« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月 7日 (水)

新春・垂井町のトマソン散歩

岐阜市に続いてトマソン散歩!
今回は不破郡垂井町の巻

垂井といえば、南宮大社が有名ですね
街を歩く前にまずは表敬の参拝といきましょう

048
江戸時代は歩くしかなかった
となると入り口はココ
中仙道・垂井宿の中ほどにある、この鳥居をくぐり
南に進む
027

「垂井」の名の起源となった「垂井の泉」が西側にある
大ケヤキの横に泉があり奇麗な水が湧き出ている

JR東海道線の陸橋を渡ると国道21号線の交差点
20041_045

「御所野」というのは、
元正天皇や聖武天皇が美濃国府に行幸されたとき
この地に仮御所が建てられたことからこの名がついたようだ


023 
東海道新幹線をくぐったすぐにあるでかい鳥居
圧倒される
正月の参拝客の車で大渋滞しノロノロ進んでいる

でも歩けばスイスイで、イライラなし

008
ここが入り口

012
楼門をくぐり境内に入ると朱塗りの高舞殿があざやかだ
本殿は今屋根の葺き替え修理中であった

南宮大社は「南宮さん」と親しく呼んでおり
お正月など多くの参拝客がある

美濃国府の南にあたることからこう呼ばれるようになった

美濃国の一宮でもある

祭神は金山彦命で鍛冶のカミサマでもあることから
全国の鉄鋼関係や鍛冶屋さんの信仰が厚い

016
こんな鎌やらノミが奉納されているし

018
これは百姓道具の鍬である
相当昔の額で、こうした現物が奉納されているのは面白い

さて、それでは、垂井の街をぶらぶら歩いてトマソン探しをしよう

006
いきなり発見しました
このブロック塀
よくみると以前あったと思われる門が完全閉鎖されたが
門柱はそのまま残っております

これはトマソンでは「無用門」の部類です
今では無用の役立たずの哀しい存在です

これだけのものなかなか見られません

026
貼り紙が面白い
「自転車の通行はお断りします」だって!

ということは、自転車がよく通るんだ
大きな人でも苦しそうなのに

封鎖もできず、かといって危険でもあるし
で、こんな警告になったらしい

きっと、根はやさしい人なんだ

045
ギョロメ信号機です
これが点滅するんですよ
ど、どうすれば良いのか、一瞬戸惑ってしまいます

001
1本のツリーが広がって見事な芸術?です
左にも子供ツリーがチョロリと華をそえます

052
この屋根跡も昔の風情が出てますね
全面的に塗りなおさないところが歴史を後世に伝えようと言う
強い意思が現れてます

024
この趣ある門に続く美しい花のじゅうたん
とても踏みつけて玄関まで入っていけませんよね

鑑賞するだけの通路でしょうか
私、うっとりして眺めておりました
きっと風流なお方がお住まいなんでしょうね
失礼しました

こうしてみると、垂井の町もなかなか面白いですね


046
こんな町並みもありました
白と黒のコントラストが落ち着きを感じます

042
そう、「ウバ車」なんです
赤ちゃんが喜ぶデパートですから
ジジババが孫を「ウバ車」に乗せて散歩する町
平和でいいですね
043
「大衆食堂」なんですね
今でも営業してるんでしょうか
どんな人が出てくるのか楽しみですね

056
中仙道の垂井宿は大変楽しい町でした

ゆっくり歩いて感性を働かせながら
素朴な目で上見たり下見たりして探せば
まだまだ面白い物件が見つかるような思いがしました

ただし、くれぐれも不審者と思われないようにしてくださいよ
ご用心、ご用心!

2009年1月 3日 (土)

新春・岐阜のトマソン的散歩

新春の岐阜の街を歩いてみました

大垣から名古屋まで通勤していますので
普段、岐阜へはほとんど降りたことがないんです

近くにあって遠い存在の岐阜なんです

最近ウォーキングからも遠ざかっていたので
足慣らし的にのんびりトマソン的物件を探しつつ
岐阜駅からいざスタート!
003

さすが岐阜県の県庁所在地にふさわしい概観?
左がJR岐阜駅です
まだ駅前を整備中です
005

しかし駅前の繊維問屋街は相変わらずこんな状況で
正月休みとはいってもこれではねエ

名鉄岐阜駅から神田町を通って柳ケ瀬まで歩けば
人も車も走っていてもっと賑やかですが
トマソン探しは一歩裏道を歩くのがコツですから
050

金神社(こがね)です
不況にあってはやはり神頼みでしょうか

048

今年は特に参拝者が多いかもしれません
でもお賽銭を見るとお札はまばらです
中には1円玉をビニール袋に入れてあったり
御縁がありますようにって5円玉入れてみたり
やっぱり景気は悪いんです

051
神社の近くの公園にはレトロ電車が保存展示されてました
あの廃線になった名鉄揖斐線の電車です

岐阜の街中をグオーン、グウォーンと音たてて走っていたのが
なつかしいです

邪魔なものは消せ!というのは、いただけませんね

047 
さてここは柳ケ瀬です
アレレ、赤いじゅうたんが歩道に敷かれています

046
ほら、ここにもあります
何だか国会か教会に来たようで
バージンロード歩いているようでくすぐったい気分です

柳ケ瀬も落ち目といってもけっこう賑わってましたね

さて、肝心のトマソンは?
で、出ました!
045
これはまた見事ですね!
連なる雪山のようにも、屋根から顔出すKKK教団にも
はたまた中世のお城のようでもあります

トマソン的には原爆型といってます
007
また、ありました
これはまた実に細かく生き残ってます
壊された隣家は耐震型の家だったのでしょうか
堂々としております
009
ムー、これははたして何でありましょうや
角にあるこの塀だけにこのデザイン
裏側を見ても何かを塞いだ跡でもないようです
とにかく、不可解なものです
011
これも悩みました
机か何か家具の一部にピアノ線でCDをぶら下げてあります
カラスや鳩の撃退用に屋根などにCD版を下げてあるのを
見たことはありますが
なんかのお呪いですかね
まあ、ともかく「この辺りに何人も近づくな!」って警告でしょうか

012
3倍入る書棚って?
どんなものか一度みてみたいものです
ショールームですからずらりと並んでいるんでしょうか
でもシャッターが閉まってました
ザンネン!

014
これって、ゴミ箱でしょ?
昭和30年代?
今でも生きてるんでしょうか
植木鉢ともマッチしていいですね!

016
ほら、ここにもありますよ
岐阜の街って意外にレトロなところがあります
なんか、ホッとしますね
027
オー!
見上げてみれば金色の観音さまが!
これはビックリだ

でもこれはトマソンではありません
仏壇屋さんの大胆な広告です

013
駐車場の横に持ち主不明の植木が並んでいます
きっと街を緑豊かにと思って誰かが育てていたのでしょう
最近手入れがされず放置状態になってしまい
とうとう12月31日で追放されることになってしまったのです
町内会でも世知辛く、暮らしにくい世になってまいりました

043
追加の郵便受けが傑作です
ダンボール箱利用の手作り作品です
しかも新聞受けも兼用です
上が少し雨にかかって曲がってますが
まだまだ大丈夫です
岐阜市長さん!
このポストに「市民エコ大賞」をあげて下さい

歩いてとうとう岐阜公園近くまで来てしまいました
もう駅に戻りましょう

ム!何か上のほうから妙な視線が感じられます
026
ア!あれは!

025
猫だ!
あーやってず~と街歩く人を見ておったのだ
や~スミマセン
私、別に怪しいものではありません
でも、置物のように動かず見ております

私、足早に進みました

こうして歩いてみると岐阜の街もなかなか面白いですね

というわけで、新春の岐阜の街初歩きはお開きです

2009年1月 1日 (木)

今年もボチボチと行きます!

新年 明けましておめでとうございます

Photo

昨年は実に大変な年でした

年末には政治・経済・社会・スポーツ・芸能など10大ニュースでいろいろ取り上げられてましたね

新聞・テレビなどどこも似たような話題を取り上げていました
明るいニュースは、北京オリンピックの金メダル、ノーベル賞の受賞など‥

年末は暗い話題が多く特に非正規労働者、いわゆる派遣切りなど
この先どうなるだろうか、と言った不安が重くてクリスマスや年末のムードがどんより沈んでイマイチ盛り上がりに欠けるものがありました

西濃地方でも例外でなく、大野町のパナソニック工場の閉鎖、神戸町に進出したイビデン新規工場の稼動延期、スーパーいずみやのリオワールドからの撤退とどんどんマイナスの連鎖が続き不況に拍車がかかってきています

そうは言っても新しい年はやってきます

わが家では、年末には、年賀状の作成、お餅つき(もちろん機械で簡単ですが)仏壇やお墓の掃除、供花、家の掃除、片付け、おせち料理など何となく気忙しく時がたっていきました

おせち料理は、黒豆と栗の甘煮、酢レンコン、田造り、大根とニンジンのなますなどを作りました

そして大晦日は、夕食はすき焼きです
テレビでも言ってましたが東海地方は大晦日はすき焼きが多いのだそうです。昔かしわ、つまり鶏肉を使ったすき焼きで(ヒキズリといっていたが)それが牛肉に変わっていたらしいとか

どこのスーパーでも牛肉が特売されていましたね

夜は家族揃ってNHKの紅白歌合戦を見るというのが平均的な家庭です
もちろん、若い連中はそんなの見てない
カウントダウンをやりに出かけるらしい
でも今年あたりは不況で家にいるからまた視聴率が上がったかもしれないね
秋元順子の「愛のままで」なんて曲始めて聞いたけどいい歌だったな

008

元旦の朝、近くの白山神社に参拝する
冷え切った中、神社では焚き火を囲み暖をとる
30数人が来ている。

7時になる
二礼二拍手一礼で今年こそ良い年であれと全員で祈る
そして太陽が上がる東南に向かい礼をする
お神酒とスルメが配られる

家に戻って神棚と仏壇に手を合わせる

朝は恒例のお雑煮を食べる
この西濃地方は、
角モチに正月菜(モチ菜ともいう)里芋を入れたおすまし仕立てのあっさり味だ

元旦の新聞をみる
いつも分厚い新聞だが企業の新年あいさつと
新春の大売り出し広告が大半を占める
正月らしく今年はどうなるかといった内容の特集がいろいろ書いてあるが最近あまり読まない

もっともらしいが、どこか奇麗事で白けている

折込広告もドカンとくる
初売りの福袋やイベント案内が多い

それにしても元旦から開くところが多い
昔は正月3が日は休んだのだ
だから主婦が台所で火を使わなくてすむようにおせち料理を作ったのだ
私の子供の頃は親は寝正月でゆったりしていた

せわしない世の中になった
テレビも年末に撮りだめしたスペシャルものを流す

いずれも見なくてもよいものばかり
いっそ全テレビ、ラジオ局お休みにすれば地球温暖化に貢献できるのに
006
池田山は白く化粧をした
1月には里にも雪が積もる日がくるだろう

檀家寺に午前中に行く
「ごえん様」(浄土真宗高田派ではこう呼んでいる)にあいさつ
お金を少し包む

お寺には今年法事の予定のある人の名前が張り出してあり
ここで相談して日にちを決めるのだ

年賀状はいつも10時か11時には来るのに
今年は午後1時だった
こんなに遅いのは始めてだ

悪しき郵政民営化の影響だろうか
だんだんサービスが悪くなっていくような気がする

午後にモレラ岐阜に出かけてみた
意外と駐車場は空いていてスイスイと入れた

家族連れ、カップル、友達などで中はまあまあの人出だ
福袋も店によって売れているところもあるが全般的にはもう飽きられてきているのかそれほどでもない

私は「秋元順子」の歌と
綾小路きみまろのお笑いライブのCDを勢いで買った
昨年の大変な年を笑い飛ばしてしまおうというつもりだ

今年はどんな年になるか誰もわからない
けど、ともかくおだやかで何がおきても動じない
そんな私でいたいと願う

今年もこのブログもよろしくお願いします

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ