« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月28日 (日)

へたも絵のうち・熊谷守一展

001

何年ぶりだろうか。岐阜県美術館

岐阜県庁近くにあり大垣からはさほど遠くないが交通の便はイマイチ。

ぜひ行ってみたいという強い意思がないと

こういう場所にはなかなか足が向かないものだ。


003

9月12日から10月26日まで熊谷守一展が開催されている。

モリカズの絵は好きだ。

ちょっと出かけてみることにした。

白亜の美術館は晴天の日は特に美しくていい

007
館内に入ると広いスペースがあり単純で分かりやすい

東京、京都、名古屋での大きな展覧会では人の多さに圧倒され
ゆっくり観られることむずかしいが、
こういう地方ではゆとりを持ってみられるのがうれしい

006
会場入り口にあるポスターのタイトル
「いのちのかたち熊谷守一展」

「鬼百合に揚羽蝶」の絵がデザインされている

モリカズの絵は、始めてみると「へたな絵だなあ」が第一印象

幼稚園児が描いたようだ、なんて思える作品もある

私にだってこのくらい描けるわな、とも思える

今回もまずそんな印象から始まった

モリカズの作品を年代順にみていくと大きく変化している

初期の作品は自然や裸婦でもごく平凡なものが多い

有名な作品は、晩年のものが多い

形が単純化されスッキリしてくるのだ

001_2

この「豆に蟻」なども有名なクマガイらしい作品だ

これは昭和33年(78才)に描かれたもの

熊谷守一は明治13年に生まれ昭和52年に97歳で亡くなっている。

岐阜県の東濃の恵那郡付知村(現中津川市)で生まれた

このふるさとにも記念館があり、数年前に一度行ったことがある

同じ美濃でも西濃と東濃は相当地域性が異なっている

西濃地方出身の画家といえば日本画の守屋多々志が有名だ

さて、このモリカズの風貌は仙人のようだ、と言われている

白い髭を伸ばし、何となく薄汚れたヌーボーとしたじいさん

女にモテたなんてこともなく、なるようにしかならんし、気ままに生きるんじゃ!

ただただ花や小動物など自然がめっぽう好きで、

観察ばかりして日々をすごす地味な画家

そう私は思ってました

002


帰りに美術館の売店でこんな本「へたも絵のうち」(平凡社1100円)を買ってしまいました

さっそく家で読んでみるとこれが大変面白いんです

日経新聞の「私の履歴書」として昭和46年に掲載されたものですが、

それぞれのエピソードからモリカズの人間性がよく伝わってくきます

幼少時代のこと、画学生の生活など初めて知りました

それにしても表紙の絵「猫」のなんて幸せそうな姿なんだ。

伸びきった姿態が最高にリラックスしてうらやましい

クマガイ自身もこの猫と同化している

こんな文が出てくる
「‥私みたいなものは、食べ物さえあれば、なにもしないでしょう。犬もそうだ。‥
私は、名誉や金はおろか、ぜひすばらしい芸術を描こうなどと言う気持ちもないのだから、本当に不心得なのです。しかしそれがいけないとは思っていません」

「‥私はだから、誰が相手にしなくても、石ころ一つとでも十分暮らせます。‥」

ちょっとこんな人なかなかいませんよ

展覧会は会場にある絵画の鑑賞だけで終わらない

あの絵の中から私の共感する生き方がゾクゾクッと伝わる

止まれ!

‥ ‥

久しぶりに楽しかったな~

あなたも、クマガイの扉を開けてみてはいかが?

2008年9月26日 (金)

どこでもドア、無意味なドア、恐怖のドア?

001
大型SCのなかに見つけたこのガラス?のドア

一体どんな目的でつくられたのだろうか

一見「どこでもドア」のようだが、向こう側が透けて見える
でも、それはトリックで実は写真が貼り付けてあるのかもしれない

とすると、このドアを開けるとどんな世界に行けるのだろうか

しばらく、遠くから様子をながめていたが、誰もドアを開けたものはいない

まるで何もないかのように無視して通り過ぎていく人ばかりだ

無関心なのか?

本当は、ドアを開けてみたいのかもしれない
ドアの前に立って行きたい世界を念じてドアを開けるとその世界にいけるのに!

でも、きっと怖いのだ!
中に入った途端、このドアがあちらの世界では見えないのかもしれないから
帰れないかもしれない

冥宮に入り込んだが最後、ジエンド!

好奇心と恐怖感を呼ぶドアがこんな場所に堂々と存在するんだ!

なぜ、ここにドアを作ったのでしょう?

深夜、このドアから出入りしているものが存在するのでしょうか?

だれか、このドアを開けてみませんか!

                              (大垣市内)

2008年9月21日 (日)

謎の人・伊藤萬蔵を探せ(3)

008

名古屋市の南東に位置する八事(やごと)は高級住宅街で
中京大学、名城大学などの学生の街でもある。

近くには、八事興正寺があり参拝客も多い

006_2

八事交差点にジャスコがありその反対側の歩道

ふたつ石造物が並んでいる

そのうちの柱状の道標には「善光寺 大勧進出張所 道」と書いてある

001
後ろ側はどうか?

あった!

おなじみの文字がはっきり書いてあります

「名古屋市西区塩町 伊藤萬蔵」とあります

右側には「明治44年建之」と書いてます。
90年以上まえに建てられています

車から見ますと名前だけよく見えますが
本来から言えば向きが逆なんでしょうね

でも、歩く人、つまり歩道側からは善光寺道がはっきりわかりますね

道路拡張されたとき場所や向きが変更されたかもしれません

ところで、この道標、私もバスから偶然発見したのです

ちょうど交差点の近くでバス停で停車中のことでした

「あっ!あれイトウマンゾウじゃないか!」

発見した時の嬉しさ、喜びはなかなか他の人には伝わらないでしょうね

一生涯にわたり多くの石造物を寺社に寄進続けた人「伊藤萬蔵」

何のために莫大な私財を費やして寄進したのでしょうか

まさに「謎の人・伊藤萬蔵」です

私など寺社に行きますと
ふいに思い出され、石造物を念入りに見てしまいます

そのドキドキ感がたまりません

2008年9月11日 (木)

東海道本線の車窓から(尾張一ノ宮~名古屋)

大垣を出て、やっと「尾張一ノ宮」駅まで来ました

大垣から快速で20分、朝の通勤時で25分で着きます

さて尾張の一宮というのは真清田神社のことです

駅の東北約1キロくらいにこんもりとした森がみえます

その神社の境内に服織神社というのがありますが
機織のカミサマが鎮座しております

ここ一宮は、昔は大垣と同じく紡績業が盛んでして
女工さんが集団就職でやってきた時代もありました

繊維産業自体がすたれ、街は元気さを喪失

いまや完全に名古屋のベッドタウンです

そのためか駅前あたり高層マンションの建築ブームです

そりゃ、名古屋駅から10分ですよ

東京では考えられないですよ、この近さは

047

さあ、一宮駅を出ましょう

8_030

名鉄線の高架がだんだん離れていきます

Tuika_004
やがて高架を降りると名神高速道の下をくぐります

Tuika_006

東海道線から分離し西側を並行して走る線路

草が覆い繁ったなか徐々に坂を上がる

やがて本線を跨いで東に降り東側を並行して走る
これが貨物専用線である

051

東側には、エスフーズや丸八製版などの新築工場が並んでいます

このあたりは旧国鉄時代の稲沢操作場の北端かな

国鉄からJRに変わり操車場も駅南に縮小され、
その広大な跡地に大規模な街づくりがやっと始まったのだ


054

東側の中ほどにアピタが建設中である

「リーフウォーク」という名になるようだ

大型SC建設で周辺はどう変わるのか

055

駅に近い一部のマンションではすでに入居しているし
さらに多くのマンションが建設されるのだ

JR稲沢駅は2000年4月に新しくなったが
駅前は目だった店もなく寂しい限りだった

快速も一部を除き通過していくが

普通電車でも名古屋までたった10分で着いてしまう

すごく近いのだ

これまで開発されなかったのがおかしいくらいだ

025

まあ、稲沢と言えば誰でも国府宮の裸まつりを思い出すでしょう

真冬の2月に裸男のもみ合いは迫力満点ですね

名鉄「国府宮」駅のすぐ東にありこちらが近くて便利だから

どうしてもJR稲沢駅前は発展できなかったのでしょうね

058

稲沢駅東はJR貨物の操車場です
コンテナ貨物を繋いでいく作業がみられます

私など操車場というと日活アクション映画など想い出しますね
逃げるヒーロー追うやくざ達、貨車に隠れて足だけ見えたり
蒸気機関車の「ボー」という警笛、動き出す貨車

そんなセピア色の世界は消えてしまいました

そう、まさに時代は変われリなんですねえ

Tuika_010

さてと、右側の車窓にも注目しましょう

稲沢駅をでてすぐに白亜の高いタワーが目に付きます

173メートルあり世界一高いエレベータ試験塔で
「ソラエ」なんていう名がついてるんだそうで

これ三菱電機の稲沢製作所です

044

(2007年、建築中のタワーを稲沢駅の陸橋から撮影)


062

4本のレールが走る
複々線のようにみえますが
左の複線は貨物専用線の「稲沢線」です

JR貨物の稲沢駅から名古屋駅まで走っているんです

次の清洲駅も快速は通過します

清洲駅は東にのみ改札口があるが駅前商店街もなく小さな駅です


8_033

清洲駅のホームから西側を見ますと大きな工場がみえます

頭痛薬ノーシンでおなじみのアラックスです

西側には駅がないのです

畑が見えて、どう見ても大都会の近郊なんて思えませんね

ところで、この清洲駅のあるのは稲沢市なのですよ

稲沢市にあって清洲駅なんです

なんだか変ですよね

029

清洲駅を過ぎると西側から東海道新幹線が接近してきます

そして名古屋までず~と並行して走ります

Tuika_014

東名阪自動車道の高架下をくぐります

Img_0233

左手の東側には五条川をはさんで公園と再建された清洲城が見えます

本来の清洲城址は五条川の北側です

桜の季節が一番で朱塗りの橋が美しく映えます

お薦めのビュースポットです

貨物線が本線をまたいで右手の西側に移動する頃

やがて左手に大きな工場が見えてきます

069

キリンビール名古屋工場です

できたてのビールが名古屋周辺の店に運ばれていきます


070

左手の東側から城北線の高架が近づき本線を越えて西に入ります

城北線は奇妙な経過をたどりました

国鉄時代に東海道と中央線をつなぐ路線として計画されました

しかし、財政難と需要が見込めないため計画が萎み

枇杷島駅~中央線の勝川駅間を繋ぐ路線として中途半端なものになりました

非電化で1両、運営もJR東海の子会社・東海交通事業に任せきり

しかも1時間に1本しかない不便な電車なんです

071

新川を渡ります

どんよりとした川という印象です

新川といえば東海豪雨で決壊し大きな被害を出しましたね

新川は江戸期に庄内川の洪水対策としてバイパスの役目を果たすため

新たに開削された人工河川なんです

032

枇杷島駅です

快速は通過します

城北線ののりばと車両がみえます
都会の鉄道で1両とはなんとも情けない

ただいま駅は工事中です

駅の東にあったセメント工場跡地に

大きな滞水池をつくり、上を駅前広場に整備して
東側にも駅を造っています


049

枇杷島駅の近くにこんなレンガの通路がありますよ

いつだったか途中下車して発見しました

NHKの「中学生日記」のロケにも使われてましたね

ちょっとドキドキしていい感じでした

一度探検してください

073
枇杷島駅を過ぎてすぐ名鉄線が下を抜けていきます

名鉄の西枇杷島駅が見えます

075

庄内川を渡ると、いよいよ名古屋市に入ります


077

名鉄電車が、今度は左手から接近してきます

名鉄病院が見えるとすぐに名鉄栄生(さこう)駅があります


080

名鉄線が地下に入っていきます

豊田の産業記念館を過ぎると
高層ビルのルーセントビルが近づく

082


駅前の高層ビルが見える

083

元気な名古屋も言われるほどに東京や大阪の大都会ってこともないし
横浜や神戸のような洗練され集積された都会のイメージもない

でも、名古屋駅前付近は確かに変わりました

愛・地球博をきっかけにずいぶんきれいにもなったようにも思われますね

Tuika_029

大いなる田舎でもある名古屋だったり

ナゴヤめしが話題になったり、馬鹿にされたりしても
けっこうナゴヤって面白いといって遊びに来る人も増えましたが

車窓を眺めながら、そんなことなんかボンヤリ夢想しているうちに
車掌のアナウンスが入ります

「まもなく、なごやです。ご乗車ありがとうございました。

お乗換えのご案内を‥、新幹線東京方面は‥  ‥」

014

名古屋駅だ

さあ、今日も一日がんばりましょう

                            (終)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

日本ブログ村

最近のトラックバック

無料ブログはココログ