« 残日録を読んだ(2) | トップページ | ちゃらんぽらん »

2009年2月27日 (金)

「おくりびと」を観た!

あの話題の映画「おくりびと」を観た

映画を観るのは何年ぶりだろうか。
確か、「バッチギ」あたりからず~と観てなかったから
2~3年は映画館には縁がなく遠ざかっていた

そのくせ、毎年2月に発行される「キネマ旬報ベストテン号」は
ほとんど毎年買っているのだ

学生時代などは、関西の場末の映画館で4本立て、5本立てやらを
一日中観て過ごしたこともある

それが、最近では面倒くさくなってしまったのか
映画を観る習慣がなくなって、毎年キネ旬ベストテンが発表されると
あ、観てみようかな!と思う

けど、その頃、もはや映画館は別の映画ばかりだ
ま、ときどき受賞作が再上映されるときがあると観ることができるが

あとはテレビの映画劇場での放映されるの観るか
DVDレンタルを借りるかしかない

そんなお寒い私の映画事情だが、今回これが
キネ旬1位選出されたうえに
アカデミー賞受賞というニュースが飛び込んできた

中日新聞の映画案内欄をみると
西美濃地方で今「おくりびと」上映館はふたつある
カラフルタウンとモレラ岐阜だ

010

そこで、さっそく今日「モレラ岐阜」のトーホーシネマへ出かけた

平日とあってモレラは人も少ない
ここで映画を観るのは始めてだ

入場券をあらかじめ買っておいて
上映10分前に入った

アリャ、なにこの人達、中高年ばかりじゃないか!

ま、私もそうなんだけどね

それに夫婦、女友達、それも腰が曲がったような人が目立つ
日頃、映画をあまり観ない田舎のおばあさんだらけ
ポップコーンにコーラなんていう人ほとんどいない

でも、評判を聞いたのか前の席を除くとほぼ満席
アカデミー効果だろうか

予告編に続いて「おくりびと」が始まった

003

ストーリーはこれから観る人もいるからあえて書かない

正直、泣いてしまった
いや、私だけではないよ
ほとんどの人が泣いていたと思う

ラストシーンが思いがけなく終わった感じで
出演者などのテロップが出ても誰も席を立とうとしない
いや、できなかったのだろう。

泣いているからこのままでは帰りにくい
すこし余韻が欲しい
で、最後に場内が明るくなるまでじっと待っていたんだ

明るくなってやっと重い腰をあげてゾロゾロ無言で出て行く
まるで葬式の参列者のようだった

私も「フー」と深呼吸をしてから劇場をあとにした

2時間20分くらい、あっと言う間の時間が経過していた

悲しいシーンばかりではなかった
笑えるところもあって、泣いたり笑ったりで顔がクチャクチャ

あの「きみまろ」のお笑い、そしてこの映画の泣き笑い
どこかで共通しているものがあるような気がする

人間の持っている本質を見抜かれたようでもある

風景がいい
東北・日本海の酒田あたりの自然が豊かで
白く雪が積もった山々、鮭が遡上する冷たい川
田んぼ、古びた街、銭湯、鶴の群生、四季の移ろい

音楽がいい
特にチェロのどことなく寂しく、荘厳な響き
生死に正面から向き合うリズム
避けられない死、別れ、悲しみ

ここでも久石 譲が手がけており映画に深みをつけている

001

「石ぶみ」がいい
文字がなかった時代に自分の想いを伝えるための石を
相手に手渡すのだという
この映画でこの「石ぶみ」が重要な役割を果たしているようだ

これから流行りそうかも

役者がいいな

本木雅弘はもちろん広末涼子、余貴美子、吉行和子、山崎努
笹野高史など好演している

特に山崎の納棺師はリアリティがある
ひとつの独特な世界を作り上げている
亡くした妻に死化粧したのが第1号
それから、ず~と「けがらわしい」納棺師一筋

シナリオもいい
笹野が演じる「火葬場」の職員
死は、もう一つの世界への入り口
私は門番でお見送りする人
「行ってらっしゃい」と

つい最近、近親者が亡くなった
危篤状態のとき病院に駆けつけた
声をかけたら、わずかに反応があったようだ
その帰り、今亡くなったとケータイに連絡があった

生と死の境はほんの一瞬だ
もはや、声をかけても反応はない

浄土真宗では葬儀に「白骨の章」を読む
「朝には紅顔、夕べには白骨となる‥」
生あるものは、必ず死がいずれ来る

元気な頃の姿が思い浮かぶ

この映画は観る人それぞれの持っている心のなかに入りこんで
ぐっと身近にリアリティを感じさせる

それが泣けるのだ

自分もこうなるのかという想い
棺が閉まるときや火葬場の炉が閉じられるとき
死者の側からカメラが回っている
まるで観客は死んだ人だ

でも、それも正解かもネ
観客は、もうそれほど遠くない先に
「おくられるひと」になるはず
その疑似体験がこの映画といえなくもない

久々にいい映画をみせてもらった

今夜は眠れないかも

« 残日録を読んだ(2) | トップページ | ちゃらんぽらん »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/28392291

この記事へのトラックバック一覧です: 「おくりびと」を観た!:

« 残日録を読んだ(2) | トップページ | ちゃらんぽらん »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ