかなか良い案もなし、もめてまとまらないこともある

地方の疲弊は行財政的な面で相当不利な状況にあるし、地方を重視なんて政治的な掛け声ばかりで、本当にその気はあるのかと言いたい

そんなこんなで春と言っても、なにやらゆううつで気分です

« 「100回泣くこと」の中村 航 | トップページ | 廃屋のアート展 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/28633761

この記事へのトラックバック一覧です: 西美濃の早春とゆううつ:

« 「100回泣くこと」の中村 航 | トップページ | 廃屋のアート展 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ