« 継続は力なり? | トップページ | にしみのスーパー戦争・2008年師走の今! »

2008年12月10日 (水)

歯が浮く言葉が‥‥

ギスギスした世の中を過ごすにはどうすればいいの
グローバル化がますます進み
世界の動きも無視できない

かといって、いちいち腹をたてたり、驚いたりしていては身が持たない
マスコミは事件を面白おかしく報道する
特にテレビは、ワイドショー化して視聴率狙いで
やりたい放題
腹の座った意見や主張はごもっともな言葉ばかり
でも、耳に入っても残ることはない

麻生さんがなんと言っても歯が浮いたようで、
内容も重みがなく
理路整然とした思想がない

あるショッピングセンターでの光景
001_2

この少年は、どんな思いでこれを見ているのだろう

003

これは子供にじゃなく

政治家や企業経営者、裁判官、官僚にぜひ書いてもらいたい

かの民俗学者・宮本常一がこんなことをいっている

「いま大きな訂正を要求せられておるのは急速な変化であって
日本人自身が内部的・人格的に破綻をきたしておるのではないか。」


« 継続は力なり? | トップページ | にしみのスーパー戦争・2008年師走の今! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111086/26089334

この記事へのトラックバック一覧です: 歯が浮く言葉が‥‥:

« 継続は力なり? | トップページ | にしみのスーパー戦争・2008年師走の今! »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ